アーセナルプレイヤーのローン決まる/ ジャカ兄が弟グラニトを語る

アーセナルプレイヤーのローン決まる/ ジャカ兄が弟グラニトを語る

先日から話題が出ている、アーセナルの若手選手のローン検討について遂に公式に発表された。

エミル・スミス・ロウは、ハダースフィールド・タウン

エミル・スミス・ロウは、2部のチャンピオンシップカテゴリに属するハダースフィールドへのローンが正式に決定した。

19歳のMFエミル・スミス・ロウは、昨年にブンデスリーガのRBライプツィヒへローンで移ったものの、怪我もあり満足に経験を積むことができなかった。

彼が今よりもさらに、大きくなってアーセナルに帰ってくることを期待しよう。

 

うまくフィットできれば、15-20試合は出れるかもしれない。

 

タイリース・ジョン・ジュールスは、リンカーン・シティ

タイリース・ジョン・ジュールスは、 3部のリンカーン・シティへのローンが正式に決定。

アーセナルアカデミー出身の18歳FWである、タイリース・ジョン・ジュールス。

最近は、ファーストチームにも呼ばれることがあったが、ひとまず実践的な経験を積むことになったようだ。

 

ジャカ兄『弟はプレミアリーグに留まりたい』

FCバーゼルに所属しているグラニト・ジャカの実兄タウラント・ジャカ。

グラニト・ジャカの去就についてインタビューに応えた。

電話で話した、兄タウラントと弟グラニト
  • グラニトは、ブンデスリーガは魅力的であるが、PLに留まりたいと言っていた。
  • ミケル・アルテタにも満足しているようであった。
  • あのジャカの乱(【クラブの危機】ジャカの問題行動のまとめ)から状況は変わりつつあり、ファンもグラニトに対して肯定的になっていると思う。

 

兄もプロフットボーラーなのに、簡単に裏事情を話してしまうものなのか。

 

これ以上、余計な憶測が流れないようにストップをかけるためと考えれば、お兄ちゃんが発言することを許可されたという見方もできそうだ。

何はともあれ、ミケル・アルテタが残ってほしいと言っていた選手が留まったことは明るい材料に他ならない。

 

おわりに

これでローン検討中のヤングプレイヤーのうち、去就が決まっていないのは、エディ・エンケティアのみとなっている。

続報を待とう。

シュコドラン・ムスタフィの去就や新たなDFの獲得など、今後の移籍市場でのアーセナルが楽しみだ。

 

 

ひとまず、以上!