グラニト・ジャカ、アーセナル退団の噂を否定

グラニト・ジャカ、アーセナル退団の噂を否定

グラニト・ジャカが、今夏のアーセナル退団の噂を否定している。

今季の最大目標だったチャンピオンズリーグ出場権奪取。期待していたのだが、あと一歩どころの話ではなかった。

結果はヨーロッパリーグすら勝ち取れない、来季は国内だけで完結するシーズンとなる見込みだ。

そうなると心配なのが、主力の流出。

移籍予算捻出の都合もあってか、かなりの主力選手が移籍候補に挙がっているが、レノに続いてジャカも噂を否定している。

ジャカ『アーセナルで満足!』

Granit Xhaka dismisses Arsenal exit rumours

ドイツメディア『RP Online』のインタビューをMetroが引っ張ってきている。

現在、アーセナルで5シーズン目を迎えている28歳のグラニト・ジャカは、ミケル・アルテタの信頼する選手の一人として地位を確立している。

しかし、報道によれば、ジャカも夏の移籍市場に向けて将来を検討しているうちの一人だという。

 

今回、その報道とは裏腹にジャカはドイツメディアに対し『自分と家族はノースロンドンで幸せだ』と語った。

シーズンの終わりには常に噂が巻き起こるものだ。

でも、まだロンドンで2年の契約を残しているし、ここでの生活にはとても満足しているんだ。

夏のことよりも今は、代表チームでEURO 2020を成功させることを考えている。

 

また、ジャカはビジャレアル戦を欠場したことを『不運だった』と振り返った。

ヨーロッパリーグファイナル、そしてチャンピオンズリーグへの復帰を目前にしての敗退は、とても残念だった。

特にセカンドレグでは怪我人が多く、ベストメンバーでプレイすることができなかった。

とにかくポジティブに考えて、来シーズンはまたアグレッシブにいきたい。

 

報道では、少なくともシニア5人は移籍したがっていると言われているそうな。

リストに挙がっているのは次の5名。

Hector Bellerin, David Luiz, Willian, Bernd Leno, Granit Xhaka

ダヴィド・ルイスに関しては、ミケルから確定のお知らせ&契約満了ということで納得。

ベレリンも昨季からPSGだのユヴェントスだの話が出ているため、いよいよといった感じ。

意外だったのは、残った3人。

しかしレノは前回、この手の報道を否定しており(ベルント・レノ『まだアーセナルに満足』)、今回新たにジャカも否定した形。

ウィリアンについては知らん。

 

おわりに

レノもジャカも、否定はしたものの、そりゃ物事の分別がついていればそうせざるを得ないだろうなと言ったところ。

今夏でフリーになるならまだしも、シーズン中、それも移籍市場すら開いてないうちから2年を残した選手がメディアに心のうちを明かすわけがない。

それにクラブ25年ぶりのヨーロッパなしの惨事が待ち構えているのだから、声が掛かれば出ていかれても仕方がない。

本当に出ていかれたとして、ウィリアンやベレリンの代わりはいるが、レノとジャカの代わりを見つけにマーケットに出るのは費用面からして、かなり難しいミッションになるだろう。

 

万年4位でキャッキャ言っている間に、他のクラブは補強を重ねていき、あの舞台はいつの間にやら別次元の大会と化してしまったようだ。

スーパーリーグのこともあって、KSEのクラブ愛が試される夏

誰が来るのか楽しみな一方、あれよあれよと主力が抜かれていく未来が予想できてしまうだけに、ちと怖いものもある。

アーセナルの釈明会見 vs 怒れるファン『あんたらは卑怯!』

 

ちなみにジャカは今日のクリスタルパレス戦のトレーニングに合流した模様。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Granit Xhaka(@granitxhaka)がシェアした投稿

 

 

ひとまず、以上!

 

 

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!