アーセナルGKデヤン・イリエフはポーランド/FWエンケティアは残留

アーセナルGKデヤン・イリエフはポーランド/FWエンケティアは残留

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

ご査収のほど、よろしくお願いいたします。

GKデヤン・イリエフ ポーランド1部へローン

スロバキア1部のŠKFセレヂへのローン期間が終了した24歳のマケドニアGKデヤン・イリエフ。

今度は、ポーランド1部のヤギエロニア・ビャウィストクにシーズン終了までローンで修行することに決定している。

 

チェルシーがナタン・アケを諦める

チェルシーはナタン・アケの£40mの買い戻しを行使せず、ボーンマスのチームメイトであるカラム・ウィルソンのオファーも行わないという。

個人的にアーセナルに獲得してほしいDFナタン・アケ。

彼の獲得に関心を寄せていた古巣チェルシーは、アケの獲得を諦めたとのこと。

 

エディ・エンケティア残留の方針…?

アーセナルのサイトによると、

エディ・エンケティアは、ブリストル・シティにローンで移籍するようだ。(正式なアナウンスはまだない)

公式の発表前にエディ・エンケティアのステータスが、ブリストル・シティFCのローンにアップデートされていたこともあり、フライング告知かと話題になっていた。

 

しかし、ここにきてまさかの残留の話が浮上しているようだ。

当初は、ローンに出す予定だったエディ・エンケティア。

しかし、トレーニングの姿勢などによりミケル・アルテタの評価が急上昇している。

方針を変え、ファーストチームに留まることも考えられる。

 

おわりに

夏に大規模投資に踏み切ったことで、今回の移籍市場の動きによってはペナルティに接触する可能性もあるという報道がなされているアーセナル。

残念なことにナタン・アケの獲得は、見送られそうな空気が漂っている。

エディ・エンケティアの残留の噂は少々驚きではあるが、得点のほとんどをオバメヤンに頼っているのでエンケティアに期待を寄せるのも無理はないだろう。

 

 

ひとまず、以上!