【BBC到達】アルテタ・アーセナル誕生か?

【BBC到達】アルテタ・アーセナル誕生か?

ミケル・アルテタがアーセナルのマネジャーとして戻ってくるかもしれない!

そんなわくわくの今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

ご査収のほど、よろしくお願いいたします。

クラブ関係者がアルテタの家へ

日本の東スポこと、The Sunから速報。

アルテタとアーセナルがMTG、2時間後の午前1時まで続いた

ミーティング参加者

  • アーセナルのマネージングディレクターのヴィナイ・ベンカテシャム( Vinai Venkatesham)
  • クラブの弁護士兼交渉担当のハス・ファーミー( Huss Fahmy)
  • マンチェスター・シティスタッフメンバーのミケル・アルテタ( Mikel Arteta)

日時と場所

これまでの流れ

  • 12/16夕方には、ジョシュ・クロエンケ(Josh Kroenke)が最終面接を行うとの報道があった。
  • マンチェスター・シティ戦後には、暫定監督のフレドリック・ユングベリ( Fredrik Ljungberg)が早く決断するよう進言。
  • マンチェスター・シティとジョゼップ・グアルディオラ( Josep “Pep” Guardiola)は、アルテタの残留を望んでいるものの、将来はわからないと発言。

アーセナルの決定プロセス

出典:thesun.co.uk/
  • テクニカルディレクターのエドゥ・ガスパール( Eduardo Gaspar)とフットボール担当代表のラウル・サンレヒ( Raul Sanllehi)が候補を絞り込む。
  • それをもとにヴィナイ・ベンカテシャムとハス・ファーミーが財政面を整理する。

 

つまり、アルテタと話をしたのが、ヴィナイとハスであるということは、合意に近いことが示唆される。

 

この件についてテレグラフ(Telegraph)も『アーセナルがアルテタと交渉中である』という記事を出した。

 

マンチェスター・シティとアルテタがミーティング

シーズン途中でクラブを退職できるか、話し合いが行われたとBBCが報道。

アーセナルがミケル・アルテタの獲得を巡って、マンチェスターシティと交渉中。

 

アーセナルのリクルートチームは、昨日のマンチェスターシティとの試合が終わるのを待っていた。

ミケル・アルテタの仕事に、支障をきたさないためにだ。

彼らは、アルテタをアーセナルの新マネジャーに任命しようと動いている。

 

BBCにまで到達してしまえば、アルテタの就任はかなり堅いのではないだろうか。

ロマン派としては、ミケル・アルテタのアーセナル誕生は非常に喜ばしい。

 

 

ひとまず、以上!