【急浮上】PL20節 サウサンプトン v アーセナル 試合結果

【急浮上】PL20節 サウサンプトン v アーセナル 試合結果

4日前に、手の内を明かしたばかりのサウサンプトンとPLでリベンジマッチ!

久々の逆転勝利だったようで、順位もようやく一桁に回復している。

Match summary

試合の結果と、記録について少々。

試合結果

Southampton 1-3 Arsenal

サウサンプトン:S Armstrong (3′)

アーセナル:N Pepe (8′)/ B Saka (39′)/ A Lacazette (72′)

レフェリー:Kevin Friend

サウサンプトン v アーセナル

リベンジマッチ!

両チームとも、前回対戦から大きくメンバーを変えてこなかったようだ。【終】FAカップ 4回戦 サウサンプトン v アーセナル

ティアニー負傷離脱により、セドリック・ソアレスが3試合連続のスターティング。

先日、契約更新したロブ・ホールディングはこれでアーセナルキャリア100試合目を記録した。

Arsenal substitute

72′ E Smith-Rowe ⇔ Willian
78′ T Partey ⇔ M Elneny
90+2′ N Pepe ⇔ J Willock

注目のトピックス

【1-0】早すぎる失点、悪夢蘇る

3分、コーナーからスチュアート・アームストロングに華麗なボレーを決められる。

直前のバウンドにもしっかりと対応して、ただただ美しいボレーだった。

まず、思ったのが『あぁ、やってしまった』ということ。

普段ならば、『まだ時間はあるから!』となるものが、一度負けている分、一気に『負』に引っ張られてしまった。

あっぱれなショットではあったが、『ペペの守備が甘い』などアーセナルにも落ち度はあったのが悔やまれる。

 

【1-1】ペペ、すぐ取り返す!

守備でやらかしてしまったペペ。

しかし、先の失点からたったの5分で、試合を振り出しに戻してみせた。(アシストはジャカ)

このゴールでペペは、全コンペティションで9ゴール(6G/3A)に関与、彼よりも上の成績を収めているのはラカゼットのみ(10)とのことだ。source

不調不調と言われているが、スタッツは中々良いようだ。

 

【2-1】前半のうちに逆転、ジャカ・ラカ・サカ!

ペペの早々の同点弾で、負の空気が一新されたが、前半のうちの逆転に成功するとは思っても見なかった。

ジャカ→ラカ→サカと繋いでゴール。

この字面は、チェルシー戦を思い起こさせる。

ジャカラカサカは、勝利のおまじないなのかもしれない。

 

後半、スミス・ロウ&トーマスに陰り

この試合では、70分過ぎでエミル・スミス・ロウ&トーマス・パーティがピッチに倒れ込んでいる。

両者ともその後、交代によりピッチを退いたこともあり、心配だ。

なお、当初のプランではガビ・マルティネリを投入するつもりだったようだが、急なトラブルにより、ガビの出番はなかった。

 

【3-1】ラカ決めて、レノ守って、勝利!

色々とアクシデントが重なったため、不穏な空気も漂ったが、ラカゼットがチーム3点目を決めたおかげで気が楽になった。

このゴールでラカゼットは、4季連続で2桁得点を達成している。

ちなみにプレミアリーグでの逆転勝利は、昨季7月のリヴァプール戦ぶりとのことだ。(【王者喰う】PL36節 アーセナル v リヴァプール

選手採点 by Skysports

Southampton 1-3 Arsenal: Gunners up to eighth as Premier League run continues

Southampton

McCarthy (5), Valery (6), Stephens (5), Bednarek (5), Vokins (5), Armstrong (6), Diallo (5), Ward-Prowse (6), Walcott (4), Adams (4), Ings (5)

Subs: Redmond (5), N’Lundulu (5), Watts (5)

Arsenal

Leno (7), Bellerin (6), Holding (7), Luiz (7), Cedric (8), Partey (7), Xhaka (8), Smith Rowe (7), Saka (8), Pepe (7), Lacazette (8)

Subs: Willian (5), Elneny (5), Willock (NA)

Man of the match

Bukayo Saka

 

今日、1G1Aのブカヨ・サカがマン・オブ・ザ・マッチ!

HIGHLIGHTS | Southampton vs Arsenal

アルテタ『オバに捧げる勝利』

Transcript: Arteta on Pepe, Saka and transfers

パフォーマンスについて

  • 開始1分にビッグチャンスのモノに出来ず、その直後に失点してしまった。
  • しかし、この地で自分たちの形を出せたことは、誇らしい。
  • この相手との試合を制するのは、決して簡単なことではない。

前回対戦との違いは?

  • 土曜日はハイプレスに手を焼いたが、今回は対応できた。
  • 相手のプレスを破り、ポジショニングやスペースの面でも効果的に動いた。
  • ディフェンスは、ハイプレスがとても良かった、危険なエリアも未然に潰した。

6試合で16ポイント荒稼ぎ…

  • フットボールは常に結果第一、それが自信にも影響する。
  • 結果がついてこない時もあったが、連勝で自信がついてきた。
  • 選手が復帰したこともあり、チームの雰囲気は上々。

ペペがカードをもらう珍事…

  • ニコを外してガビを投入しようとしたが、エミルが怪我をしたから交代を見送った。
  • レフェリーの目には、そのバタバタが時間稼ぎに映ったようだ。

トップ4入りは可能?

  • 順位表ではなく、自分たち自身を見ている。
  • ひたすらにチームを改善することしか考えていない。

エミル・スミス・ロウの状態は?

  • FAカップも筋肉系の故障のため、起用を見送った。
  • 今日の試合、フルは厳しいことはわかっていた。

トーマス・パーティは?

  • 足が攣ったかはわからない。
  • 何かしらの違和感があったようだ。

ピエール・エメリク・オバメヤンは?

  • これといって、新たな情報はない。
  • オバは、難しい時間を過ごしている。
  • 私たち全員が彼をサポートしている、今日の勝利は彼に捧げる。

 

ロブ・ホールディング『100試合達成!』

‘It’s a proud moment… here’s to another 100!’

結果について

  • セットプレイからの失点は残念、十分に警戒していた。
  • 弱点を執拗に突いてきたため、苦労したが、FAカップ敗退のリベンジを果たせた。

アーセナルで100試合出場

  • 100試合目ということは、実は全く知らなかった。
  • トンネルでそれを聞き、誇らしい気分になった。
  • 次の100試合を目指す!

 

セドリック・ソアレス『自然な結果』

結果について

  • 序盤に失点してしまったが、チームの熱は消えなかった。
  • 多くのデュエルを勝ち、プレイの面でも圧倒した。
  • ここでの試合は常にタフ、しかし自分たちのほうが強かった。

今季、後半戦の展望は?

  • プレミアリーグは、何が起きてもおかしくない。
  • ポイントのために一戦一戦、気持ちを引き締める。
  • シーズンのスタートはベストではなかったが、今は素晴らしいフォームをしている、これを継続したい。

 

おわりに

Round Opponent Result Position
1 FUL(A) Win 1
2 WHU(H) Win 3
3 LIV(A) Loss 5
4 SHU(H) Win 4
5 MCI(A) Loss 5
6 LEI(H) Loss 11
7 MUN(A) Win 9
8 AVL(H) Loss 11
9 LEE(A) Draw 12
10 WOL(H) Loss 14
11 TOT(A) Loss 15
12 BUR(H) Loss 15
13 SOU(H) Draw 15
14 EVE(A) Loss 15
15 CHE(H) Win 15
16 BHA(A) Win 13
17 WBA(A) Win 11
18 CRY(H) Draw 11
19 NEW(H) Win 10
20 SOU(A) Win 8(暫定)
21 MUN(H)
22 WOL(A)

 

これで、久々の一桁順位(暫定)に到達している!

4位まで5ポイント差というのも嬉しい。

 

7戦勝ちなしから、6戦負けなし(W5/D1)という信じられないような結果を積み上げている、Gunners。

この試合、色々とポジティブな記録が生まれた。

  • アウェイ3連勝は、2018年ぶり!
  • リーグ『1ヶ月無敗』を達成!

 

次は、マンチェスターユナイテッド。

いつの間にやら、リーグを楽しむ最高の位置につけていた。

 

ここまで来たら、本当にトップ4フィニッシュをお願いしたい。

だから、勝ってくれい!!!!!!!

Arsenal v Manchester United (H)
1月 31日 (日曜日)⋅02:30~04:15

 

オバメヤン、母親の容態に懸念があったようだが、回復したとの報告。

プライベートなことだし、わざわざ公表しなくてもよかったのに。

まあ、理由を言わなければ、あれこれ好き勝手に書くメディアがいるのだろう。

 

皆さまも健康第一で、暖かくしてお過ごしくださいませ。

 

ひとまず、以上。

 

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!