アーセナルのムスタフィが代理人を変更/ヤングガンはローンの旅へ

アーセナルのムスタフィが代理人を変更/ヤングガンはローンの旅へ

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

ご査収のほど、よろしくお願いいたします。

ムスタフィが代理人変更、なにを意味するのか

選手の代理人が変わることは、なにを意味するのか。

様々な理由があるだろうが、ムスタフィに関して言えば、代理人がムスタフィの希望に応えてくれないということが考えられそうだ。

 

つまり、アーセナルから出ていきたいが故の代理人変更ではないかと見られている。

いよいよ、そのときが近づいているのかもしれない。

 

タイリース・ジョン・ジュールスはローンへ

アーセナルの18歳のFWは、ローンで修行を積むと見られている。

タイリース・ジョン・ジュールスの19/20シーズンは、3部のリンカーン・シティで過ごすことに決まりそうだ。

 

エミル・スミス・ロウもローン

ハダースフィールド・タウンが、エミル・スミス・ロウのローン獲得を画策中。

ミケル・アルテタは、エミル・スミス・ロウを高く評価しているものの、今はローンで経験を積んでほしいと考えている様子。

 

おわりに

ネルソンの代わりにアレックス・イウォビを売却

イウォビは大好きな選手だったので、彼の移籍は本当に哀しかったが、エメリはネルソンに未来を感じたようだ。

アーセナルは、リース・ネルソン売却のオファーがあったが、ウナイ・エメリはオファーを拒絶。

ネルソンの将来に期待し、アレックス・イウォビを代わりに売却した。

 

ローンの動きがちらほら出ているものの、獲得の動きはあまり活発ではないアーセナル。

冬は獲得に動かないという噂もあり、ナタン・アケの獲得を渇望しているが、叶わぬ夢なのかもしれない。(【ナタン・アケ!】アーセナルのカラム・チェンバース、前十字靭帯断裂でシーズンを終える

 

 

ひとまず、以上!