【満足】HP Chromebook x360 14に落ち着いた話

【満足】HP Chromebook x360 14に落ち着いた話

いろいろあったChromebook探し。

結局はTabletタイプを諦める形にはなったものの、満足の機種に出会うことができた。

紆余曲折したChromebook選び

先の事件( Chromebook Tablet CT100PAで後悔した話 )を乗り越え、無事納得のいくクロームブックに出会うことができた。

それが、HP Chromebook x360 14

 

【不満】Chromebook Tablet CT100PAで後悔した話

 

リリースは2019年の7月なので、まだまだ新しい製品ということになる(10月に購入)

HPのクロームブックサイトにアクセスしたところ10月以降、いろいろ変わったようでコンテンツが充実していた。

それら情報のアップデートなども含め、HP Chromebook x360 14の使い勝手などを綴っていく。

 

ハイスペックなChromebook

過去に使用してきたクロームブックのCPUはクラスでいうと安価なものだった。

  • 東芝のChromebook 2  Intel Celeron N2840
  • ASUSのChromebook Tablet ARM Cortex-A72, Quad Cortex-A53

 

対して今回購入したHP Chromebook x360 14(エグゼクティブモデル)はIntel Core i5-8250U

ちなみに、Chromebookの大きな特徴は『早くて安心』である。

  • クロームブックはもともと学校など授業で安全に使用できるよう、教育系に特化したコンセプトを持ってつくられた製品。
  • 操作はスイスイ軽快に、安全面もサンドボックスを経由するよう設計され、セキュリティを担保するなどしている。
  • 起動スピードに特化している反面、CPUに負荷がかかるような動画編集やオンラインゲームなどの複雑な処理は得意ではなかった。
  • 使い勝手の良さから、教育界以外の各方面でも需要が高まりを見せ、ハイスペックモデルを求める声も挙がり始める。
  • 近年になって少しずつではあるが、CPUの性能がアップしたモデルが投入されてきた。

 

※余談だがインテルの場合、CPUの性能順は以下の順番だそうだ。

  1. Core i9
  2. Core i7
  3. Core i5 (HP Chromebook x360 14)
  4. Core i3
  5. Pentium
  6. Core M
  7. Celeron
  8. Atom

前置きが長くなったが、Chromebookの認知度がアメリカと比べ、段違いに低い日本のマーケットでは、ハイスペックモデルが投入されることは滅多にないことないため、期待を胸に購入したのであった。

 

HP Chromebook x360 14のあれこれ

購入から、使ってみた感想など。

待ち遠しいChromebook

公式HPのオンラインショップで購入したのだが、(購入手段がオンラインショップのみ。)

購入後、製品ページを覗いたら「展示店舗」の欄が追加されていた。

もしかしたら、実機を触れることも可能なのかもしれない。

 

出典:jp.ext.hp.com/

オンラインショップで購入した場合の到着までの納期は、3~5日ほど。

私の場合は、5日目に受取りを完了した。

発送メールや追跡番号の通知もあったため、非常に安心して製品を受け取ることができた。

 

Chromebookを使ってみたギャップ…

思っていたのと違った、などの悪いギャップはなにもなかった。

実機を見ずにHPの情報だけで決めたのでそこは不安だったものの、不満な点はなかった。

CPUがいままで使ってきたものよりも優秀なおかげか、ブラウザのタブを大量に開いても処理の遅延を感じず、快適である。

さらに液晶がIPSのため、フルHDが好みの私にはそこも好印象だった。

ほかにはPCの両側面に電源ポート(USBタイプC)があったりと、嬉しいポイントがちらほらある。(下図の⑤と⑫)

やはり、Chromebookはオススメ

なんといってもラク・早い・安心安全など使い勝手が良い。

Mac、Windowsのように外部からソフトウェアを入れることはできなくとも、昨今のクラウド環境の成長により不便さはなくなってきている。

Linuxで動作可能なので、仮想で作ることだって可能だ。

またWindowsの場合は毎月の更新(windows update)など面倒なことがあるが、Chromebookの場合はすべてバックグラウンドで処理してくれるため、煩わしさは一切なし。

 

最近のHPクロームブック

エグゼクティブモデルに日本語キーボードが追加!

HP Chromebook x360 14で以前にはなかった、日本語キーボードVerが追加された。

出典:jp.ext.hp.com/

 

Chromebookの新モデルが続々登場!

※画像右に謎のスペースが。今後も追加される可能性を匂わすHP。

出典:jp.ext.hp.com/

 

HP Chromebook x2

Wacom AES スタイラスペン付きでディスプレイとキーボードが分離可能なセパレートタイプであることが特徴。

HP Chromebook x360 14とは違い、性能スペックで異なる3つのモデルを展開している。

出典:jp.ext.hp.com/

 

HP Chromebook x360 12b

1モデル展開予定。

持ち運びに適した、12.0インチ / 1.35 kg、スタイラスペンは別売り。

 

出典:jp.ext.hp.com/

 

クーポンについて

HPのクーポンについて多くは知らないが、どうせならお得に購入したい。

定期/不定期クーポン

定期的に発行されるクーポンや不定期のクーポンなどが存在する。

定期的なものとしては、週末限定クーポンなどある。

不定期なものは、連休中やGW期間限定クーポンなど。

いずれのクーポンもHPオンラインショップにアクセスすれば、トップページや画面ポップアップなどで教えてくれる。

お友達・ご家族紹介キャンペーン

  • 紹介された場合、5%OFFで購入可能
  • 紹介した場合、Amazonギフト券2,000円分をプレゼント

紹介するには、互いの個人情報が必要になるクーポンのため、身内で使えるクーポンだ。

 

おわりに

まだまだ発展途上のChromebookマーケットだが、ハイスペックモデルを随時投入してくれるHPの姿勢には感謝しかない。

撤退されると面倒なので、このまま日本にハイスペックChromebookが定着してほしいものだ。

 

 

ひとまず、以上!