【完全移籍を匂わせる】パブロ・マリだけど質問ある?

【完全移籍を匂わせる】パブロ・マリだけど質問ある?

さて、今日のアーセナルトピックをみなさまと共有したく存じます。

先日、Redditで行われたパブロ・マリのAMA(Ask Me Anything = なにか質問ある?)

ローン加入中にも関わらず、異常に推されているDFパブロ・マリ。

そんな彼がファンと交流している。

 

それにしても、同時期に加入したセドリック・ソアレスとの扱いの差を感じる、今日この頃。

セドリック・ソアレスのインタビュー

パブロ・マリのAMA

I am Pablo Mari, AMA! from Gunners

クラブワールドカップ決勝で戦った、リヴァプール攻撃陣の印象

あの時のリヴァプールは紛れもなく、世界最高のクラブだった。

彼らは全てを勝ち取り、リーグ戦では無敗を誇っていて、本当に強かったのを覚えている。

僕らも、メンタリティで一矢を報いようとしたんだ。

失うものは何もないし、勝つことだけを意識していた。

でも、一つのアクションが勝敗を分けるということが証明された試合だったね。

前線の3人を相手にするのは本当に難しかった。速いし、強いし、連携も抜群だったから。

でもリヴァプールの3人とやり合って、ここにきてからの自分の成長を感じることができた。

 

4ヶ国でプレイしてみて、気に入った国

どの国も違いがあって好きだよ。

オランダのブレダは寒くて雨もよく降るけれど、本当に美しい国だった。

小さな街なんだけど、本当に素敵でフットボールも含め、雰囲気が抜群によかった。

スペイン… スペインに関しては、もはや完璧だから説明不要だよね。

ブラジルは、楽園のような場所だった。

マラカナン(フラメンゴホームスタジアム)でプレイしたときの気持ちは、言葉では言い表せない高揚感があった。

そして、今はロンドン。

ここに来て、街を探索する時間は3週間くらいしかなかったから、これから良いところを見つけていくよ。

選手として、モチベーションを維持する方法

良い選手になるためには、毎日一生懸命頑張らないといけないといつも思っているんだ。

毎日のトレーニングやウォームアップ、ジムでのセッションなど、人生の全ての時間をそこに捧げる勢いで励んできた。

これは、10歳の頃から意識していたこと。

良い選手になりたければ、日々の努力を惜しんではならないんだ。

ダヴィド・ルイスも影響を受けたという、ジョルジェ・ジェズスについて

アーセナルに加入して、ダヴィドとそれについてたくさん話をしたよ。

面白いことに、コーチ陣まで被っていたんだ。

だからダヴィドと同じ指導を受けれたことは本当に幸運だと思ったし、ピッチ上でも互いの理解を深めることができたよ。

アーセナルFCの第一印象

歴史と伝統のあるクラブという感じ。

アーセナルがビッグクラブであることは知っていたけれど、中に入って初めてアーセナルの大きさがわかった。

クラブに貢献できると思っていたから、ローンを締結できたときは胸が高鳴ったね。

アーセナルとともに戦う準備はできているから、完全移籍まで勝ち取りたいね。

ブラジルとイングランドの主な違い

ブラジルは年中、天気が良いからそこが違う!

ロンドンは、ちょっとくらいの雨でもショッピングに行ったり、赤ちゃんと一緒に公園に行ったり、普段と変わらない生活をしているけどね。

ただフットボーラーの目線でみると、トレーニングや試合の準備などが必要になってくるから、天候が悪いといろいろなことができないんだ。

負けることもゲームの一部だと言うけど、エリートスポーツマンともなると違うよね。負けたときはどうしてるの?

いい質問!

フットボールは、勝つこともあれば負けることもあるし、引き分けることだってある。

勝敗はたしかにゲームの一部だけど、自分がやっていることに信念があるのであれば、絶対に負けたくはないよね。

でも負けた時は、素直に学んだことを受け入れなければならない。

そうすれば、次の試合ではもっとうまく対処できるようになると思うし、選手として成長できると思う。

そういう考えを持っているから、勝っても負けても毎試合に出ようと思うんだ。

世界を旅して、一番美味しかった料理

どの国にも伝統的な料理があって、そういうものは好きなんだけど、選手として食事面にも気を配らなければならない。

だから、たいていの場合は家で同じようなものを食べてきた。

地のものは滅多に食べてこなかったけど、休みの日くらいは食べてみたいね。

ロックダウンの今の過ごし方

子どもと一緒に遊んで過ごしたり、天気の良い日は庭に出て遊んでいるよ!

あとは料理をしたり、子どもと一緒に床の上で動物のおもちゃで遊んだり。

ほかには本を読んだり、いろいろしてとにかく家族と一緒にいる時間を楽しむようにしているよ。

今のトレーニング方法について

気持ちとして、今をオフとは捉えていないよ。

とにかく毎日、ワークアウトをこなしている。

ダブルセッションの日もあるから、午前と午後の2回に分けてトレーニングをしたりね。

今をどう過ごしていたかで、プレイのときに差が出てくると思うんだ。

だからこそ、家でもみっちりトレーニングしているよ。休みはない。

好きなバンド

バンドは好きだけど、お気に入りっていうのもないかな。

好きなバンドは…QueenとかAC/DC。

あとはスパニッシュロックやポップスも好きだし、イングリッシュポップスも聴いているから結局、全ての音楽が好きだと言えるね。

子供の頃、好きだった選手

いない。

フットボール自体が大好きだったから、個人で好きな選手はいなかった。

リーグのすべての試合をチェックして、プレイしている皆が好きだった。

本当にひとりもいないんだ。

戦った中で最高のプレイヤー

リヴァプールのストライカー3人!

サラー、マネ、フィルミーノ。

スピードとインテリジェンス、そして個性。

これが揃っているから、トッププレイヤーなんだと思う。

アーセナル抜きで最も才能を感じた選手

オランダだと、アンヘリーノ(ホセ・アンヘル・エスモリス・タセンデ)やマヌエル・ガルシア。

フラメンゴだと、エヴェルトン・リベイロ、ロドリゴ・カイオ、ブルーノ・エンヒキ、そしてガビゴール(ガブリエウ・バルボーザ)

アーセナルに来る前は、オバメヤン、ペペ、ラカ、ダニとかがそれかなって思っていた。

けど、入ったらもっとたくさんいたよ。

子どもの頃、応援していたクラブ

バレンシアが好きだった。

出身もそこだから、バレンシアを応援していたよ。

アーセナルと契約したときの気持ち

選手として人として成長できる、良いオプションだと思った。

だから、アーセナルと契約できてとても嬉しかった。

アーセナルとは、これからも一緒にやっていきたい。

 

おわりに

アーセナルプレイヤーがRedditのAMA(Ask Me Anything)に参加したのは、これで6人目。※ミキタリアン、チェフ、ジェンキンソン、ホールディング、ティアニー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿


ここまでアーセナル公式が持ち上げて、結局パブロ・マリを獲得しなかったら流石にマリが可哀想。

 

 

ひとまず、以上!