【アルテタELデビュー戦】ELラウンド32 1stレグ オリンピアコス v アーセナル プレビュー

【アルテタELデビュー戦】ELラウンド32 1stレグ オリンピアコス v アーセナル プレビュー

久々のELのゲーム。

グループステージをトップで通過したアーセナル。(【アーセナル首位通過】EL-GS 6節 スタンダール・リエージュ v アーセナル 試合結果

いよいよ、トーナメント戦が始まる。

 

決勝トーナメント1回戦(ラウンド32)の相手は、CLのグループステージから落ちてきたオリンピアコス。

出典:ja.wikipedia.org/

 

久々のEL & 久々のオリンピアコスとのゲームは、日本時間の2月21日 (金) 05:00から。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Next in the Europa League: Olympiacos 🇬🇷 #arsenal #afc #ueldraw #uel #coyg #gunners

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

 

アルテタ『初のUEFAに興奮!』

マネジャーとして初めてのEL

  • 我々にとって、もうひとつの大きな大会。
  • 昨年に引き続き、今季もELは重要な位置付けにある。
  • オリンピアコスについて、同郷のパパ(ソクラティス)が我々にどういうゲームになるか認識させてくれた。
  • しっかりとした準備を行う必要がある。

ELでの指揮

  • マネジャーとして、ヨーロッパの大会は初戦になるのだから当然、興奮している。
  • ヨーロッパでのゲームというものは、プレミアリーグとは全く異なってくる。
  • 対戦相手のプレイスタイルに適応し、それに合わせて準備を整えていく必要がある。
  • 準備は必要だが、チーム原則の根本は変わらない。
  • UEFAの大会でもプレミアリーグでも、クラブとしての方向性は変えずに、勝つ姿勢を貫いていく。

同郷ソクラティスからのフォロー

  • オリンピアコス、ギリシャのこと、ファンの気質などを共有している。
  • アウェイである以上、ホームとは違ったゲームになる。
  • タフなゲームになると予想できるだろうし、事前の準備が大事になってくる。

今季のELでの目標設定

  • 前提として、1試合ごとにフォーカスしていかなかればならない。
  • どの大会でも例年通りいくことはないし、戦う相手も異なっていく。
  • 昨年と今年を容易に比較することはできないが、目標は変わることはなく、優勝しか見えていない。
  • 我々のようなクラブは、参加する全ての大会で優勝を目指す必要があり、どの大会でもそれは変わらない。

マテオ・ゲンドゥージが不在であったことについて

マテオ・ゲンドゥージとアルテタが不仲…?

  • チームセレクションは、トレーニングの姿勢やプレイスタイル、日々の振る舞いで決定している。
  • それ故、毎週異なったセレクションになる。
  • その時々にしっかりとした外した理由があり、週によってその理由も変化していく。

パブロ・マリがU23でプレイしたことについて

パブロ・マリが実戦デビュー

  • 直接みることはできなかったが、ゲームはチェックした。
  • ベレリンとセバージョスもマリのことをフォローしてくれている。
  • うまくチームに適応していると思うし、先日のゲームでもよくやっていた。

若手の起用とローテーション

  • 15日間のウインターブレイク後、1試合しかプレイしていないこともあり、ベストな布陣で臨む予定。
  • ローテーションを念頭に入れると怪我などがあった場合、コントロールが難しくなる。
  • 明日のオリンピアコス戦はベストなチームで臨んで、残りは都度調整していく。

 

ソクラティス・パパ『滅多にない母国との対戦』

母国のクラブと対戦する意義

  • 自分にとって、非常に大きな意味を持つゲームになる。
  • そうそうない機会であり、ここに向けてベストな調整をしてきたつもり。

見事なゲームだった、PLニューカッスル戦

【不穏な雰囲気】PL26節 アーセナル v ニューカッスル 試合結果

  • 我々は、新しいマネジャーから多くのことを学んでいる。
  • プレイスタイルなどを含め、ゲームを楽しめている。
  • 毎週のゲームから学びを得て、改善していき、良いチームになっていきたい。

チームの雰囲気について

  • スタジアムの雰囲気やファンの熱気などチームメイトと共有してきた。
  • チームは、オリンピアコスと対戦することを誇りに思っている。
  • 非常に熱く、厳しいゲームになるだろう。

 

オリンピアコス戦の怪我人情報

パブロ・マリ

  • 起用可能。

ルーカス・トレイラ

  • 病気中だが、回復すればアテネに向かう予定。

メスト・エジル

  • 個人的事由により、欠場。

セドリック・ソアレス

  • 膝の負傷。
  • 2月末のフルトレーニング復帰を目指す。

キーラン・ティアニー

  • 12月のウエストハム戦で、肩を脱臼。
  • 2月末のフルトレーニング復帰を目指す。

カラム・チェンバース

  • 12月のチェルシー戦で前十字靭帯を断裂。
  • 復帰まで、6~9ヶ月かかる見込み。

 

試合の見どころ

Goonerとして期待している結果は、アーセナルの勝利以外にない。

こういったコンペティションで気になることは、プレミアリーグではファーストチョイスではない選手の起用である。

パブロ・マリは起用されるのか

先日のU23で実戦デビューを果たしたパブロ・マリ。(パブロ・マリが実戦デビュー

チームニュースでは、起用可能とのこと。

マリのファーストチームデビューとなるのか楽しみにしたい。

メスト・エジルは欠場

クラブの発表は「個人的な事由」

どうやら奥さんの出産に立ち会う予定のようだ。

マテオ・ゲンドゥージとアルテタの衝突

今回のカンファレンスでも話題に挙がったゲンドゥージの件。

一応、今回のオリンピアコス戦のスクアッドに入っているようだが、起用されるのか気になるところ。

チームニュースのアップデート

トレイラが体調不良で欠場とのこと。

エジルは妻の出産のため帯同せず。

マリとゲンドゥージはヨーロッパのスクワッド入りを果たしている。

 

どうせなら、プレスには衝突の有無についても聞き出して欲しかった。

 

おわりに

だれが起用されるのか。

最近は、SNSを更新したら起用されるのが常である。

ガブリエル・マルティネリ、グラニト・ジャカ、ダニ・セバージョスあたりは試合に向けて、SNSを更新している。

彼らがスターティングになるのだろうか。

ガビ・マルティネリ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ready 🔴⚪️

Gabriel Martinelli(@ga_martinelli01)がシェアした投稿 –

グラニト・ジャカ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Never stop working, always keep improving. Next stop: Greece 🇬🇷 #GX34

Granit Xhaka(@granitxhaka)がシェアした投稿 –

努力を惜しまない。

常に改善し続ける。

次なる戦いはギリシャ 🇬🇷

#GX34

ダニ・セバージョス

🔴⚪ 明日のヨーロッパリーグの重要な試合に向けて集中!

みんなで一丸となって戦おう!💪⚽💪 🔴⚪

 

スターティングに思いを巡らしながら、明日2月21日 (金) 05:00からのオリンピアコス v アーセナルの試合に備えよう。

 

 

ひとまず、以上。