ゲンドゥージとアルテタ衝突の真相/オバメヤンの凄さを訴えるガリー・ネヴィル

ゲンドゥージとアルテタ衝突の真相/オバメヤンの凄さを訴えるガリー・ネヴィル

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

今回は、ニューカッスル戦で話題になったゲンドゥージとアルテタの衝突に関して。(【最高の試合の影に不穏な雰囲気】PL26節 アーセナル v ニューカッスル 試合結果

メディアがただ騒いでいるだけかと思いきや、オーンステインがこの件について言及。

お騒がせなマテオ・ゲンドゥージ

デイヴィッド・オーンステインによると、

チームメイトと口論になり、ニューカッスル戦はアウト

  • マテオ・ゲンドゥージがニューカッスル戦で外されたのは理由は、チームメイトと口論になったから。
  • ドバイキャンプ中のトレーニングで、チームメイトと激しい口論に発展。

以前にも規律の面で注意を受けた、ゲンドゥージ

  • テクニカルディレクターのエドゥからも別件で、叱責を受けている。
  • ドバイで参加した音楽イベントで、ゲンドゥージはシャツを投げ捨てるなど品位に欠ける行動を取っていたとのこと。

アルテタの方針を全面支持のアーセナルチーム

  • 今回の件について、スクアッドもスタッフもアルテタの考えを支持している。
  • ゲンドゥージに関しては、追加の処罰は行われない。
  • その後のパフォーマンスをアルテタは評価している。

 

この件は、もう水に流しているとのことで、今後のゲンドゥージのパフォーマンスに期待したい。

前節のエヴァートン戦では、ブカヨ・サカについてコメントを残していたが、ゲンドゥージ含め、若手全体へのメッセージだったのかもしれない。

ミケル・アルテタ(【いらない子なんていない】PL27節 アーセナル v エヴァートン 試合結果

『地に足をつけてプレイできるよう、我々もサポートしていかなければならない。』

 

ゲンドゥージに追加のペナルティは課されないということで彼も十分反省しているのだろう。

口論の相手とその理由も気になるが、ゲンドゥージのみがペナルティを受けたと考えると、どちらに非があるのは明らかだ。

 

オバメヤンは、過小評価されている?

ガリー・ネヴィル

🗣『どうして我々は、オバメヤンをワールドクラスのカテゴリーに入れて論じないのだろうか。』

元マンチェスターユナイテッドのガリー・ネヴィル(Gary Neville)がアーセナルのエースの凄さを説いている。

 

オバメヤンについて語るガリー・ネヴィル

出典:skysports.com/
  • オバメヤンの活躍を見ていて、正当に評価されているとは思えない。
  • リヴァプールやマンチェスターシティにいたら、評価も変わってきたように思えてならない。
  •  プレミアリーグの過去のデータと比べても、オバメヤンはとても優秀だ。
  • さらに、その優秀なスタッツを2年も継続して残している。
  • リーダーが不足しているアーセナルではそのスタッツは更に際立っている。
  • そして、それに驕ることなく、常にチームのためにハードワークを欠かさない。

 

こういったデータを見ると、ストライカーとして際立った数字を残していることがよくわかる。

クン・アグエロ(Kun Agüero)の数字も驚異的だ…。

出典:arsenal.com/

ガリー・ネヴィルの言うように、PL得点ランキングトップタイにもかかわらず、大きな話題になっていないのは不思議なことだ。

それにしてもウイング起用で、ディフェンスにも貢献しつつ、点を奪うとは素晴らしい。

いつぞやの、クリスティアーノ・ロナウドのようだ。

 

これほど優秀ならば、他のクラブがオバメヤンに触手を伸ばすのも当然だ。

 

 

ひとまず、以上!