ロベール・ピレスが語る、サンティ・カゾーラとの衝撃の出会い

ロベール・ピレスが語る、サンティ・カゾーラとの衝撃の出会い

さて、今日のアーセナルトピックをみなさまと共有したく存じます。

今回は、元Gunnersのロベール・ピレスとサンティ・カゾーラについて。

 

ピレス『カゾーラを初めて見た時のこと』

「LaLiga TV」のインタビューで、ロベール・ピレスがサンティ・カゾーラについて話している。

なにやら、ピレスはかなり早い段階から、カゾーラのセンスを見抜いていたようである。

サンティ・カゾーラは、とても才能のある選手 by ピレス

サンティ・カゾーラが初めてトレーニングに参加したときのことを覚えている。

もう随分前のことだけどね。

トレーニングの後、マネジャーのマヌエル・ペレグリーニ(Manuel Pellegrini)に聞いたんだ。

『マヌエル、あの男は誰だ?』

マヌエルは『サンティ・カゾーラだ。なぜ?』と返した。

カゾーラは、とても素晴らしかった。

才能もあって、スキルも素晴らしいものを持っていた。

右でも左でもプレイできるし、ビジョンも優れていた。

今の彼を見てほしい。彼は大きな成功を収めた。

ラ・リーガ、プレミアリーグの両方で。

そして今はビジャレアルの選手として、再びラ・リーガに戻ってきている。

より強くなって、キャプテンも務めるほどにだ。それがサンティ・カゾーラという男なんだ。

 

ピレスとカゾーラの接点

August 9, 2008

2020年現在、46歳のロベール・ピレス。

アーセナルでトロフィーを総ナメにした後、2006年にビジャレアルへ移籍している。

そこから、2010年までの4年間をビジャレアルでプレイしたようだ。

 

対してサンティ・カゾーラは、2007年頃から本格的にビジャレアルでのキャリアを歩み始めたそう。

そして、マラガを経て2012年の8月にアーセナルへ加入している。

出典:arsenal.com/

カゾーラもピレス同様、アーセナルで価値を高めたプレイヤー。

カゾーラのアーセナルキャリアは、2018年までの6年間。

だが、最後の2年は怪我により、戦線を離脱していた。

 

カゾーラとアーセナル

ビジャレアルに行ってから、太陽の光を浴び、また輝きを取り戻しているカゾーラ。(サンティ・カゾーラ、4年ぶりのゴール

有り難いことに、カゾーラも度々、アーセナルに愛あるコメントを寄せてくれている。(サンティ・カゾーラ『もう一度アーセナルでプレイしたい。』

 

アーセナルのコーチになるとか、ならないとか。

色々情報が交錯しているようだが、彼が元気そうでなによりだ。

おわりに

オリヴィエ・ジルー、チェルシーと契約延長

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chelsea have taken up an option to extend Olivier Giroud’s contract, keeping the France striker at Stamford Bridge until the end of the 2020-21 season. ✍️🔵

Sky Sports(@skysports)がシェアした投稿 –

チェルシーがオリヴィエ・ジルーの契約延長オプションを行使。

20/21シーズン終了までフレンチストライカーをスタンフォード・ブリッジに留まらせる決断を下した。✍️🔵 

青に染まるジルーに違和感がなくなっていく。

アーセナルから、まだ誰も選手契約延長のアナウンスはなされていない。

 

ひとまず、以上!