【Welcome to Arsenal】サンビ・ロコンガを獲得!

【Welcome to Arsenal】サンビ・ロコンガを獲得!

かなり早いうちから名前が挙がっていた、アルベール・サンビ・ロコンガ(Albert Sambi Lokonga)の獲得がアナウンスされた。

売却関連は何ひとつ進展は見られないものの、ここまではTier1, Fabrizio Romanoの推測通りに事が進んでいるようだ。

Romano『Nuno Tavaresと合意、Sambi Lokongaの獲得迫る』

21歳のサンビ・ロコンガが早速フィットしてくれるかどうかはわからないが、これでセバージョス(ジャカ)のピースを埋めたということで良いのだろうか。

穴埋めで言えば、ダヴィド・ルイスのCBとマット・ライアン(レノ)のGKポジションも埋めに埋めなければならないわけで、なかなか拡充といったフェーズには向かっていかない感じだが、ヨーロッパがない以上贅沢は言ってられない。

兎にも角にも、来てくれてありがとう。サンビ・ロコンガ。

末永くお付き合いよろしゅう!

🇧🇪 Welcome Sambi!

Welcome Sambi! | Lokonga joins Arsenal

アンデルレヒトからサンビ・ロコンガ獲得!

アルベルト・サンビ・ロコンガがアンデルレヒトから長期契約でアーセナルに加入した。

アルベルトは23番のシャツを着用し、背中にはサンビ(Sambi)の名前が入る。

21歳のMFは、2014年の15歳でベルギークラブに加入した後、ユースを経て、2017年11月にプロ契約を締結していた。

2017年12月にアンデルレヒトのファーストチームデビューを果たし、過去2シーズンはレギュラーとして定着、78試合に出場した。

ベルギーU21代表でもあるアルベルトは、2021年3月にはシニア代表に招集、ギリシャ戦ではスクワッドに入った。

アルベルトは、入国時の隔離規定を満たした後、新しいチームメイトと合流する。

既にトレーニング合流しているようで。

ちなみにジェームス・ベンジ(James Benge)が選ぶNo.23のGunnersの顔は、ソル・キャンベル。

ロコンガには、是非とも23の顔を奪うくらいの印象的なパフォーマンスを見せつけて欲しいものだ。

【歴史の重み】アーセナル歴代背番号の顔となる選手たち

 

エドゥのコメント

アルベルトには、多くのクラブが関心を寄せていた。

当然ながら、私たちにとっても重要なターゲットだったので、彼が私たちと契約を締結したことを嬉しく思う。

アルベルトは、私たちが以前から注目してきた選手でセントラルミッドフィールドに厚みをもたらしてくれるはずだ。

彼が私たちと共に成長していけることを楽しみにしている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#AS48(@sambilokonga48)がシェアした投稿

 

ミケル・アルテタのコメント

アルベルトは非常に知的な選手であり、成長過程にいるものの、成熟さ溢れるパフォーマンスを発揮している。

ヴァンサン・コンパニをはじめとする、アンデルレヒトのチームからよく指導を受けていることが窺える。

私はヴァンサンをよく知っているが、彼はアルベルトのことをとても高く評価しており、彼が最近のアンデルレヒトに与えたポジティブな影響についても聞いている。

私たちは、アルベルトが次のステージに進む準備ができていると確信している。

私たちのスクワッドにクオリティと存在感を持つメンバーを迎えられてとても嬉しく思う。

WhoScored.com曰く、パス、ドリブル、ロングシュートもお手の物だという。

空中戦(183cm)に関しても、特段弱点というほどのものでもないようで、期待しかない!

 

Sambi Lokonga’s first interview

続いては、加入後初のインタビュー。

彼の内面を見てみよう!

Albert Sambi Lokonga’s first interview: watch now!

サインをして…

とても長かったから、本当に嬉しい。

もろもろの手続きが終わるから「やっと」という感じでハッピーだ。

ベルギーからロンドンへ、どんな感じ?

アンデルレヒトで10年間プレイしてきた。

国外移籍は初めてのことだから、とても大きなことだと思っている。

プレミアリーグでプレイすること…

Yeah,  大きなステップになる。

でも自分には必要なことだったし、自信もある。

フットボールの世界では、自信を持つことは大切なことだから。

このリーグでプレイしたいと思っていたから、今から開幕が待ち遠しい。

アーセナルの動きを最初に知ったのは?

クラブの代表と代理人経由で知ったのが最初だった。

1秒も迷わなかった。「申し訳ないけど、移籍したい!」と告げたよ。

サインまで何を思いながら過ごした?

祝福の嵐だったから、なにかと難しかった。

「契約はまだ済んでいないから、待つしかない」と伝えていたよ。

自主トレして過ごしていたけど、家族や代理人が居たから落ち着いていたと思う。

監督やエドゥにも感謝している。

彼らは私の獲得を熱望してくれていたから、とても嬉しかった。

ミケルとエドゥの存在が自身に与えた影響…

彼らが多くの若手と一緒になって、プロジェクトを推進していこうとしているのは知っていた。

アンデルレヒトにも良いアカデミーがあるけど、アーセナルもまた優秀なアカデミーを持っている。

将来有望な才能を持った若手がいる点に関して言えば、自分の何かを大きく変える必要はないと思う。

ティエリ・アンリの推薦があったという噂…

It’s very great, very great.

その話が本当かどうかはわからないけど、もしクラブレジェンドが推してくれたのならば、とても光栄なこと。

代表でアンリから学び、今度はアーセナルへ…

(最高といえるのでは?)Yeah, yeah, yeah, it was really great.

彼とピッチで過ごせたことは、とても素晴らしい経験だった。

多くの学びを得ることができた。

ファンはどこに期待すればいい?

自分のことを話すのはちょっと好きではないから、そこは好きに評してほしいかな。

とにかくスタジアム、チームメイトとプレイすることが待ち遠しいね。

どのようなポジションでプレイすることになると思う?

(ボックス・トゥ・ボックス or アタッキング・ミッドフィルダー?)両方ともプレイできる。

ただ、No.6でのプレイのほうが好評かもしれない。

ファンには、何と呼んでほしい?

まず、フルネームはAlbert-Mboyo Sambi Lokonga(アルベルト・ムボヨ・サンビ・ロコンガ)。

皆はサンビって呼ぶよ、ほとんどの人が。

(では、サンビでOK?)Yeah, yeah, それでいこう。

サンビでもアルベルトでもいいけど、サンビでいいかな。

 

おわりに

なんか彼の笑顔を見ていると、とてもHappyな気になってくる。

サンビという名前も「賛美(讃美)」に聞こえてくるからか、なにか幸せを運んできそうな予感。

 

彼に期待するポイントは、曰くおまかせとのことだけれど、私はミドルレンジからのショットを期待しましょかね。

アーセナルの攻撃の幅が広がりそうな補強だこと。

はじめての海外移籍だけれど、うまく馴染んでほしいネ!

 

 

ひとまず、以上!

 

 

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!