プレシーズン in USA 中止/ジャカ、来週にもローマへ

プレシーズン in USA 中止/ジャカ、来週にもローマへ

ジメジメした梅雨が明けたとのことで、湿気を帯びた汗だくの夏が顔を出している。

それにしても暑い、そしてなんやかんやでTOKYO2020オリンピックも、もう、すぐ、そこ。

加えて始まる4連休。

この連休、アーセナルのアメリカ遠征を涼しい部屋で見ようと楽しみに呆けていたのだが、急遽取り消しになってしまったとのこと。

理由は「Covid」だというのだから、致し方ないが、Gunnersを見れないのはただただ哀しい。

フロリダカップ、辞退のお知らせ…

US trip off after positive COVID tests

アメリカツアー中止の決定

明日渡米する予定のメンバーの中にCOVIDの陽性反応が少なからず認められたため、残念ながらフロリダカップへの参加を辞退せざるを得なくなりました。

この度の辞退は、選手とスタッフの健康を考慮した上での苦渋の決断です。

プレシーズンの一環としてフロリダカップへの出場を楽しみにしていたアメリカのサポーターの皆様がいる中で、このような結果になってしまったことは残念でなりません。

また、準備のために素晴らしい仕事をしてくださったフロリダカップ主催者、大会参加のためのイベントを企画してくださったパートナー企業の皆様にもお詫び申し上げます。

現在、スタッフにはCOVIDの症状が出ていないことを確認しており、彼らは自宅待機しています。

また新シーズンに向けた準備を進めていくため、プレミアリーグの規定に沿って代替措置を講じています。

ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

新戦力サンビ・ロコンガのプレイを早く見たかったのだが、残念ながら先延ばしになってしまった・・・。非常に残念。

【Welcome to Arsenal】サンビ・ロコンガを獲得!

 

しかし、ツアー形式はなくなってしまったが近距離でのプレシーズンマッチはありそうで。

>>また新シーズンに向けた準備を進めていくため、プレミアリーグの規定に沿って代替措置を講じています。

 

そっちを楽しみにしよう。

 

グラニト・ジャカ、移籍間近…

Angelo Mangiante(SkySports)

グラニト・ジャカは来週、ポルトガルで行われるASローマの合宿でいよいよモウリーニョと対面を果たす。

モウリーニョが彼の獲得を熱望したこともあり、既に個人合意が済んでいる模様。

残すは、RomaとArsenalによるクラブ間取引だが、それもほぼ完了しているようだ。

報じているのはSkysportsのジャーナリスト。

信憑性はTier4の部類になるため、彼のファンである私としては『まだ大丈夫でしょ』と強がりたいところだが・・・。

Tier Source
0 Arsenal.com
1 David Ornstein, BBC Sport, Fabrizio Romano, Charles Watts
2 Gianluca Di Marzio, Amy Lawrence, Chris Wheatley, James McNicholas, AFC Bell, Mohamed Bouhafsi, The Guardian, The Athletic
3 James Olley, Alexis Bernard, Mark Irwin, Sam Dean, Simon Collings, Manu Lonjon, Jeremy Wilson, Guillem Balague, James Benge, Andy Burton, Raphael Honigstein, Mark Ogden, Sami Mokbel, The Independent, The Times, El Confidencial, The Telegraph, Bild, L’Equipe, Kicker
4 Sky Sports, Kaveh Solhekol, Kike Marin, John Cross, Nicolo Schira, Daily Mail, Goal, Marca, JOE.co.uk, Daily Express, The Mirror, Mundo Deportivo, BBC Gossip, Bleacher Report, AS, Metro, SportBild, football.london, Caught Offside, HITC (Here Is The City), 90Min, Sport

 

今回ばかりは長らく噂が続いてきたこともあり、いいかげんに本気で覚悟を決めるしかなさそう・・・。

彼のパッションが大好きだったから、かなり久しぶりに味わう『哀しい別れ』になりそうだ。

【報道まとめ】Granit Xhakaとローマは相思相愛?

まあイタリアは食も美味しいし、観光客に対するボッタクリはあれど、ユーモアもあって素晴らしいところだ。

ローマはちょっと石畳と坂が多くて、疲れるけど。でも良いところだから。うん。頑張ってほしい。

 

おわりに

アーセナルでは金髪にすると移籍のシグナルになるのかもしれないな、とふざけたことでも言って平静を装う。

アレクサンドル・ソング(Alexandre Song)も、そんな顛末だったイメージ。

あぁ、哀しいな。ジャカの退団。

ネット上では結構ネタにされてしまったけれど、あのパッションは本当に貴重であり、唯一無二の存在だったな。

 

わたしは学生の頃まで自信家なほうの部類だったんですけど、社会に出て折れましてね。

『根拠のない自信』という厄介な病魔で、同期との出世レースでようやく自分の能力を知ったとかそんな感じでした。

 

だから、周りから叩かれても一切揺らがないジャカが格好良くて、逞しくて…。

いつの間にか彼の虜だったわけで….。

 

いやあ、悲しいし、寂しい!

こんな気分になるのは久々でありんす。

ジャカ『多くの人はプレイの裏で起きていることを見ていない』

 

 

ひとまず、以上!

 

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!