【圧倒的勝利】EL-GS 2節 アーセナル v スタンダール・リエージュ 試合結果

【圧倒的勝利】EL-GS 2節 アーセナル v スタンダール・リエージュ 試合結果

このクラスでは、圧倒のアーセナル。

本日も危なげないゲームを披露した。

グループステージ6試合中2試合を消化したアーセナル。

グループF、唯一の2連勝チームとなった。

Match summary

試合の結果と、記録について少々。

Arsenal 4-0 Standard Liege

Martinelli  (13, 16), Willock (22), Ceballos (57)

 

この投稿をInstagramで見る

 

4 goals & a clean sheet 😍

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

アーセナル

  • マルティネッリは、アーセナルの主要なヨーロピアンゲームで複数ゴールを決めた最年少選手になった(18歳と107日)。※ルカク(16歳と218日)、ゲッツェ(18歳と105日)に続く記録。
  • スターティングの平均年齢が、22歳350日でヨーロッパ史上2番目に若いメンバとなった。
    ※2009年オリンピアコスが21年と215日を記録。

メディアの寸評

またも輝く、マルティネリ
  • 月曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦から、10の変更してきたエメリだが、メスト・エジルはそこにもいなかった。
  • 膝の負傷で9ヶ月離脱していたRBヘクター・ベレリンがキャプテンとしてスターティングに入った。
  • マルティネリ大活躍、アシストも記録してセバーロスの移籍後初得点を祝った。

by bcc

 

アーセナルのヤングスターが再び輝く
  • マルティネリは、Carabao Cupに続いて、再びダブルで2試合4ゴールを記録。
  • ジョー・ウィロックとダニ・セバーロスの移籍後初得点で試合を締めた。
  • マルティネリがセバーロスへ送ったクロスは触れなかったらゴールだったかもしれないが、何度もハットトリックの可能性を感じさせた。

Man of the Match: Martinelli

by sky

 

話題はマルティネリ。

カラバオカップに続き、2Gは素晴らしい出来である。

 

#35 Gabriel Martinelli

Main position : Left Winger
Other position: Right Winger, Centre-Forward

彼はもともとウインガーを主戦場としていたプレイヤーのようだけど、エメリはセンターで使うと決めたのだろうか。

 

スターティングメンバー

Arsenal line up
出典:skysports.com/

 

Arsenal sub

66′  15 メイトランド・ナイルズ ⇔ 19 ペペ

74′  26 ウィロック ⇔ 29 ゲンドゥージ

79′  24 ネルソン ⇔ 14 オバメヤン

 

試合前日のプレスでNo.1宣言をした、GKマルティネスは今日も安定したプレイでクリーンシートに貢献。

彼がいることは非常に心強いし(2nd GKで申し訳ない程に)、これからもアーセナルにいてほしい。

先日のマンチェスター・ユナイテッド戦で出場を見送った、RBベレリンとLBティアニーが揃ってスターティング11に。

そしてナイルズが前線に入った。

彼は先日インタビューで「僕はDFじゃない」と攻撃の役割を担いたいと明かしたが、それが叶った形か。

そして特筆すべきは、ベンチメンバーにも入っていないエジル。

もう彼はいらない子扱いなのか。かなしい。

ウナイ・エメリ『マルティネリはストライカー』

マルティネリの活躍と彼のポジション適正がセンターかどうか

Yes, 彼はとてもハングリーに取り組んでいる。

シーズン前、彼は左ウイングでプレイすることを好んでいた。

でも彼は右のウイングとしてもプレイできるし、ブラジルではセンターで起用もされていた。

だから私はストライカーとして使った。

彼にとってはベストポジションないかもしれないが、彼のマインドはチームを助けた。

今夜のパフォーマンスと姿勢は凄かった。

スクアッドに含まれなかったメスト・エジル

私は毎回試合毎にベストプレイヤーを選び、ベストのスクアッドを組んでいる。

彼がスクアッドにいないということは、ほかのプレイヤーが値したということ。

エジルがスクアッドに復帰するには?

懸命にworkする必要がある。

明日、プレイしなかったプレイヤーたちがトレーニングを行い、日曜日には試合がある。

我々の目標は日曜日のボーンマス戦に勝つことであり、それはほかの試合だって同様のこと。

ティアニーのパフォーマンスについて

キーランは良い形でカムバックしてきた。

先週のノッティンガムフォレスト戦ではグッドパフォーマンスで80分間プレイしたが、今夜もまた非常に良いパフォーマンスだった。

レフトバックはセアド・コラシナツもいるし、高め合ってほしい。

 

大活躍のマルティネリのことと、エジルの扱いについての質問が多かった。

エジルはどうなることやら。

 

好調を維持するプレイヤーたち

ガブリエル・マルティネッリ

カラバオカップのノッティンガムフォレストに続き、本日も2GをマークしたNo.35 マルティネリ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Now that’s how you make a fast impression 🔴. #afc

AUさん(@afcupdates1)がシェアした投稿 –

彼はまだ18歳、Teenagerである。

将来が楽しみでならない!

エミ・マルティネス

彼が控えにいるなんてアーセナルはなんて幸せなんだろうか。

GKのクオリティで悩んでいたのはつい最近なはずなのに、エミーありがとう!

 

おわりに

 

出典:bbc.com/

 

さて、カラバオカップに続きヨーロッパリーグでもサブが大活躍。

あとはPLでも3ポイントを積み重ねて欲しいところ。

 

 

ひとまず、以上。