【ウィロック3兄弟】ジョー・ウィロック、半生を語る

【ウィロック3兄弟】ジョー・ウィロック、半生を語る

さて、今日のアーセナルの情報をみなさまと共有したく存じます。

選手が自分のことをひたすら語る、IN MY OWN WORDSのジョー・ウィロック編をお届け。

ウィロックの情熱と家族の絆を垣間見ることができる。

過去のIN MY OWN WORDSはこちら。

ジョー・ウィロック、半生を語る

ペレのトレーニングビデオで培った、フットボールIQ
  • 父は、僕ら兄弟(クリス、マシュー)を座らせ、ペレのビデオを繰り返し流した。
  • ビデオの内容を全部話せるくらい見ていた。
  • 幼い頃から、人生のすべてをフットボールに捧げてきてそれが普通だった。
  • 裕福ではなかったけれど、兄弟3人でフットボールをするのが大好きだった。
出典:arsenal.com/

 

フットボール中心の人生
  • 他にも興味を持っていたこと?正直言って、フットボール以外にない。
  • フットボールは僕ら家族の人生であり、僕らはそれに熱中していた。
  • 目が覚めたらフットボール、練習から帰ってきてもフットボールの日々だった。
  • プロになったら何を成し遂げたいか、どこに住むかといったことを一晩中語り合った。
  • その想いは今でも心に在って、試練や苦難があった時には、それを支えにしている。
兄弟について
  • 一番上のマシューは兄弟の中で一番の切れ者。
  • フットボールの才能もあって、ゴールデンボーイだった。
  • 末っ子の僕は2人の兄に追いつくため、忍耐力が養われた。
出典:arsenal.com/
  • 僕らは常にベストになれるよう、切磋琢磨してきた。
  • 兄弟の中で一番下ということもあり、体力で差がある分、多くのトレーニングをこなす必要があった。
  • フィジカルの面でも、競り勝つための努力が必要だったし、それがあったから今の僕がいる。
  • 今は僕だけがアーセナルに残っているが、最後の1人になったとか、そんな風には考えていない。
  • 僕ら皆が目標とするところに到達できる素質があることは理解しているし、それはいずれ必ず実現する。
  • 今でも兄弟でよく会話をしている。父親経由で近況を知ることもあるけれど、それ以外はできるだけ話し合っている。
父について
  • 父はファッションの仕事をしていて店を持っていたが、僕らのフットボール費用捻出のために売却した。
  • プロになるかどうかなんてわからないのに、売却してくれた。それは僕らを信頼しているからこそできることだと思う。
  • 僕たちの試合を一度も欠かすことなく、チェックしてくれていたし、練習後のフィードバックも大きな意味を持った。
プロフットボーラーとして
  • 僕にとっての成功は、見ている人を幸せにすること。
  • 僕のように治安の悪い地域から来た人にインスピレーションを与え、夢を実現するために勇気を与えていきたい。
  • アーセナルでプレイし続けて、いつかキャプテンになって、イングランド代表でプレイしたいと思っている。
  • 兄弟たちも同じように思っているはずだ。僕らにはそれができると信じている。

 

ウィロック兄弟の今

マシュー・ウィロック(Matty Willock)

1996年8月20日生まれの23歳。

メインポジションは、セントラルミッドフィルダー。

 

元アーセナルユース所属であり、2011年の15歳まで在籍していた。

その後の2012年からはマンチェスターユナイテッドのユースに移り、16/17シーズンには、シニアチームのベンチメンバー名を連ねた。

しかし、トップチームで起用されることはなく、2019年に契約満了で退団。

現在は、3部相当のEFLリーグ1のジリンガムでプレイしている。

クリス・ウィロック(Chris Willock)

1998年1月31日生まれの22歳。

メインポジションは、レフトウインガー。

 

2003年の5歳から2017年まで、アーセナルに所属。

2014年、16歳のときのプレシーズンマッチで、ファーストチームデビューを飾る。

2016年には、リーグカップのノッティンガムフォレスト戦で公式戦デビューを記録した。

2017年6月にポルトガルのベンフィカへフリーで加入する。

2019/20シーズンからイングランドクラブへローンされるようになり、2020年1月現在はハダースフィールド・タウンに加入している。

 

ジョー・ウィロック(Joe Willock)

1999年8月20日生まれの20歳。

上の兄弟と同様、4歳頃からアーセナルアカデミーに所属。

メインポジションは、セントラルミッドフィルダー。

 

今では、アーセナルに所属しているのは末っ子のジョー・ウィロックのみとなった。

そんな彼も徐々に出場時間も増えてきており、戦力として数えられるようになっている。(【まさかの結末】ELFカップ ベスト16 リヴァプール v アーセナル 試合結果

 

この投稿をInstagramで見る

 

🚀 Letting fly at Anfield ⁠ ⁠ #Arsenal #Willlock

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

兄弟全員がプロフットボーラー

それにしても、兄弟全員をプロとして育て上げた父親の凄さたるや。

父親の経歴をもっと知りたいが、一体なにものなのだろうか。

 

おわりに

契約更新を発表するクラブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Signing new deals in the social distancing era… Thomas Muller puts pen to paper on a contract extension keeping him at Bayern until 2023! 👏

Sky Sports(@skysports)がシェアした投稿 –

アーセナルとは関係ないのだが、トーマス・ミュラー(Thomas Müller)がバイエルン・ミュンヘンと契約更新したというニュース。

30歳の彼は、なんとユースも含めると在籍20年目になるとのこと。

 

コロナウイルスでフットボールの世界は滞っていると思ったが、契約関連の業務は動いていることになぜか関心した。

リーグ再開の目処が立っていない中で、こうしたニュースはファンにとっては大変喜ばしいものだろう。

 

アーセナルにもこうしたニュースが舞い込んでくるだろうか。

 

 

ひとまず、以上!