パブロ・マリが実戦デビュー/ブカヨ・サカの株が急上昇

パブロ・マリが実戦デビュー/ブカヨ・サカの株が急上昇

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

新加入のパブロ・マリとブカヨ・サカについて。

パブロ・マリがU23で実戦調整

U23チェルシー戦でアーセナルプレイヤーとして初のゲームに臨んだパブロ・マリ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

First time in Arsenal colours for Pablo! 🔴⚪️🔴

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

この試合では、新加入のマリのほかにロブ・ホールディングも出場している。

前半45分の出場で、残念ながら試合は敗北してしまったものの、調整としては十分だったようだ。

 

スティーヴ・ボールド『良い調整になったのではないか』

ユースを率いているボールドが2人に関して語っている。

ホールディングとマリについて

  • チェルシーのストライカーも優秀な選手が多いので、良い調整になったと思う。
  • 出場は45分だけであったが、ファーストチームに向けて良い経験になっただろう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Good too get some minutes tonight…. Nice to see @pablomv5 in the red and white as well 😉🙌

Rob Holding(@rholding95)がシェアした投稿 –

今夜は試合にも出れて良い感じだった。

赤白に染まるパブロ・マリも見れて良かった。 😉🙌

ロブ・ホールディングもU23でのプレイに好感触だったようだ。

 

ライバルにマークされるブカヨ・サカ

ブカヨ・サカの契約延長が纏まらず、他のクラブにマークされているサカ。(ブカヨ・サカが強奪される可能性

Goonerとしては、早いところ吉報を届けてほしいものだ。

アーセナル情報屋のオーンステイン曰く、

  • アーセナルは、ブカヨ・サカと5年契約を締結するよう動いている。
  • リヴァプール、マン・ユナイテッド、バイエルン・ミュンヘンといったクラブがサカを狙っていることは、クラブも認識済み。

 

ブカヨ・サカ『契約は代理人のフェーズ、アーセナルで満足』

契約延長について

  • 契約のことは代理人に任せている。

アーセナルでの役割について

  • ミケル・アルテタのもとでフットボールを楽しめている。
  • LBという本来のポジションではないけれど、サポートを惜しまずに僕を助けてくれている。
  • プレミアリーグのウインガーと対戦できることは、自分の特性を理解する上でも役立っていると思う。
  • 夢はウイングとしてゲームを支配し、ゴールやアシストを決めること。
  • でも、マネジャーから任された仕事を全うすることが今の自分の役割と認識している。

LBでの経験は必ず役に立つ

  • 将来またウイングに戻ることができたら、そのときは優位に立てると思う。
  • ディフェンダーが守る上で、なにがやりやすくて、なにがやりにくいのかを知っているというのは大きいこと。
  • 今の扱いに関しては、良い学習機会だと捉えている。

渦中のサカは、現状について楽観的のようだ。

アーセナルに大きな不満を抱いていないようで安心した。

 

サカにLBとして代表招集の声

ここ24時間で、イングランド代表のスクワッド票をブカヨ・サカよりも集めている選手はいない。

ベン・チルウェルの代役になり得る選手(ローズ、デルフ、ショウ、ミングスなど)を見ると、少なくともサカのことを真剣に考えない理由が見えてこない。

 

なんと、EURO2020のイングランドスクアッドにブカヨ・サカが相応しいという声も出ている。

それもウイングではなく、レフトバックとして。

出典:whoscored.com/

ニューカッスル戦でのサカのパフォーマンスも特出しており、「サカをイングランド代表に」という声が高まっているようだ。(【不穏な雰囲気】PL26節 アーセナル v ニューカッスル 試合結果

 

 

ひとまず、以上!