【オバメヤン移籍を希望】アーセナルの冬の移籍市場

【オバメヤン移籍を希望】アーセナルの冬の移籍市場

年が明けた1/1から31日までの1ヶ月の間、いよいよ冬の移籍市場が開始する。

アーセナルはウナイ・エメリからミケル・アルテタにヘッドコーチを変更していることもあり、どう動くのか注目だ。

そして、前々から退団の噂にあった、オバメヤンとラカゼット、ジャカなどの去就にも注目したい。

オバメヤン、移籍を希望?

アーセナルプレイヤーの動きについての記事が、Telegraphに上がっている。

参考までに共有したい。Arsenal struggling to keep Pierre-Emerick Aubameyang past end of season

オバメヤンがアーセナルを去る可能性

  • オバメヤンの契約は残り18ヶ月あるが、チャンピオンズリーグでプレイすることを切望している。
  • オバメヤンがトランスファーリクエストを出したという噂もあるが、契約を全うすると約束した模様。

グラニト・ジャカの去就

  • ヘルタ・ベルリンは、『6ヶ月のローン + £25.6mでの買取りオプション』を希望しており、価格の面で折り合いが着いていない。
  • アルテタはジャカの残留希望だったものの、既に中盤の補強に動いている。
  • ジャカには、夏まで残ってほしかったが、ジャカは、ヘルタのフロリダで行われるキャンプへ早く合流したい意向。
  • ジャカリプレイスの候補は、ユヴェントスのアドリアン・ラビオ(Adrien Rabiot)。
  • アドリアン・ラビオをひとまず、6ヶ月のローンで獲得したいアーセナルだが、ユヴェントスは乗り気ではない様子。

 

ディフェンダーの補強

  • カラム・チェンバースが負傷したこともあり、DFの補強も念頭に入れているアルテタ。
  • 状況を鑑み、クラブも資金面のフォローを実施する方針。
  • RBライプツィヒのダヨ・ウパメカノ(Dayot Upamecano)もターゲットに入っている模様。

 

なぜアーセナルのメスト・エジルは冷遇されているのか

 

前々から、アーセナルのレーダーにかかっているダヨ・ウパメカノ。

アーセナルは、脆弱なディフェンダーの補強が急務であり、この補強が叶えばこれほど嬉しいことはない。

 

ほかには、ウィリアン・サリバを呼び戻すとか、呼び戻さないとか。

色々動きがあって、今宵も楽しそうだ。

 

 

ひとまず、以上!