【ユングベリ初戦】PL14節 ノリッジ v アーセナル プレビュー

【ユングベリ初戦】PL14節 ノリッジ v アーセナル プレビュー

エメリ解任後初の試合。

後任は、フレドリック・ユングベリ。

スタッフ陣含め、アーセン・ヴェンゲルの教え子たちが団結して、チームの立て直しに邁進している。

トレーニングは1度しか実施できていないため、即座になにか変わるとは思えない。

ましてや苦手なアウェイということもあり、劇的な改善は無理だろう。

 

それでも、現体制には期待しかない。

Goonerが注目する、運命の試合は、本日の23:00開始である。

フレディ・ユングベリの初戦

ペア・メルテザッカーも補佐役として、サポートに回る。(ユングベリ・アーセナルが始動する

ルーカス・トレイラは、適正ポジションで起用されるはず。

 

負傷者は5名のアーセナル

なんやかんやで、怪我人は増えてきている模様だ。

  1. ダヴィド・ルイス

    胸部(肋骨)の負傷

  2. シュコドラン・ムスタフィ

    左足の負傷

  3. ヘクター・ベレリン

    ハムストリングの張り

  4. セアド・コラシナツ

    ハムストリングの負傷だが回復し、出場可能

  5. ダニ・セバージョス

    左ハムストリングを負傷。12月中旬復帰予定

Arsenal Update

オバメヤン、ソクラティスとトレイラをイジる

何回も見ていると面白くなってくる。

そもそもいい大人がなぜ、このような体勢になったのだろうか。

 

マウリシオ・ポチェッティーノが今季PLを率いることはない?

なにやら、トットナム(ToT)解任時に約束事を結んだようだ。

今シーズンPLクラブを率いた場合、£12.5mをトットナム(ToT)支払うことになるとのこと。

エクスプレス曰く、

マウリシオ・ポチェッティーノは、解雇されたときトットナムとある条件で合意したようだ。

彼が今シーズンのプレミアリーグで仕事をする場合、ポチェッティーノはトットナムに『£12.5m』を支払わなければならないだろう。

 

そこまでするものなのか、こういう決め事ってあるのか。

とはいえ、これが事実だとすると彼がアーセナルを率いる可能性もグッと下がるだろう。

 

おわりに

とりあえず、今日の試合は楽しみだ。

もし、これでアウェイフォームが上出来であったら『原因はエメリだった!』と叩かれてしまうのだろうか。

どういうメンバーで挑むのか、起用方法など含めて楽しみである。

こうなったらとことん試して、ユングベリのベストを出し切ってほしいものだ。

レジェンドのユングベリということで、Goonerも猶予を与えることに異議は唱えないだろう。

 

 

ひとまず、以上。