ローレン『インヴィンシブルズでも喧嘩は絶えなかった』

ローレン『インヴィンシブルズでも喧嘩は絶えなかった』

さて、今日のアーセナルトピックをみなさまと共有したく存じます。

アーセナルのラジオサービス『In Lockdown』

エピソード3がやってきた。

第3回のゲストは、ローレン・エタメ・マイヤー。

『12番』の顔でもある、ローレン。(【歴史の重み】アーセナル歴代背番号の顔となる選手たち

どれほど偉大な選手であったかは、それで十分通じるはずだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy birthday, Lauren! 🎈🎂⁠ ⁠ #Arsenal #Legend #invincible #Cameroon #Lauren

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

 

ローレン・エタメ・マイヤーの『In Lockdown』

ライアン・ギグスと対峙した時のこと

2001/02シーズンは、オールド・トラッフォードでリーグ優勝を決めたから、信じられない気持ちでいっぱいだった。

あのゲームは、個人的にライアン・ギグスに苦労させられたけど、無失点で終えることができた。

出典:arsenal.com/

ギグスは、信じられないほどの存在感を放っていた。

私が対戦してきた選手の中で、最もインテリジェントな選手の一人だ。

DFの動きをわかってプレイしていたし、常に動き回っていて予測不可能だった。

中に侵入してきたり、外から仕掛けてきたり、ワンタッチ、ツータッチのプレイも織り交ぜてきたから、動きを読めなかったよ。

もうただただ、どうやったら彼を止めれるかだけを考えていた。

試合後に思ったのは、このゲームがベストゲームのひとつだということ。

対処法をなんとか導き出せたし、トッププレイヤー相手にそれがうまくいったんだからね。

インヴィンシブルズのトレーニング秘話

アーセナルでのトレーニングセッションは、メディアが入らないから大好きだったよ。

2000年にスペインからアーセナルへ来た時、『まじかよ!』って思った。

なぜって、当時のスペインでは、毎日のようにメディアがネタを探しに来てたからね。

何が起きただの、誰が誰と喧嘩しただのって。

当時のアーセナルのトレーニングセッションにメディアが入っていたら、毎日ネタが上がっただろうね。

 

出典:arsenal.com/

みんな競争心が強いのも相まって、しょっちゅうファイトしていた。

私はティエリ(アンリ)と、ティエリはマーティン(キーオン)と、パトリック(ヴィエラ)はフレディ(ユングベリ)と。

本当に、よく競ってファイトしていたよ。全員がエゴの塊で、個性が強かったんだ。

でも、試合になるとみんな、同じゴールに向かって戦った。

エゴは大事だけど、なによりもマネジャーがその扱いに長けている必要があると思ったよ

出典:arsenal.com/

何度も言うようだけど、ゲームが始まると一丸となっていた。

これが最も大事なことなんだ。

この意識がなければ、勝つことは難しい。

勝とうが負けようが、なにも起こらないチームではダメなんだ。

そんな形でシーズンを競い合うことなんか、出来はしない。

私たちの時代は、なにもかもで競い、ひっきりなしにファイトしていた。

そして最後には同じ目標のために戦った。

だから、私たちは勝つことができた。

二重三重の幸せだった、ペナルティでのゴール

2000年のオリンピックでクウェート、チェコ、準決勝のチリの3ゴールを決めた。

決勝のスペイン戦はPKを決めて、優勝した。

2002年のアフリカネイションズカップ決勝でもPKを決めた。

 

だから勢いは止まらず、といった感じだった。

トットナムとの試合でも『今は俺だけの時間だ』と自分に言い聞かせたよ。

 

パトリックとカヌが近くにいたのを覚えている。

代表でも重要なゴールを決めてきたから、100%の自信を持っていた。

少しでも迷いがあったら、一歩も踏み出せなかったと思う。

チャンスを得て、ブリリアントなゴールを決めた。

それはもう…二重三重の幸せのようなものだった。

出典:arsenal.com/

 

オールド・トラッフォードで優勝を決めたアーセナル

パトリック・ヴィエラ(Patrick Vieira)の絶叫が印象的である。

『オールド・トラッフォードで優勝を決めることに意味があった』と2013年『Keane and Vieira』で述べていた、ヴィエラ。

あの気持ちが味わえるのは、次はいつになるのだろうか。

 

バチバチだったあの頃のアーセナル

あの頃、十分に殺気立っていたが、トレーニングでもバチバチだったようだ。

今にはない、雰囲気である。

 

 

おわりに

ピリピリした試合が、なぜかYouTubeに大量upされている。

こんなにも荒々しいのに、よく骨折とかしないものだ。

2001/02 Manchester United v Arsenal

 

2001/02 Arsenal v Tottenham

 

Lauren’s cool penalty against Tottenham

Lauren's cool penalty against Tottenham

Happy 40th birthday Lauren, you legend…

Arsenalさんの投稿 2017年1月19日木曜日

 

 

ひとまず、以上!