PL34節 ニューカッスル v アーセナル プレビュー

PL34節 ニューカッスル v アーセナル プレビュー

マッチデイ!

今回も中2日の過密日程ということで、Gunners御一行はバレンシアでトレーニングセッションに入っている。

そんなこんなで、プレミアリーグも残すところあと5試合。

この終盤になっても『10位』と似たようなところを行ったり来たりのアーセナル。

今季のPLルートはどこに繋がっているのか、未だに見えてこないまま、もう終わりを迎えようとしている。

さて話は変わって、4.26にCovid-19の濃厚接触者になった私だが、ようやくPCR検査結果報告が届いた。結果は陰性。

精神的に安心して、ニューカッスル戦を見ることができそうだ。

Newcastle United v Arsenal (A)
5月 2日 (日曜日)⋅22:00~23:45

ニューカッスル戦 怪我人情報

アレクサンドル・ラカゼット

  • 32節フラム戦で、左ハムストリングを負傷。
  • フルトレーニングに復帰したが、今節は欠場する。
  • 木曜日のビジャレアル戦に照準を合わせている。
【VAR FC】PL32節 アーセナル v フラム 試合結果

キーラン・ティアニー

  • 30節リヴァプール戦で、左膝靭帯損傷。
  • フルトレーニングに復帰したが、今節の出場可否については確認中。
【台無し】PL30節 アーセナル v リヴァプール 試合結果

 

チームニュース。

ビジャレアル戦前のプレスカンファレンスで『全員復帰』と語ったミケル。

ラカゼットもティアニーもフルトレーニングには入ってきている模様。

しかし、復帰したばかりでしばらく調整に時間を割く必要がありそうだ。

ちなみに、ウーデゴールは33節エヴァートン戦、オバメヤンとダヴィド・ルイスはELビジャレアル戦でスクワッドに復帰済み。

 

ニューカッスル戦 プレスカンファレンス

Arteta on Newcastle, Auba, team news and more

ビジャレアル戦の総括…

  • アウェイゴールを奪った点は大きいが、結局は試合に勝たなければならない。
  • 私たちのスタジアムで決勝進出を決めれるかどうか、それは自分たちが握っている。
【失策】EL/準決勝 1stレグ ビジャレアル v アーセナル 試合結果

ニューカッスル戦はローテーション?

  • 誰が起用できるのかを見極める。
  • ビジャレアル戦、選手は長い時間で非常に厳しい試合を戦った。
  • 明日のトレーニングで評価して、適切なラインナップを選ぶ。

オバメヤンのフィットネス…

  • フィジカルがまだスターティングに必要なレベルに達していない。
  • 昨日は数分しか出ていないが、ピッチに送り出せたのは良いニュース。

ニューカッスル戦の展望…

  • 非常に組織化されたチームで最近は良いプレイをしているため、タフな戦いになる。
  • プレミアリーグは特定のチームに限らず、試合の数だけ難敵がいる。

ジョー・ウィロックの活躍…

  • 彼をとても気に入っている分、手放すのが惜しかったが、試合に出て経験を積む必要があった。
  • ニューカッスルでは大事な局面で活躍して、いくつかの重要なゴールを決めているから成長を感じる。
【Loan watch】アーセナル、夏の大セール計画!

PLとEL、どちらを優先する?

  • 私たちがコントロールできるのは、パフォーマンスと結果のみ。
  • プレミアリーグは上位陣との兼ね合いから、ハンドリングできる範囲外にあり、ELが今季の正念場ということは理解している。

ニコラ・ペペのELパフォーマンス…

  • この数ヶ月で彼は大きく成長した。
  • 驚異的な熱量で、多くの試合で安定的に成果を出している。
  • パフォーマンスには本当に満足していると同時に、これからもこの状態を維持せねばならない。

『自信』がペペにもたらす効果…

  • すべての選手にとって『自信』は非常に重要。
  • フィールドに立つたび、選手が安心感を持ち、守られていると感じ、監督やチームメイトからサポートされていると感じればパフォーマンスに表れてくる。
  • 彼は非常に良くなっているが、それはこれらすべてが混ざり合って生まれた結果。

エラーから立ち直ったレノについて

  • エラーもフットボールの一部。誰にでもあること。
  • ベルントは昨夜、正しい反応を見せたと思う。
【呆れ】PL33節 アーセナル v エヴァートン 試合結果

 

ペペに対し、再三にわたって『これを維持しなければ…』と語るミケル。

ペペの値札を見て判断するもの申し訳ないと思いつつ、もっと脅威になってほしいところ。

Opta曰く、今季のELでペペ以上に得点とアシストを記録した選手はいないようだが、そんなところで収まってほしくないのだ。

 

期待感で言えば、パーティも同じ。

ときたま、鋭いパスを通すのだが、いつもショットの精度にがっかりしてしまってパスの印象が薄れてしまう。

 

ふたりともこんなもんじゃないだろう….。

 

予想スタート by Guardian

ガーディアンは、がっつりローテーションを組むと予想している。

ディフェンスに定評のあるRBチェンバースが外れることで、ジャカのLBも解除されるという読みのようだ。

しかしまあ、ここまで大きくは変えてこないだろうが、PLでの具体的目標が見えてこない今、思い切ったセレクションで楽しませてほしかったりする。

 

試合結果予想

Skysports/予想 [2-1 Newcastle]

現在の状況からすれば、ニューカッスルが有利であることは間違いないだろう。

アーセナルは直近のプレミアリーグ5試合のうち、勝ったのは最下位シェフィールドとの1試合のみ。

さらに遡ってみても直近リーグ13試合で4勝しかしていない。

ニューカッスルは、直近8試合でたったの1敗。

プレイスタイルも危険なエリアに素早くボールを入れる方針に切り替わっており、ここ4試合はPL最多のチャンスクリエイトを記録している。

BBC/予想 [2-1 Newcastle]

アーセナルは今、ヨーロッパリーグを優先しなければならない。

Gunnersは一貫性が皆無なため、ニューカッスルに軍配が上がるだろう。

ニューカッスルは直近4試合、負けなしの2勝2分という数字を残しているが、なによりも攻撃陣が揃ってきたことが大きな違いとして表れている。

 

非情な予想ではあるが、こうなれば怖いものなしだ。

どんな結果になっても受け入れられる。

 

おわりに

もう、長いことプレミアリーグの順位表を見ていない。

なぜなら、アーセナルはどうせ『9位』か『10位』にいるからだ。

ニューカッスルは、降格圏との差を広げるというモチベーションがあるだろう、しかしアーセナルのモチベーションはなんだろう。

そして、応援するファンのモチベーションはどこにあるのだろう。

私はわからない、とにかく両チームとも怪我人なしで終わることをひたすら願っておこう。

 

ニューカッスルのウィロック

この試合には、契約の関係で出れないであろう絶好調ジョー・ウィロック

ニューカッスルに移ってから10試合で4ゴールを挙げているというのだから驚きしかない。

助っ人のダニ・セバージョス & マルティン・ウーデゴールが、今季でアーセナルを去るという話が出ているし、ウィロックにとっては追い風になりそうだ。

 

20/21 PL Arsenal

Round Opponent Result Position
1 FUL(A) Win 1
2 WHU(H) Win 3
3 LIV(A) Loss 5
4 SHU(H) Win 4
5 MCI(A) Loss 5
6 LEI(H) Loss 11
7 MUN(A) Win 9
8 AVL(H) Loss 11
9 LEE(A) Draw 12
10 WOL(H) Loss 14
11 TOT(A) Loss 15
12 BUR(H) Loss 15
13 SOU(H) Draw 15
14 EVE(A) Loss 15
15 CHE(H) Win 15
16 BHA(A) Win 13
17 WBA(A) Win 11
18 CRY(H) Draw 11
19 NEW(H) Win 10
20 SOU(A) Win 9
21 MUN(H) Draw 10
22 WOL(A) Loss 10
23 AVL(A) Loss 11
24 LEE(H) Win 10
25 MCI(H) Loss 11
26 LEI(A) Win 10
27 BUR(A) Draw 10
28 TOT(H) Win 10
29 WHU(A) Draw 9
30 LIV(H) Loss 10
31 SHU(A) Win 9
32 FUL(H) Draw 9
33 EVE(H) Loss 10
34 NEW(A)
35 WBA(H)
36 CHE(A)
37 CRY(A)
38 BHA(H)

 

 

ひとまず、以上。

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!