カラバオ2回戦 ウエストブロム v アーセナル プレビュー

カラバオ2回戦 ウエストブロム v アーセナル プレビュー

わくわくのプレミアリーグは、蓋を開けると見るも無残な惨敗スタートで早くも『Arteta out』の大合唱が聞こえてきている。

今週末には、昨季のリーグ王者であるシティと当たるわけだが、ここで小休止がてらCarabao Cupが舞い込んでいる。

相手はプレミアリーグからチャンピオンシップへ行った、ウエストブロム。

2部落ちとは言えど、彼らはチャンピオンシップ2位(P4/W3/D1)、今季が始まって無敗を維持しているチーム。

色々と試したいことがあるアーセナルだが、侮れない相手だ。

West Bromwich Albion v Arsenal (A)
8月26日 (木曜日)⋅04:00~05:45

ウエストブロム戦 怪我人情報

Team news: Lacazette, Odegaard, White

Martin Odegaard

  • ビザの手続きが完了したため、起用可能。

Hector Bellerin

Alex Lacazette

  • Covid-19の陽性反応が出たため、直近の試合を欠場していた。
  • フルトレーニングに復帰済み。

Gabriel Magalhaes

  • ブラジルオリンピック代表チームで右膝を負傷。
  • トレーニングに復帰済み。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gabriel Magalhães(@_gabrielmagalhaes)がシェアした投稿

Gabriel Martinelli

Kieran Tierney

Alex Runarsson

  • Covid-19の陽性反応が出たため、直近の試合を欠場していた。
  • フルトレーニングに復帰済み。

Thomas Partey

Eddie Nketiah

Ben White

Willian

 

チェルシー戦で負傷ぎみだった、ティアニーとガビ・マルティネリは揃ってフルトレーニングに復帰。(よかった)

ウィリアンは退団秒読みということで、この試合には起用されないだろう。

あとルナルソンは、ラムズデールが入ってきたこともあって本格的にローンか売却に回される見込み。

 

試合前のミケル・アルテタ

さすがにここで負けることはあってはならない。望む結果は、勝利&クリーンシート!

Transcript: Arteta on West Brom, form, confidence

目標と信念の継続…

  • 今の状況を理解すると同時に、抗う姿勢が大切。
  • この瞬間をチャンスと捉え、周囲にメンタリティとエナジーを伝播できれば、物事は好転する。
  • 全員が一丸となる必要があるが、そのためには結果を出さなければならない。

自信を深めていくために…

  • 行っている取り組みを信じ、勝てない理由に目を向けていくしかない。
  • ブレントフォード戦では、試合の24時間前に問題が発生して、チェルシー戦も同様の事由により戦術変更を余儀なくされた。
  • 逆境でも諦めない選手らの姿勢は見事だったが、現状の環境に適応しなければならない。
【前途多難】PL2節 アーセナル v チェルシー 試合結果

怪我、Covidの蔓延…

  • プラン通りには進まない中、努力する選手たちを称えたい。
  • プレミアリーグの2試合とも若いスクワッド構成になったが、ポジティブなモノは見い出せた。

ここまでのパフォーマンス…

  • とにかくクリーンシートとゴールを欲している。
ブレントフォード戦の評価 [2-0 Brentford]
  • 最初の15分~20分は何もできずに失点。後半はゲームを完全にコントロールすることができた。
  • 合計23本のショットを放ったが、ボックスの脅威が足りず、得点を奪うまでには至らなかった。
  • ファウルの匂いがするプレイから、さらなる失点を与えてしまった。
チェルシー戦の評価 [0-2 Chelsea]
  • 試合の入りはとても良かったが、オープンになったときに隙を突かれて失点。
  • 失点からハーフタイムまでの25~30分間は難しい時間帯が続き、ブカヨにPKが与えられるべき瞬間があった。
  • 後半は恐れずに前に出たが、オープンになることも多々あった。
  • 現時点のヨーロッパ最高のチームが相手だったが、またしても無得点で終わった。

マルティン・ウーデゴールの獲得…

  • 当初、マドリードが売却にあまり乗り気ではなく実現不可と思っていたため、本当に嬉しい。
  • エドゥが状況をうまく管理してくれたおかげで、望んでいた選手を獲得することができた。
  • 彼は周りを活性化させてくれる存在であり、熱意や姿勢、プロフェッショナリズム、キャラクターなど、とても好感の持てる選手。
  • この国の文化にうまく溶け込んでいると思うし、私たちが求めるプレイスタイルにも適している。
マルティン・ウーデゴール『本気で成し遂げられると信じている』

アーロン・ラムズデールの順応…

  • 彼のキャラクターや人柄にとても感銘を受けている。
  • このクラブには2人のトップGKが必要。私が在籍していたときも、2人の優れたGKがいて切磋琢磨していた。
  • ポジションを問わず、そのような環境を構築する必要があった。
アーロン・ラムズデール『No.1の座を掴む!』

WBA戦でデビューなるか…

  • マルティンはビザを取得したばかり、アーロンはトレーニングに順応中のため、様子を見る必要がある。
  • ふたりとも試合に出たいと思っている。

カラバオカップが機運を高める…

  • Yeah, プレイタイムが必要な選手もいるし、絶好のコンペティション。
  • なんとしても勝利を掴み取る。

ファンに向けてメッセージ…

  • 感謝の気持ちを伝えたい。
  • 試合前のチーム紹介、鳥肌が立つほど最高の雰囲気を作ってくれた。
  • ホームで負けてネガティブな反応が出るのはわかるが、これは一朝一夕には完成しないプロジェクト。
  • 私たちは皆、できるだけ早く成功させたいと思っているし、すべての大会においてトップを目指す。これは不動の目標。
  • ファンの後押しは欠かせないため、サポートを願う。

Dailymailによると、チェルシー戦後にミケルはサポーターに車を囲まれて『Arteta out』を浴びたとのこと。

そのため、あらためてファンに向けてプロジェクトの難しさを訴えた形だが、兆しすら見えないのはつらいものがある。

Covidや怪我人が復帰すれば、すべての問題が解消されるような口ぶりだが素人目にはそんな簡単なものとは思えない。

お先真っ暗なのか、明るいのか、それすら掴めないのだからGoonerが不安に駆られるのも理解できよう。

 

アーセナルの移籍ゴシップ

Lucas Torreira

  • セリエAのフィオレンティーナ入り目前。
  • メディカルのため、渡伊済み。

 

Willian Borges

  • 母国の古巣コリンチャンス行きの噂。
  • アーセナルが給与の一部負担でDoneの見通し。
ウィリアン『アーセナルでチャンピオンズリーグ優勝する』

 

Sead Kolasinac

  • フェネルバフチェ移籍に近づいている。
  • 個人間は合意済み、クラブ間交渉に移っている。

 

Alexandre Lacazette

  • TheAFCBell曰く、好オファーがない限りはラカゼットは残留の見通し。
  • 契約交渉に取り掛かっている様子は皆無のため、契約満了で今季を以て退団か。
【恍惚】PL31節 シェフィールド v アーセナル 試合結果

 

当然ながら、新規獲得の噂は無し。

さて今夏は結構な投資を敢行したから、売却は早いところ決着をつけてほしい。

それにしても、トレイラはイタリア復帰で納得なのだろうか。

ルーカス・トレイラ『もうヨーロッパを去りたい』

 

おわりに

カラバオカップ(ELFカップ)といえば、Manchester Cityが4連覇中と大得意としているコンペティションで有名。

※アーセナルは昨季、準々決勝でシティに敗北を喫している。

【終】ELFカップ 準々決勝 アーセナル v マンチェスターシティ 試合結果

 

今回の試合の楽しみどころとしては、21/22シーズン初勝利ラムズデールら新戦力の活躍か。

わくわくドキドキの試合も楽しいものだが、久しぶりに安心して眺められるゲームというものを期待したい。

サイドを抉るタヴァレスをフルで見たいし、ネルソンも見たい。

また今季も『Bチームのほうがわくわくできる』なんていうヘンテコなシーズンになるのか。

 

 

ひとまず、以上。

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!