【問題が山積み】ELFカップ ベスト16 リヴァプール v アーセナル プレビュー

【問題が山積み】ELFカップ ベスト16 リヴァプール v アーセナル プレビュー

今のアーセナルは様々な問題を抱えている。

ウナイ・エメリのマネジャーとしての資質、冷遇されるメスト・エジル、そしてグラニト・ジャカの問題行動。

 

アーセナルが抱えている問題は多い。

多すぎると言っていいくらいだ。

そんなアーセナルが、日本時間10月31日、早朝4:30にカラバオカップでリヴァプールと対戦する。

ウナイ・エメリのプレスカンファレンス

グラニト・ジャカについて


クリスタルパレス戦での態度で絶賛炎上中のグラニト・ジャカ。(クラブの危機】ジャカの問題行動のまとめ

試合前日のプレスカンファレンスでも、さっそくこの話題を突いてきている。

グラニト・ジャカの様子について

  • ジャカは今、精神的に荒れている。
  • 昨日と日曜日の夜も会話をしている。
  • チームと一緒にトレーニングをしたが、彼はの心は荒んでおり、この状況を悲しんでいる。
  • 彼のクラブへのコミットメントは毎回素晴らしく、我々は彼を助けたいと思っている。
  • 間違ったリアクションをしてしまったが、今は反省している。
  • フットボールはファンなしには成り立たず、団結する必要がある。
  • 今、彼はダウンしている。
  • 彼や彼の家族をサポートすることが大事だ。
  • ベストなグラニト・ジャカにリカバリーする必要がある。

ジャカが謝罪すべきか

  • Yes.
  • 彼には謝罪することを勧めている。
  • ただ、今の彼は不安定であり、優先すべきことは精神面の回復。
  • 今の彼は、サポーターの愛を感じられていない。
  • サポーターもクラブも互いに歩み寄る必要がある。

ジャカは、キャプテンにふさわしいのか

  • 前にも説明したように彼は仲間から尊敬されている。
  • スイス代表のキャプテンでもある。
  • 彼は、キャプテンになる条件を備えている。
  • 私が判断し、選手もそれを尊重した。
  • しかし彼は、キャプテンとしてリアクションを間違えてしまった。

彼のキャプテン剥奪は決定的か

  • No, no, no.
  • 現時点では、それについて話したくない。
  • 彼のリカバリーが第一だ。

精神面への影響について

  • 彼はサポーターが自分のことを好んでいないと感じている。
  • ジャカ自身も当然、全員がそうではないとわかってはいる。
  • それでも、不信感は拭えないようだ。

 

キャプテンの剥奪など、処罰のようなものについては現状、二の次であるようだ。

まずは、ジャカのメンタリティが早期に安定することを祈ろう。

 

メスト・エジルについて

メスト・エジルはプレイするのか

  • プレイするチャンスはある。
  • 我々は今朝、非常に良い会話をすることができた。
  • 私は彼に、自身の考えに変化はないと伝えた。
  • そして、彼は私が何を望んでいるかをわかっている。
  • エジルの考えを聞きたく、話し合いの場を持った。
  • 我々が同じメンタリティで同じビジョンを持っているのならプレイするだろう。
  • エジルは明日、帯同する。

エジルになにを期待しているのか

  • 一貫性と前向きなメンタリティ。
  • それを持ってくれれば、彼は我々を助けてくれるだろう。
  • 今のエジルは、プレシーズンや1ヶ月前のような気持ちの状態で、再びピッチで我々を助けたいと思ってくれている。

キャプテンはエジルなのか

  • 彼は、キャプテンの1人である。
  • まだ詳細は、確定はしていない。
  • スターティングを考えるときに、彼がそこに入るかどうかで決定する。

 

エジルがリヴァプール戦のスクワッドに入ることを明言したウナイ・エメリ。

キャプテンどうかはわからないものの、久々のスクワッド入りである。

キャプテンの序列でいうならば、ヘクター・ベレリンがセレクトされる可能性のほうが高い。(5人キャプテン制で挑むアーセナル

エメリ『ジョシュ・クロエンケと話した』

クラブのお偉いさんと諸問題について、会話したことを明かしたエメリ。

  • 日曜日の試合後、ジョシュ・クロエンケと10分ほど話した。
  • ジャカのマネジメントなどを含め、クラブとしてサポートすることとなった。

この状況で、エメリまで解任となったら色々と崩れ落ちそうなアーセナル。

まずは、事の解決を優先してほしいところだ。

ジャカ、プロフィール画像を変更

エメリが述べたように、ほかのプレイヤーに混ざって汗を流したグラニト・ジャカ。

ただ、SNSでは不穏な動きが見られている。

ジャカが、Instagramのプロフィール画像をアーセナルのものからスイスへと変更している。

本当にメンタリティがやられているのであれば、当分はSNSとは距離を取りたいところ。

流石にもう、アーセナルを愛すことはできないか。

それにしても、ここにきて燃料を投下するとは思い切ったことをしてくれる。

リヴァプールとアンフィールドで戦うガナーズ

こんな状態で勝てるのだろうか。

試合前のデータをOpta Statsが算出している。

  • リヴァプールとアーセナルの15回目のリーグカップのゲーム。
  • 実は大会史上、最も多い対戦カードである。
  • アーセナルは、リーグカップではリヴァプール相手に連勝中である。
  • 06/07にアンフィールドで6-3、09/10にエミレーツで2-1で勝っている。
  • 対するリヴァプールはアンフィールドでのリーグカップで連敗中である。
  • アーセナルとしては、久々のリーグカップアウェイ戦。
  • 2016年9月にノッティンガムフォレストを4-0で破って以来ゲームである。
  • アーセナル戦でのロベルト・フィルミーノ(Roberto Firmino)は要注意。
  • アーセナル戦、9試合8ゴールを記録している。
  • さらに、そのうち7試合がアンフィールドでの試合である。

 

アーセナルキャプテンの呪い?

アーセナルキャプテンである、ジャカ。

彼は今、非常に厳しい時期に入っている。

しかし、過去のキャプテンも色々とやらかしてきているようだ。

  • ウィリアム・ギャラス(William Gallas)のピッチ座り込み抗議。
  • セスク・ファブレガス(Cesc Fàbregas)の強行突破の移籍劇。
  • ファン・ペルシ(Robin van Persie)の禁断の移籍。
  • ペア・メルテザッカ(Per Mertesacker)は負傷でほぼプレイせず。
  • ローラン・コシエルニー(Laurent Koscielny)のストライキ。
  • グラニト・ジャカ(Granit Xhaka)のブーイング騒動。

アーセナルのキャプテンって呪われてる?🤔

ちなみにここには入らなかった、トーマス・フェルメーレン(Thomas Vermaelen)は怪我に苦しんだ。

さらに次期監督候補である、ミケル・アルテタ(Mikel Arteta)も同様に怪我に苦しんだ。

アーセナルには9番の呪いもあるが、これもそのひとつに加わってしまうのだろうか。(【歴史の重み】アーセナル歴代背番号の顔となる選手たち

 

おわりに

カラバオカップの状況

データ通りにいくとは思えないが、カップ戦だと相性が良いリヴァプール戦。

当然、試合前から負けるとは思っていないため、期待はしている。

ベスト16の状況も現状、波乱は見られない。

出典:google.com/

リヴァプールに移籍していったチェンボこと、アレックス・オックスレイド・チェンバレン(Oxlade-Chamberlain)

大怪我を負ったが、今では元気に回復したようだ。

彼はアーセナルにそれなりのお金を残して移籍したため、それなりに大好きだ。

 

ひとまず、以上。