PL3節 マンチェスターシティ v アーセナル プレビュー

PL3節 マンチェスターシティ v アーセナル プレビュー

ようやくアーセナルらしい勝利を目撃することができて、不思議と体が軽い。こんな日が毎週あればいいのに。

カラバオカップ快勝を経て、次なる相手はPLアウェイMan City。

昨季も5節と比較的早い段階であたった結果、『1-0』で敗れているが、昨季よりも今季のほうが悩みのタネは多い。

ミケル体制になってBig6との戦績は易化傾向にあるといっても、PLシティ戦では苦杯を嘗めてばかりのアーセナル。

ここいらで一矢報いてほしいものだが、うーむ。

Manchester City v Arsenal (A)
8月28日 (土曜日)⋅20:30~22:15

Man City戦 怪我人情報

Team news: Saka, White, Tierney

Bukayo Saka

  • 水曜日に行われたウエストブロム戦で膝を強打。
  • フルトレーニング復帰済み、起用可能。

Hector Bellerin

  • 右太腿の故障により、直近2試合を欠場。
  • フルトレーニング復帰済み、起用可能。

Gabriel Magalhaes

  • ブラジルオリンピック代表チームで右膝を負傷。
  • トレーニング復帰済み。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gabriel Magalhães(@_gabrielmagalhaes)がシェアした投稿

Alex Runarsson

  • Covid-19の陽性反応が出たため、直近の試合を欠場。
  • フルトレーニング復帰済み。起用可能。

Thomas Partey

Eddie Nketiah

Ben White

Willian

 

ぞくぞくと戦線復帰してきている。

確実にアウトなのは、Gabriel Magalhaes, Thomas Partey, Eddie Nketiah, Ben White, Willianの5名か。

とりあえず、サカが無事ということ、オバラカ両名がウエストブロム戦で復帰している事実は明るい材料だ。

Skysportsによると、シティはKevin de Bruyneが欠場の見通しということで、攻撃の核をひとつ失った状態になりそうだ。

アーセナルと同様、シティも開幕戦を落としたチームだが、2節目のノリッジ戦では『5-0』と快勝。

下手に出るのも癪な相手だが、もう少し戦力を落としてほしいものだ。

 

シティ戦 プレスカンファレンス

Arteta on City, transfers, Auba: full transcript

WBA戦で自信をつけた…

  • 負けた後は、すぐにでも勝って上書きしたい。
  • ビッグパフォーマンスでカラバオ3回戦進出を決めて、今はマンチェスターでのチャンピオンとの試合に集中している。
  • マンチェスターの地で勝てば、大きなターニングポイントになる。
【ようやく】カラバオ2回戦 ウエストブロム v アーセナル 試合結果

負傷者の懸念…

  • 前の試合で1人か2人の負傷者が出ている。
  • ブカヨは試合後、打撲により足を引きずっていた。今日確認する。

 Aubameyang, Lacazette, Odegaardの重要性…

  • ビッグプレイヤーの獲得は、どのチームであっても大きな助けになる。
  • オバとラカは私たちのゴールスコアラーであり、彼らの得点力がチーム最大の脅威となっている。
  • マルティンは加入したばかりだが、クオリティの高さでチームを救っている。
  • 他にもまだ出場できない選手がいるが、早々に復帰してチームに厚みをもたらすことを期待したい。

土曜日にウーデゴールは先発するか…

  • フィットしており、万全の状態にある。
  • 昨日の試合からどこまでリカバリできるか、そして他の選手の状態を見て判断する。

RBのオプション…補強するのか、移籍するのか、誰が1stチョイスなのか。

  • ヘクター、セドリック、カラム、エインズリーといった資質の異なる選手を抱えている。
  • プレシーズン中に多くの問題が発生し、Covidや怪我が重なってプレイできていない選手もいる。
  • 対戦相手や各選手のコンディションを見て、その都度考える。

Manchester Cityに対抗するには…

  • ゲームの流れを読み、万全のメンタリティで臨み、ボールがない場所でも走り続け、危機を察知して耐え忍ぶことが必要。
  • 流れは来ると確信を持ち、そのときがきたらモノにすることを忘れてはならない。
  • その姿勢を私は望んでいるし、私は選手が全力で望まれる結果を掴み取ると信じている。

Covidで離脱中の選手…

  • ベンとアレックス・ルナルソンがアウト。
  • 残りはテストの結果によるが、大半は怪我での離脱。

CFオバメヤンのインパクト…

  • 彼はサイドでもフロントでもプレイ可。
  • No.9よりもウイングとして起用したときのほうが多くのゴールを決めたシーズンもある。
  • まだベストな状態ではないが、継続的にゴールに絡めれば自信に繋がる。
  • チームで彼を絶好のポジション置ければ、必ずや決めてくれるだろう。

新たな選手獲得の予定…

  • わからない。
  • 加入や退団だけでなく、更新を含めると16,17の契約に着手したことになり、かなりの数に達している。
  • 交渉中のものがあるため、これから動きは出てくるだろう。

Pep Guardiolaの教えで価値のあったもの…

  • 自分を信じること、困難な状況でも貫くこと、そしてクラブ全体にそれを伝播すること。その上ですべての決断がその信念に則って行われること。

pep arteta

戦線復帰、新加入、勝利によって勢いが出た…

  • ベストプレイヤーとチームにフィットした選手が揃えば、通常の準備が可能になる。
  • 今は6~7選手が欠けているが、明日のうちにトレーニングまで持っていけたら、ピッチに送り出すこともできる。

アーセナルマネジャーの職は楽しいか…

  • 私にとっては、これまでのフットボール人生で最高の経験。

進退に関する憶測…

  • 着任時から緊迫感を持っていた。
  • 状況を打開するため、多くの分野を改善し、勝利とトロフィを勝ち取ることを目指してきた。
  • 不安感、成功欲求といった姿勢は常に持つべきであり、そのためにはこうした環境も必要。
【おかえり】アルテタ、アーセナルマネジャー就任コメント

Ben Whiteの容態…

  • 彼は無症状。
  • 体調は良いから、できるだけ早くトレーニングに復帰させて試合に出られる状態に持っていきたい。
試合後のベン・ホワイト『がっかりなスタートを切った』

Willianの退団報道…

  • 彼ならびに代理人と話し合っている。
  • (アーセナルでうまくいかなかった理由…)わからない。今のところ、彼はアーセナルの選手であり、ここにいる間は能力を最大限に引き出そうとしているが、どうなるかはわからない。

一定のオファーなら誰でも退団容認…

  • わからない。
  • 財務の都合もあるだろうが、そのような問いはエドゥやボードに投げるべき。

Sead Kolasinacの起用は残留を意味する…

  • No, セアドの日々の振る舞いの結果。
  • 私たちは公平でありたいと思っている。
  • 彼は私たちの選手であり、私たちは以前と全く同じように接している。

 

予想スタート by Guardian

 

試合結果予想

BBC/予想 [2-0 Man City]

水曜日のCarabao Cupでアーセナルがウエストブロムに『6-0』で勝利したことは、表面上はとてもよく見えるが、相手は5人の選手がデビューして、中には10代の選手もいたことを忘れるべきではない。

土曜日に戦うメンバーとは対照的であり、相手は誰もがリーグ優勝を期待しているManchester City。

アルテタにとって鬼門になるのが、インターナショナルブレイク明けの5~6試合。

そこでもし、『4-0』や『5-0』のような大敗を喫すれば、大きなプレッシャーがかかるだろう。

彼らは新戦力に£140mを費やしており、オーナーのStan Kroenkeも心配しているに違いない。

 

なかなか厳しい予想だ。予想すら夢を見させてもらえない。

予想を覆す良い試合をお願いしたいネ!

 

アーセナル移籍ゴシップ

Houssem Aouar

  • Mirror『フセム・アワールはマーケット終了までアーセナルのターゲットであり続け、最も可能性の高いオプションはローン』
  • Fabrizio Romano『アワール側から逆オファー有り。返答はまだない』

Miguel Azeez

  • Charles Watts『3部ポーツマスへローンの噂』

Ainsley Maitland-Niles

  • Skysports『EvertonがRB補強のため、ローンでの取引を望んでいる』

Eddie Nketiah

  • PA Sport『Crystal PalaceとArsenalの間で交渉が続いている』

 

おわりに

フセム・アワール陣営からAFCに獲得オファーを出したという話が出てきている。

けっこうなお手頃価格という認識だが、他のクラブが獲得に乗り出さないのには、なにかワケでもあるのだろうか。

アワール代理人『なんでマディソン獲りに行くん。(´;ω;`)ウッ…』

 

ああ、マンチェスターシティを叩いて、つぎの1週間の活力にしたいなあ。

ミケルにはいい加減、プレミアリーグで出藍之誉の師匠越えを果たしてほしい。

 

 

ひとまず、以上。

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!