PL22節 ウルブス v アーセナル プレビュー

PL22節 ウルブス v アーセナル プレビュー

不発に終わった、マンチェスターユナイテッド戦。

一時、一桁順位だったアーセナルは『10位』に戻っている。

わたわたしている間に冬の移籍市場はクローズを迎え、今回で22節に入ろうとしている。

気づけば、終盤。

ここから巻き返すには、ひたすら3ポイントを積み重ねるしか道はない。

Wolves v Arsenal (A)
2月3日 (水曜日)⋅03:00~04:45

ウルブス戦 怪我人情報

Team news: Auba, Ceballos, Mari, Saka, Tierney

ピエール・エメリク・オバメヤン

  • パーソナルな問題に直面したため、チームを離脱していた。
  • フルトレーニングに合流している。

ダニ・セバージョス

  • 左ふくらはぎを負傷。
  • フルトレーニングに復帰している。

パブロ・マリ

  • 右ふくらはぎを負傷。
  • フルトレーニングに復帰している。

マット・ライアン

  • 右股関節を痛めている。
  • 今節の欠場が確定している。
  • 近日中のフルトレーニング復帰を目指す。

ブカヨ・サカ

  • 右股関節を痛め、前節を欠場していた。
  • フルトレーニングに復帰している。

キーラン・ティアニー

  • 右下腿の違和感を訴えている。
  • 今節の欠場が確定している。

 

チームニュース。

FAカップのサウサンプトン戦から欠場していたキャプテン、オバメヤンがチームに合流している。

『母親の付添いでチームを離れていた』とオバ本人が明かしていたが、兎にも角にも、物事が無事に着地したようで本当に良かった。

 

確実にアウトなのは、ライアン&ティアニー

ということは、LBは5試合連続でセドリック・ソアレスとなりそうだ。

 

ウルブス戦 プレスカンファレンス

Arteta on… Lacazette, Auba, Edu and more

前回対戦からの変化は?

【泥沼】PL10節 アーセナル v ウルブス 試合結果

  • 間違いなく、結果の面で改善した。
  • 前回の試合はタフだったが、今回も厳しい試合になる。
  • ビッグチーム相手に結果を残しているから、良いテストになる。

ラウル・ヒメネス大怪我、彼らのシーズンは決した?

  • それは、私にはわからない。
  • あのインシデントはショックだったが、大事なのは彼の今の状態。

マルティン・ウーデゴールは先発?

  • 全員の状態次第。
  • フィットしている選手を試合に投入する。

ラカゼットの容態は?

  • プロトコルに則り、テストをしてレントゲンを撮った。
  • 試合後、彼は元気だったし、昨日も問題なかった。
  • 起用できることを願う。

オバメヤンは万全?

  • まだまだ解明すべきことがある。
  • 起用は、Yesかもしれないし、Noかもしれない。
  • 今は、書類の手続きに追われている。

今の時期は誰よりもエドゥと話す?

  • この一年だけを見ても、他の誰よりもエドゥと話したと思う。
  • コロナウイルスや移籍関連、色々あったが、幸運にも私たちは良い関係を構築している。
  • デッドラインデイ前後で何度も話し合わなければならないとき、関係が強固というのはラッキーなこと。

スクワッド整理、前回のように注目選手が外れる可能性は?

  • デッドラインデイまでに整理を進める。
  • そうはならないようにしたい。

 

移籍市場の展望について色々語っていたが、既に冬の市場はクローズしているため端折った。

ウルブスといえば、ラウル・ヒメネス。

退院はしているが、復帰はまだまだ先のようだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

raulalonsojimenez9(@raulalonsojimenez9)がシェアした投稿

 

無敗のアーセナル、予想は辛口

Sky sports/予想 [0-0 Draw]

過去80試合、ホームで『0-0』の引き分けがなかったアーセナル。

しかし今、ホーム直近3試合でスコアレスドローは2試合だ。

対するウルブスは、慢性的なショット不足に陥っている。

BBC/予想 [2-0 Wolves]

アーセナルはユナイテッド戦を終え、現在リーグ7戦無敗。

ウルブスは、真逆にいる。

しかし、敗れた試合でも良い場面はあった。

ローンで新加入のウィリアン・ジョゼ(Willian José)は良いタッチを見せたし、今後に期待が持てる。

 

おわりに

Round Opponent Result Position
1 FUL(A) Win 1
2 WHU(H) Win 3
3 LIV(A) Loss 5
4 SHU(H) Win 4
5 MCI(A) Loss 5
6 LEI(H) Loss 11
7 MUN(A) Win 9
8 AVL(H) Loss 11
9 LEE(A) Draw 12
10 WOL(H) Loss 14
11 TOT(A) Loss 15
12 BUR(H) Loss 15
13 SOU(H) Draw 15
14 EVE(A) Loss 15
15 CHE(H) Win 15
16 BHA(A) Win 13
17 WBA(A) Win 11
18 CRY(H) Draw 11
19 NEW(H) Win 10
20 SOU(A) Win 9
21 MUN(H) Draw 10
22 WOL(A)
23 AVL(A)

7戦未勝利(D2/L5)から7戦無敗(W5/D2)と借金を清算したアーセナル。

これでようやく、振り出しに戻った。

21節終了時点で、アーセナルは『10位』といつの間にか一桁順位を返上されている。

 

振り返れば、7節のマンチェスターユナイテッド戦後に状況が一変したわけだが、今回はどう作用するか。

ウルブスにとっても、この試合に賭ける意気込みは一際強いことだろう。

 

 

ひとまず、以上。

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!