アーセナル、マン・シティ化を図る/ティアニー手術終える

アーセナル、マン・シティ化を図る/ティアニー手術終える

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

ご査収のほど、よろしくお願いいたします。

まだ決まらないアルテタ・アーセナルの発表

 マリッジブルーなミケル・アルテタ

アルテタは、ナーバスになっている。

アーセナルに行くべきか、マンチェスター・シティで将来的にヘッドコーチになるか。

 

ペップもどうなるかわかっていない

アーセナルとミケルは話をしているものの、どうなるのかはわからない。

明日のカラバオカップ、オックスフォード戦へは共に帯同する。

 

アーセナルはシティのスタッフも連れていきたい

アルテタがアーセナルに来るのであれば、

マンチェスターシティのスペイン人コーチである、ロドルフォ・ボレルとドメネック・トレントもアーセナルへ来る可能性がある。

 

マンチェスター・シティのスカウティング担当である、サム・ファグベニも連れていきたいアーセナル。

2015年から2017年の間、ファグベニはアーセナルのアカデミーで仕事をしていた。

 

これが全て実現したらアーセナルは安泰?

アルテタ云々の前に、アーセナル上層部としては、ユングベリの下でも低調なパフォーマンスを継続していることに驚いている。

ユングベリの就任によって、選手たちのメンタリティの改善(やる気)に効果が出ると予想していたからだ。

ユングベリにも時間を与え、経験を積むことを期待したが、選手のリアクションに変化がみられなかった。

選手の中には、ユングベリとメルテザッカーのトレーニングに不満を口にするものもいるようだ。

 

選手たちは十分な基準に達していない。

フレディ、君はそれを教えなくちゃならない。

 

優秀なスタッフを招聘しても、やる気がないならダメかもしれない。

こういうとき、ベテランがいると良いのだけど…。

というか、まだ環境のせいにしているのか。(選手自身もマネジャーの問題ではないと自覚

いい加減、自覚を持ってほしいものだ。

 

キーラン・ティアニの手術は無事成功

オペ終了✔

不味いスープ完飲✔

多くの愛あるメッセージをくれてありがとう。とても救われたよ。

ちゃんと笑いどころも作ってくれるなんて、流石!

とりあえず、3ヶ月離脱予定のティアニ。

万全での復帰を願う!

 

 

ひとまず、以上!