【唯一無二の存在】ウィリアン・サリバは救世主?

【唯一無二の存在】ウィリアン・サリバは救世主?

さて、今日のアーセナルトピックをみなさまと共有したく存じます。

ウィリアン・サリバの驚異的なスタッツがGooner界隈で話題のようだ。

 

ウィリアン・サリバは救世主?

19/20シーズンのウィリアン・サリバは、ヨーロッパの5大リーグにおいて、

900分以上プレイした選手の中で唯一、タックルでのファウルを取られなかったプレイヤーだ。

アーセナルファンの皆さん、落ち着いて。😉

 

なんと!

詳しく見ていこう。

 

ウィリアン・サリバこそ、アーセナルが探していたもののすべてだ

アーセナルは、かなり長い間、守備に呪われている。

今季もバックラインが脆弱が故に、ポイントを取りこぼしてしまい、順位を落としている。

移籍市場では前線と中盤の強化ばかりを行い、問題から目を背けるクラブにファンは不満を募らせてきた。

【DFの補強】ルイス、ティアニー、サリバの獲得

昨年の夏、クラブはようやくテコ入れを図った。

有望株とベテラン、合わせて3選手とサインしたのだ。

チェルシーからダヴィド・ルイス、セルティックからキーラン・ティアニー、そしてサンテティエンヌからまだ無名に近いウィリアン・サリバを獲得した。

しかし、アーセナルに留まり、19/20シーズンを戦った2人のディフェンダーは順風満帆のシーズンとはいかなかった。

改善見られず、指揮官も解任

ダヴィド・ルイスはミスを犯しやすく、PLではそれがきっかけで失点に繋がったケースもあった。

一方のキーラン・ティアニーは、怪我に苦しんだ。

アーセナル加入時から、股関節にトラブルを抱えており、12月には肩を脱臼して3ヶ月の離脱を余儀なくされた。(【笑顔のアーセナル】PL16節 ウエストハム v アーセナル 試合結果

ディフェンスの改善が見られないアーセナル、その影響は甚大で指揮官をウナイ・エメリ、フレディ・ユングベリ、ミケル・アルテタと変えることになってしまった。

 

出典:skysports.com/

その後、1月にパブロ・マリとセドリック・ソアレスを迎え入れたアーセナル。

19/20シーズンがまだ終わっていないとはいえ、問題を解決するまでには至っていないのが現状だ。

しかし、今シーズンのアーセナルにベストディフェンダーの彼がいれば変わっていたかもしれない。

統計データで見る、ウィリアン・サリバのディフェンス能力

今シーズン、サンテティエンヌでプレイしたサリバは、怪我がなければシーズンのハイライトのひとりだったことだろう。(【闇落ちウナイ】エジル襲撃事件、サリバの骨折、ヴェンゲルの喝

フランスのリーグ・アンで12試合に出場、うち11試合に先発している。

サンテティエンヌは7試合でわずか2ポイントしか取れなかったこともあったが、サリバはそのような試合でも化ける可能性を感じさせた。

今シーズンのヨーロッパのトップ5リーグで、900分以上プレイした選手の中で、サリバよりも「ピュアタックル成功率」(‘Pure tackle success rate’ )が高いのは、2人だけだからだ。

 

出典:squawka.com/

サリバのピュアタックル成功率は「79.17%」

これは、「80%」のフェデリコ・ファシオ(Federico Fazio)と「82.22%」ジェリー・ミナ(Yerry Mina)に次いで高い数値である。

しかし、中でも印象的なのは、サリバはタックルでファウルを犯していない唯一の選手ということ。

サリバのスタッツをアーセナル選手と比較
Image: Catherine Ivill/Getty Images

サリバのピュアタックル成功率をアーセナルの選手と比較すると、彼が戦力として競争を激化させてくれる可能性が大いに窺える。

サリバに最も近い数値は、ウインガーのニコラ・ペペの「69.77%」、セドリックの「67.16%」である。

ちなみにセドリックのスタッツは、サウサンプトンでのシーズン前半戦までのものである。

アーセナルDFの中では、カラム・チェンバースの「66.67%」がトップ、次いでソクラティスの「58.14%」、ルイスの「57.14%」である。

ルイスに至っては、タックルによるファウルが「11」もあった、これは多い。

正確なタックルを武器に割り込めるか

サリバのタックル能力から、彼のことをクリーンカットディフェンダーと呼ぶこともできるだろう。

元アーセナルのストライカー、ケビン・キャンベル(Kevin Campbell)は以前に、サリバによってアルテタのバックラインが正されるだろうと述べた。

『アルテタはシュコドラン・ムスタフィと運命をともにするつもりはないだろう。新たな選手を必要とするはずだ』と3月にAFTVに語っている。

『そこでサリバだ。彼は素晴らしい。』

The stat that proves William Saliba might just be everything Arsenal have been looking for

 

Reddit Goonerの意見

Reddit Gooner
Mike Deanがチャットに入りました。

Reddit Gooner
たくさん試合に出たわけではないけど、楽しみだな。

Reddit Gooner
「プレミアリーグデビューでレッドカードを貰う」に£5

Reddit Gooner
うーん、ムスタフィもスタッツ上は良かったりするから…。

Reddit Gooner
サリバは確かに期待の選手だけど、こう盛り上げるのも彼の成長の妨げになるかもしれない。

たくさんファウルしないことはポジティブだけど、彼がエラーを怖がったりしないか心配だ。

なんというか、彼のことをミスしない選手として勝手にイメージを作り上げられていく感覚を覚えるんだよね。

ちなみに、私は彼のことを馬鹿にしているわけではないよ!

ミスしたときにファンが失望したり、色んなところで叩かれたりしないかを懸念しているんだ。

彼はまだ若いし、エラーをしないなんてことはない、ポジティブなデータだけど過度に期待をするのはよろしくないよ。

Reddit Gooner
あれ?今シーズン2本のペナルティを献上してなかったっけ?

Reddit Gooner
それはカップ戦だね。

これはリーグのみのデータだよ。

William Saliba is the only outfield player (900+ minutes) in Europe’s top five leagues not to commit a single foul from an attempted tackle in 2019/20.

 

おわりに

以前には、アーセナルデビューの話も浮上していたサリバ。(ウィリアン・サリバ、アーセナルデビューの噂

結局、契約上それは実現しないことが判明したが、彼には多くのGonnerが期待を寄せている。

彼はまだ、19歳。

確かに彼が加われば、世界が変わるような期待感は感じている。

兎にも角にも、ミケル・アルテタの魔法に期待しよう。

 

ところで、背番号はいくつになるのだろうか。

あと聞き慣れない「ピュアタックル成功率」(Pure tackle success rate)という言葉。

元記事では、ちゃんと算出方法も明記してあるため、詳しく知りたい方は覗いてみるといいだろう。

ウィリアン・サリバは、来季のアーセナルでどの番号を着るかな?🤩🔴⚪️

 

 

ひとまず、以上!