【Loan watch】ウィロック3点目/ジョン・ジュールス復帰

【Loan watch】ウィロック3点目/ジョン・ジュールス復帰

さて、今日のアーセナルトピックスをみなさまと共有したく存じます。

スーパーリーグの情報合戦に忙殺していたが、アーセナルは今週フラムと戦って負けた(負けてない)ことを忘れてはいないだろうか。

くだんの件は一夜にして撤退が相次ぎ、終息気味。【まとめ】ヨーロッパスーパーリーグってなにそれ

ということで、いつもの日常に戻ってローン組の活躍を見ていこう。

今週は12人が各々の場所でプレイした模様。

🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 Premier League

ジョー・ウィロック(ニューカッスル)

土曜日に行われたウエストハム戦で、ジョー・ウィロックが82分に決勝点をマーク。

試合開始早々にクレイグ・ドーソンがレッドカードを受けたこともあり、ニューカッスルはイッサ・ディオプのオウンゴールとジョエリントンのタップインで2点を先取。

対するハマーズは、後半にディオプ & ジェシー・リンガードが決めて追いついたが、80分に投入されたウィロックが2分後にゴールを挙げて勝負あり。

この勝利で、ニューカッスルは降格圏から8差離すことに成功している。

WhoScored選手採点:7.0(CM)

 

🇫🇷 Ligue 1

ウィリアム・サリバ(ニース)

ウィリアム・サリバはフル出場だったが、ニースはディジョンに『2-0』で敗れた。

49分にFound Chafik、77分にYassine Benzieにペナルティを決められて終わった。

WhoScored選手採点:6.1(CB)

 

🇩🇪 Bundesliga

セアド・コラシナツ(シャルケ)

土曜日のフライブルク戦、セアド・コラシナツはフル出場を果たすも、結果は『4-0』敗北。

続く、アルミニア・ビーレフェルト戦もフル出場だったが、『1-0』で落とした。

この結果、残り4試合を残してシャルケの降格が確定した。

WhoScored選手採点:6.0(LM)

 

ディノス・マヴロパノス(シュトゥットガルト)

ディノス・マヴロパノスはフル出場も、シュトゥットガルトはウニオン・ベルリンに『2-1』で敗れた。

Phillip Forsterがゴールを決めたが、反撃及ばず。

WhoScored選手採点:6.4(CB)

 

🇪🇸 LaLiga

ルーカス・トレイラ(アトレティ)

ルーカス・トレイラは、アトレティコがエイバルに『5-0』で勝利した試合に途中出場。

70分に投入され、20分間プレイした。

アトレティコは前半にAngel Correaが2点を決めると、Yannick Carrasco、Marcos Llorenteも決めて圧倒した。

チームは7試合を残して、リーガ首位をキープしている。

WhoScored選手採点:6.1(DM)

 

🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 EFL League One

タイリース・ジョン・ジュールス(ドンカスター)

シュルーズベリーとの試合で、タイリース・ジョン・ジュールスが復帰している。

1月から肉離れで戦線を離れていたが、62分からピッチに投入された。

試合は『2-0』でドンカスターが勝利している。

WhoScored選手採点:5.9(FW)

 

マーク・マクギネス(イプスウィッチ)

マーク・マクギネスは、チャールトン・アスレティック戦にフル出場。

キャプテンとして臨んだ試合は『0-0』に終わっている。

チャールトン所属のマット・スミスはスクワッド外だった。

WhoScored選手採点:7.4(CB)

 

ダニエル・バラード(ブラックプール)

ダニエル・バラードは、キャプテンとしてサンダーランド戦にフル出場。『1-0』で勝利した。

この結果、ブラックプールはリーグ5位に浮上した。

WhoScored選手採点:8.2(CB)

 

その他…

ゼック・メドリー(スコティッシュ1部) はカップ戦4回戦にフル出場『3-1』の勝利に貢献。

ハリー・クラーク(英4部)は66分までプレイ、『4-3』で敗れた。WhoScored選手採点:5.7(CB)

ジェームズ・オラインカ(英4部)は76分から途中出場、『0-0』で引き分けた。WhoScored選手採点:6.4(AM)

ジョセフ・ オロウ(英5部)は65分までプレイ、『7-2』で敗北。

Loan Watch: Willock scores late Newcastle winner

 

おわりに

まずは、 Tyreece John-Julesについて。

ジョン・ジュールス(20歳/FW)が1月の肉離れから復帰した。

21試合に欠場、復帰まで86日を要した。

昨季は太腿の負傷で長期離脱したこともあって何かと心配になるが、癖にならないことを祈ろう。

 

そして個人的に気になっているのは、英2部に加入したJordi Osei-Tutu & Ben Sheafの近況。

オセイ・チュチュ(カーディフ)もベン・シーフ(コヴェントリ)もなかなかローンウォッチに名が挙がらない。

確認したところ、両名とも怪我ではない様子。

 

ベン・シーフは3月20日のウィコム戦以降、『not in squad』。

オセイ・チュチュは昨年10月にハムストリングを故障して125日間の離脱を強いられた(27試合に欠場)のち、今年2月末に復帰しているのだが、こちらも『not in squad』。

 

ベン・シーフ、23歳。オセイ・チュチュ、22歳。

アーセナルとは、今年5月末までの契約のようだし、このままサヨナラ濃厚だ。

 

 

ひとまず、以上!

 

Arsenal Loans 20/21

ブンデスリーガ
ラ・リーガ
リーグ・アン
プレミアリーグ
  • ジョー・ウィロック(ニューカッスル)
  • エインズリー・メイトランド・ナイルズ(WBA)
イングランド2部
イングランド3部
イングランド4部
  • Harry Clarke/ハリー・クラーク(オールダム/短期→延長
  • James Olayinka/ジェームズ・オラインカ(サウスエンド/短期→延長
アイルランド1部
  • Joseph Olowu/ジョセフ・ オロウ(→英5部ウィールドストーン
オランダ2部
  • Zak Swanson/ザカリー・スワンソン(→復帰

 

 

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!