【Loan watch】ゲンドゥージ初先発フル出場

【Loan watch】ゲンドゥージ初先発フル出場

さて、今日のアーセナルトピックスをみなさまと共有したく存じます。

アストンヴィラの敗戦が地味に尾を引いている。

アーセナルが再建途上に在るのは理解しているし、長いシーズンにこんな試合は付き物だろう。

とにかく、良いところなしで負けたことが悔しい。

 

そうはいっても、時間は流れていくもの。

辛い時はアーセナルFCを離れ、他クラブで修行を積んでいるローンプレイヤーをチェックして気を紛らそう。

【前回のローンウォッチ】

【Loan watch】トレイラ初得点 & ゲンドゥージが復帰

ゲンドゥージ、加入後初先発

ブンデスのヘルタに所属している、マテオ・ゲンドゥージ

ヘルタベルリン加入後初となるスターティングを果たしたようだ。

ヘルタベルリンは、アウクスブルクを相手に『3-0』の勝利を収めており、ゲンドゥージもフル出場で勝利に貢献した。

 

トレイラ、チーム4連勝に貢献

アトレティコマドリードは、ラ・リーガでカディスと対戦。

チームは『4-0』と快勝し、この日ベンチだったルーカス・トレイラは62分から出場している。

ジョアン・フェリックス(João Félix)の2ゴールなどで勝利を収めたアトレティコは、リーグ3位に浮上。

2試合を残して、トップのソシエダに3差と迫っている。

 

アトレティコは次戦で、バルセロナと対戦する。

Atletico Madrid vs Cádiz

 

ベン・シーフ、8戦連続フル出場

ベン・シーフの所属するコヴェントリーは、ワトフォードと対戦。

試合は『3-2』で敗れたものの、ベン・シーフの指揮官からの信頼は確かな様子。

しかし、チームは11戦2勝2分7敗の8ポイントで21位に沈んでおり、降格圏が近づいている。

 

FAカップ1回戦に臨んだヤングガン

3部以下のクラブは、FAカップのラウンド1を戦った模様。

WGトレイ・コイル & CBゼック・メドリー

3部ジリンガム所属のコイルとメドリーは、ホームで5部ウォキングと対戦。

メドリーには出場機会は訪れなかったものの、トレイ・コイルは『1-2』とリードを許している59分から出場。

この交代が良い刺激をもたらしたのか、ジリンガムは68分、79分と得点し、逆転で次のラウンド進出を決めている。

 

なお、ジリンガムは次戦で、Arsenal U-21と対戦する。

 

MFマット・スミス

スウィンドンに所属のマット・スミスは、ホームで6部ダーリントンを迎えるも『1-2』で敗戦。

マット・スミスはフル出場を果たしている。

 

CBマーク・マクギネス

3部イプスウィッチ所属のマーク・マクギネスは、FAカップ2回戦を懸けてポーツマスと対戦。

フル出場を果たしたものの、チームは『2-3』で敗北を喫した。

 

LBトラジ・ボラ

3部ロッチデール所属のトラジ・ボラは、5部ストックポートと対戦。

試合は、ストックポート所属ウェイン・ルーニーの弟、ジョン・ルーニーにスペクタクルゴールを浴びるなどして『1-2』で敗れている。

なお、トラジ・ボラは73分までプレイしている。

 

オラインカ、シニア初ゴール

英4部サウスエンドに身を置く、20歳のMFジェームズ・オラインカ(James Olayinka)はシニアカテゴリ初ゴールを記録している。

FAカップ1回戦で、5部ボレアム・ウッドと対戦。

チームをPK戦に導くゴールをマークし、フル出場したものの、チームは敗退が決まった。

Boreham Wood 3-3 Southend (4-3 on pens)

 

同じく、4部所属オールダムのハリー・クラークは、6部ハンプトン・アンド・リッジモンドと対戦。

試合は、ハリー・キューウェル率いるオールダムが『3-2』で勝利。

CBのクラークは、フル出場で勝利に貢献した。

Loan Watch: Olayinka scores first senior goal

 

アーセナルの20/21ローンプレイヤー

ブンデスリーガ
ラ・リーガ
イングランド2部
イングランド3部
イングランド4部
  • Harry Clarke/ハリー・クラーク(オールダム/短期ローン)
  • James Olayinka/ジェームズ・オラインカ(サウスエンド/短期ローン)
アイルランド1部
  • Joseph Olowu/ジョセフ・ オロウ
オランダ2部
  • Zak Swanson/ザカリー・スワンソン

 

チームニュース

マヴロパノス(Konstantinos Mavropanos)

2020年10月8日の調整試合で半月板を損傷、復帰時期は未定。Konstatinos Mavropanos

 

おわりに

ジリンガムは次戦に、Arsenal U-21とあたる。

カップ戦のグループステージなのだが、出番があるのか楽しみにしておこう。(そもそも出れる契約なのかどうか。)

ベン・コトレット(Ben Cottrell)、ミゲル・アゼース(Miguel Azeez)、フォラリン・バロガン(Folarin Balogun)らがいるArsenal U-21。

グループステージは2試合を終えて2連勝と、好調なようだ。

 

余談だが、最近のローンウォッチにタイリース・ジョン・ジュールスの名が載ってこない。

調べてみると試合に出ていないようだが、なぜだろう。

 

 

ひとまず、以上!

 

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!