【解任までのカウントダウン】PL12節 レスター v アーセナル プレビュー

【解任までのカウントダウン】PL12節 レスター v アーセナル プレビュー

さて、先日のELグループステージのヴィトーリアとの一戦では、リードを守りきれずドローに終わったアーセナル。(【エメリの集大成】EL-GS 4節 ヴィトーリアSC v アーセナル 試合結果

 

なんとそのおかげで、4戦連続で3ポイントを落としている。

 

今回はプレミアリーグに場を移し、絶好調の『3位』レスターシティとアウェイで対戦する。

ジェイミー・バーディー(Jamie Vardy)は、ミラクルレスターを彷彿とされる得点ペースとのこと。

もうすっかり格下などという認識を持てなくなっている、非常に強力なチームである。

 

このゲームが不甲斐ない結果で終われば、いい加減アーセナル経営陣は、エメリを庇いきれなくなると見られている。

アーセナルにとって、この試合がターニングポイントになるかもしれない。

 

ウナイ・エメリ『重要な試合』

チームニュース
  • ダニ・セバージョスは軽い負傷のため、明日は欠場する。
  • ほかのメンバーは問題ない。
  • 医師とも後ほど詳細の話をするが、準備は整っているだろう。
レスターシティについて
  • 我々とは、6ポイント差をつけられており、非常に大事な試合になる。
  • 試合を楽しみにしている。
グラニト・ジャカについて
  • スクワッドには、まだ入れることができない。
  • トレーニングはうまくやっているが、彼からプレイする気分ではないと言われている。
メスト・エジルについて
  • トレーニングから一貫性を持ってやってくれている。
  • 試合出場の可能性はある。
ピエール・エメリク・オバメヤンにかかる重圧
  • キャプテンに任命した理由は、彼が5人のキャプテンの中の2ndだったから。
  • 選手たちからの信頼も厚い。
  • 昨日、ソクラティスが『誰もがキャプテンとして責任を担っている』と発言したように、皆が強いファミリーになりたいと考えている。
ディフェンスの自信の欠如
  • 今、多くの改善すべき項目がある。
  • キャプテン任命の件、選手のケアの件、また若い選手への責任など。
  • 若い選手には、サポートが必要になるものだ。
  • 例えば、ブカヨ・サカは良くなっており、良いニュースだと思う。
  • ニコラ・ペペもプレイする毎に良くなってきている。
  • ダニ・セバージョスのように誰もがすぐ適応できるものではない。
  • 我々は、そういった改善のプロセスに位置している。
  • ホームではいくつかポイントをこぼしているものの、負けてはいない。
  • その自信を明日に持っていきたい。
経営メンバーからの評価
  • やりたいことへの理解は得られている。
勝たなければ…
  • もちろん、勝つ必要があり、重要な試合。
  • この試合に限ったことではなく、どの試合も勝つだけだ。
ブレンダン・ロジャースについて
  • 非常に優れたマネジャー。
  • レスターが今の位置にいることは別に驚きではない。
  • 結局、重要なのはバランス。
  • 例えば、ヴィトーリア戦。「勝てなかった」というネガティブな面を取り上げられている。
  • 「負けなかった」というポジティブなものに変えるためにも、バランスは必要だ。

 

いつも思うが、エメリはプレスの質問の意図を理解していない節がある。

ディフェンシブの問題をなぜだか、ヤングプレイヤーによって引き起こされていると考えているようだ。

 

なぜそうなるのか。

だれも、若手起用にケチをつけていないのだ。

 

論点をずらしにかかっているのか。

プレスが聞き出したいのは、そこではない。

エメリの戦術プラン、現状の分析を聞きたいのだ。

 

それと意味を理解するのに難儀する、レスターマネジャーロジャースの話からの唐突なバランスの話。

そもそも、あの試合は勝てた試合である。

負けなくて良かったというようなコメントには、呆れてものが言えない。

 

ただ、これも語学の弊害なのかも知れない。

いっそのこと、通訳を交えたほうがすべてうまくいきそうだ。

 

Opta Statsをみる

レスター・シティー

絶好調の絶対的エース、ジェイミー・バーディー

ここまで10ゴールを挙げているバーディー。

堂々たるPLトップスコアラーであり、非常に高いショットコンバージョン(45.5%)を誇っている。

ヨーロッパでこれよりも上位にいるのは、ルーカス・ペレス(46.1 %)のみ。

 

出典:arsenal.com/

ここでまさかのルーカス・ペレスが登場している。

 

余談だが、ルーカス・ペレスのプレイで個人的なお気に入りは、エジルがハットトリックを決めたあの試合のアシスト。

それとノッティンガム・フォレスト戦のゴールである。

フォレストとの試合では、ジャカがアーセナル初ゴール決めている。

 

アーセナルをカモにするバーディー
ジェイミー・バーディーはアーセナル戦、8戦のスターティングで、8ゴールを決めている。
チームもアーセナルを得意にしている

アーセナルとの直近2試合のホームゲームをレスターは勝利している。

3連勝はまだない。

ホームに強いレスター

ホームで好調のレスターシティ。

W8/D2/L1

 

アーセナル

  • レスターとの直近3試合は1勝2敗。
  • 2015年1月にエティハドでマンチェスター・シティを破って以来、Top3に勝てていない。W0/D3/L8
  • 過去PL24試合でクリーンシートは「2」
  • いずれも1-0で勝利した。ワトフォード戦&ニューカッスル戦。
  • ウナイ・エメリが指揮するPL50試合目。

 

Arsenal Update

10月のGoal of the Monthはジョー・ウィロック

このゴールは確かにゴラッソだ!

個人的に衝撃を受けたのは、ガブ・マルティネリのゴールだったので、受賞を逃して残念。

10月のPlayer of the Monthはマルティネリ

マルティネリは、アーセナルの10月のPlayer of the Monthを受賞している。

ジャカ、ニューカッスル行きの噂

The Times曰く、ニューカッスル・ユナイテッドがジャカに関心を寄せているとのこと。(Newcastle to offer Granit Xhaka exit route from Arsenal

 

まさかのプレミアリーグ内での移籍が成立するのか。

噂になっているブンデスリーガあたりに行くものだと思っていたからこれは驚きだ。

 

どうせなら、PLで活躍しているジャカを見てみたいのだが、どうなることやら。

 

おわりに

 

この投稿をInstagramで見る

 

When you pray, don’t worry about how Allah will do it, just trust that he will 🤲🏼 #M1Ö #hayirlicumalar #blessed #mashallah #mevlidkandili

Mesut Özil(@m10_official)がシェアした投稿 –

そういえば、メスト・エジルはこの試合に出るのだろうか。

アーセナルでも一番のスーパースターの起用をいちいち、心配するのも変な話だ。

 

注目のアウェイマッチ、レスター・シティー戦は日本時間、11/10の2:30キックオフ。

 

 

ひとまず、以上。