アーセナル、元マンシティのCBパブロ・マリを獲得か

アーセナル、元マンシティのCBパブロ・マリを獲得か

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

ご査収のほど、よろしくお願いいたします。

元マンチェスターシティのCBパブロ・マリを獲得目前?

昨日あたりから、一気に選手獲得の匂いが漂い始めたアーセナル界隈。

元マンチェスターシティで、現CRフラメンゴ所属の26歳スペイン人CBをターゲットとのこと。

ターゲットどころか、もうすでに獲得目前まで話が進んでいるようだ。

 

パブロ・マリはお別れの挨拶をして、ロンドンへ出発

  • フラメンゴのCBである、パブロ・マリ。
  • アーセナルとの契約のため、ロンドンに向かっている模様。
  • 既にフラメンゴのチームメイトとチームスタッフには、お別れの挨拶を実施。
  • ラウル・サンレヒと彼の代理人が親しく、マン・シティに所属していたので、ミケル・アルテタも彼を知っている。

エドゥがパブロ・マリをエスコート

アーセナルのテクニカルディレクターのエドゥ(エドゥアルド・ガスパール)とパブロ・マリが一緒に空港にいるところをキャッチ。

リオデジャネイロからロンドンへ移動したとのこと。

ジャーナリスト(Charles Watts)『アーセナルと契約するのは楽しみ?』

パブロ・マリ『もちろんだよ。』

 

アーセナルを押し上げてくれる補強になるのか

ラウル・サンレヒが主導の獲得案件?

シャフタール・ドネツクのCBミコラ・マトヴィエンコとパブロ・マリの代理人は同じ人物である。

 

ミケル・アルテタは『獲得するのなら、スクアッドのレベルを上げてくれる選手』と発言しているが、そのクオリティはあるのだろうか。

出典:transfermarkt.com/

2016-2019とマンチェスターシティに所属していたパブロ・マリ。

所属といってもシティ加入後、すぐにローンに出され、使われることなく2019年の7月に移籍している。

 

おわりに

マンチェスターシティだからアルテタが獲得を望んでいると思いきや、ラウル・サンレヒがこの獲得を主導しているようだ。

これは、確かな補強となるのだろうか。

 

 

ひとまず、以上!