【難航】オーンステインが語る、今のアーセナル近況

【難航】オーンステインが語る、今のアーセナル近況

さて、今日のアーセナルトピックスをみなさまと共有したく存じます。

デイヴィッド・オーンステインが、Youtube『Ask Ornstein』にて、アーセナルの近況を整理してくれている。

オーンステイン『すべてが簡単ではない』

トーマス・パーティの近況

依然として、アーセナルのメインターゲットに据えられている。

この件は、アトレティコ・マドリードの視点で見ると実にシンプル。

契約解除料にあたる€50mを求めており、アーセナルがそれを払うか否かということだけ。

 

アーセナルはスワップでの取引を提案しており、候補はゲンドゥージやラカゼットが挙がっているが、アトレティコの姿勢は明確で€50mを払うか、払わないか。

一括支払いとなるため、簡単な状況ではない。

さらには、税金で数百万ユーロが上乗せされ、トーマス・パーティの週給は、£200k以上になる見通しだ。

以上のことから、状況は決して簡単なものではないだろう。

【アーセナル獲得の噂】トーマス・パーティ【Next Vieira】

 

フィリペ・コウチーニョの近況

アーセナルが、かなり最近までコウチーニョに関心を寄せていたのは分かっている。

ただ現状に関して言えば、今は追っていないようだ。

【アーセナル獲得の噂】フィリペ・コウチーニョ【サンレヒ案件】

 

オバメヤンの新契約締結について

アナウンスの有無については掴んでいない。

けれども、物事がうまく進んでいるように外からは見えているね。

まだやるべきことはあるだろうが、ポジティブに聞こえてくるし、当事者間の関係も良好のようだ。

ただ、肝心の交渉が行われているかどうかはわからない。

 

ガブリエル・マガリャンイスの近況

多くのクラブが関心を寄せているプレイヤーだ。

ナポリ、マンチェスターユナイテッド、エヴァートンが興味を持っているという情報は信用できそうだ。

それにアーセナルについても。

ただ、今の進捗はわからないし、そもそも財政的に簡単なものでもない。

【アーセナル獲得の噂】ガブリエル・マガリャンイス【南米CB左利き】

 

鍵は選手の売却か

トーマス・パーティの件については、以前と変わらず。(オーンステイン『アルテタは、CBとWGの獲得を希望している』

キャッシュで、€50mを用意できるかどうかというところか。

 

そのキャッシュを作る上でも、選手売却はひとつの鍵になりそうだ。

トレイラ&マルティネス怒りの退団示唆/メイトランド・ナイルズ退団の噂

ベン・シーフ、カラム・チェンバースに売却の噂

 

コウチーニョの件は、このまま撤退。

ガブリエル・マガリャンイスは、財務次第といった雰囲気。

 

そう言えば、ウィリアンの獲得アナウンスはいつになるのだろう。

フェアウェルメッセージを綴った、ウィリアン

ウィリアンとアーセナルは、最後の交渉の詰めと書類作成の段階に入った。

彼は、来週にGunnersに加入する予定だ。⚪️🔴

#AFC #Arsenal #transfers

 

おわりに

アルテタが見切った選手たちが、うまくキャッシュに変換できれば物事は好転しそうなものだが、難しいものだ。

マテオ・ゲンドゥージやメスト・エジルなんかは、もう気持ちが切れているように見える。

ただ、同じく放出候補のソクラティス・パパなんかは、まだエネルギッシュに見えるし、メイトランド・ナイルズのようにしれっとチャンスが与えられても不思議ではない。

 

一旦は、戦力外と見なされても、そこから這い上がってきた選手は数多くいるわけで、困窮するアーセナルに光を差す選手が現れることに期待したい。

 

ステファン・リヒトシュタイナーが現役を引退

先日のグラニト・ジャカのインタビューでも話題に出ていた、無所属となっていたリヒトシュタイナー。(グラニト・ジャカ『ギブアップの選択肢はなかった』

出典:transfermarkt.com/

この度、現役を引退するということで、代表でもお目にかかれなくなってしまった。

残念だが、お疲れさま。そして、ありがとう!

 

 

ひとまず、以上!