アーセナルTier1『LBヌノ・タヴァレスと合意』

アーセナルTier1『LBヌノ・タヴァレスと合意』

ここ最近のアーセナルは、お気に入りだったMcGuinness & Mavropanosが出ていったりXhakaが出ていく気満々のコメントを出したりと、ちょいと暗い話が多かった。

しかし、ようやく今夏の補強第1号が決まりそうだ。

アーセナルTier1, Fabrizio Romanoが言っているのだから確実だろう。

曰く、残すはペーパーワークのみとのことだ。

(そういえばこれ、密になったということでPLから怒られたんだっけ。PL19節ニューカッスル戦

Tavares, Lokonga Welcome to Arsenal?

Arsenal agree to sign Benfica’s Tavares and close on Anderlecht’s Lokonga

既に合意済み?

アーセナルがベンフィカのヌノ・タヴァレス(Nuno Tavares)の獲得に合意、アンデルレヒトのサンビ・ロコンガ(Sambi Lokonga)の獲得迫る。

アーセナルは、ベンフィカからLeft-backのヌノ・タヴァレスを€8m(£6.9m)で獲得する。

また、アンデルレヒトのMFアルバート・サンビ・ロコンガの獲得にも近づいている。

クラブはアンデルレヒトに支払われる割合について合意が得られれば、€17.5mでロコンガを獲得に至る模様。

 

U21代表経験アリ

ロコンガとタヴァレスはともに21歳で、それぞれベルギーとポルトガルのU21でプレイした経験を持っている。

タヴァレスはRBとしても起用可能で、2月のヨーロッパリーグでアーセナルとは対戦済み。(85分に投入)

【昨季越え】EL/R32 2ndレグ アーセナル v ベンフィカ 試合結果

当初、アーセナルはマテオ・ゲンドゥージを含むスワップを計画していたが、ゲンドゥージがマルセイユへの移籍を希望したため実現せず。

タヴァレスの契約に関する諸手続きは、水曜日に行われる予定だ。

 

ロコンガはアンデルレヒトで評価を高め、3月にはベルギーシニアチームに招集されていた。

2017年後半にファーストチームでブレイクした同選手、アンデルレヒトでは既に70試合以上をプレイしている。

 

以上。

 

おわりに

市場が開く前から、LBのバックアップリストのキーワードは『若手』だったことを考えると狙い通りの補強と言えるのかもしれない。

プレミアリーグで活躍するポルトガル勢もウルブスのおかげで、かなり増えてきた印象を持つ。

ティアニーのバックアップを21歳の伸び盛りが務めるのは少々気の毒な感じもするが、ひたむきに努力を重ねてほしいところ。

Nuno Tavares

https://youtu.be/ROWbh561tw8

 

Albert Sambi Lokonga

ロコンガはCMということで、ダニ・セバージョスのリプレイスということになるか。

 

言い訳無用の21/22シーズン。

『アーセナルはヨーロッパがないから調子が良いんだ』と小言を言われるくらいにはなってほしいが、はたして。

 

 

ひとまず、以上!

 

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!