【正念場】FAカップ 準決勝 アーセナル v マンチェスターシティ プレビュー

【正念場】FAカップ 準決勝 アーセナル v マンチェスターシティ プレビュー

アルテタにとって、2度目の対戦となるマンチェスターシティ。(【いつものGunners】PL29節 マンチェスターシティ v アーセナル 試合結果

前回もその前も大敗を喫しているが、こと前回に限っては不慮のアクシデントもあり、どれだけやれるかは未知数のままだ。

リヴァプールに勝ったことで、PLからヨーロッパに繋げる希望はまだ生きてはいるが、ここを乗り越えれば精神的にもラクになるはず。

マンチェスターシティは、PLで主力を休ませたとのことで、この試合に懸ける気持ちはアーセナルと変わらない。

Arsenal v Manchester City (N)
7月 19日 (日曜日)⋅03:45~05:30
目次

マンチェスターシティ戦 怪我人情報

カラム・チェンバース

【London is Blue】PL20節 アーセナル v チェルシー 試合結果

  • 12月29日のチェルシー戦で、左膝の前十字靭帯を断裂。
  • 現在は、ランニングやジムワークなどで順調にリハビリに努めている。
  • 今シーズンの復帰は、期待できない。

セドリック・ソアレス

  • サウサンプトン在籍時にFAカップに出場しているため、カップタイドにより起用できず。
  • 1月のFAカップ、第3ラウンドのハダースフィールド戦に出場していた。

ベルント・レノ

【嘲笑】PL30節 ブライトン v アーセナル 試合結果

  • ブライトン戦で、中等度の右膝靭帯捻挫の怪我を負う。
  • 回復経過は、非常に順調であり、シーズン終了前のフルトレーニング復帰を目指す。

パブロ・マリ

【いつものGunners】PL29節 マンチェスターシティ v アーセナル 試合結果

  • マンチェスターシティ戦で、重度の右足首捻挫の怪我を負う。
  • 9月のフルトレーニング復帰を目指す。

ガブリエル・マルティネリ

  • 6月21日のトレーニング中に、左膝軟骨を損傷する怪我を負う。
  • 今シーズンの復帰は、期待できない。

エディ・エンケティア

【負け気分】PL34節 アーセナル v レスター 試合結果

  • レスターシティ戦でレッドカードを受けたことで、3試合出場停止。
  • 7月21日のアストン・ヴィラ戦から起用可能。

Team news: The latest ahead of cup semi-final

 

 

マンチェスターシティ戦 プレスカンファレンス

Arteta on… the FA Cup, Man City and Mesut Ozil

若手育成の哲学について

  • 5段階あるうちの成長過程において、選手がどの段階にいるのかを見極めること。
  • アカデミーの素晴らしい働きもあって、ここ数シーズンは恵まれている。
  • ファーストチームでは、適切な環境作りとプレッシャーなどの対処方法を授けてあげる必要がある。

英国人プレイヤーが増えることの意味とは?

  • 私たちのDNAの一部になるため、非常に大きな意味を持つ。
  • 母国でプレイし、施設や体制が整っていれば、一定レベル以上の選手を輩出できる。
  • 彼らの気持ちやクラブ内での人間関係、そしてチームに懸ける情熱は、他とは比べられないものを感じる。

英国の若手はどこまでやれるか?

  • リミットを設けると共に、少しでも多くのチャンスを与えていきたい。
  • 長期的な目線で一貫性をとにかく養っていくこと。

マンチェスターシティの弱点を突けるか?

  • 可能な限り、そこを突いていきたい。
  • 他のチームと同様、彼らにも弱点はあるが、多くの強みを抑え込むことも大事。

ペップは何年、シティを率いるか?

  • わからないが、彼は4年間で数々の成功を成し遂げた。
  • そこで本当に幸せを感じているだろうし、素晴らしい人々に囲まれている。
  • ただ、結局は私にはわからない。それは彼に投げる質問だ。

ダニ・セバージョスは残留を望んでいるか?

  • クラブと今後、どうするかを検討しているところ。
  • 私は、彼の成長とクラブの貢献を見てきたが、本当に満足している。

10月に観客動員の話が出たが?

  • 噂は入ってきている。
  • 誰もが元のフットボールの形に戻したいと思っているが、安全に観戦できる環境を作ることが先決。
  • 私としては、少しずつ、徐々に人を入れていくほうが良いと思う。
  • 早ければ早いほど良いが、慎重にやっていきたい。

英首相ボリス・ジョンソンも歓迎している様子

  • 近い将来、状況が改善すると予測を立てたわけだから、素晴らしいこと。
  • フットボールだけでなく、一般社会においても、本当に明るいニュースだ。

FAカップが、ヨーロッパへの道と繋がっていることについて

  • この大会は、クラブの歴史の中でも重要なもので、ここ10年で更に大きなものになった。
  • トロフィーを獲得するチャンスもあり、とてもエキサイティングだ。

メスト・エジルについて

  • スクワッドはまだ決めていないが、トレーニングには参加している。

リヴァプール戦の勝利がシティ戦に活かされるか?

【王者喰う】PL36節 アーセナル v リヴァプール 試合結果

  • シティにボールを保持されるという面では、関連は出てくるだろう。
  • リヴァプール戦の失点後のリアクションは本当に良かった。
  • 明日もリヴァプール戦と同じようなことが起こるだろうが、私も90分間、深く守るだけの試合は本意ではない。
  • リヴァプール戦よりも、難易度は格段に上がると見ている。

補強するには、選手売却が必須か?

  • 多くの不確定要素があるから、わからない。
  • シーズン終了後に置かれている状況を見て、改めて精査する必要がある。

ゲンドゥージとエジルが選ばれないのは、フットボール以外の理由?

  • 純粋にフットボール面で見ている。
  • いつだって、ベストスクワッドを組み、ベストプレイヤー置いて、フィールドの内外を問わずベストのバランスで試合に臨んでいる。

オバメヤンの将来は、ポジティブ?

  • 常にポジティブに捉えているが、私が鍵を握っているわけではないし、何でも起きる可能性はある。
  • 彼のリアクションや日々のトレーニングの様子を見ていると、ここで幸せだと思っていると感じることができる。

マンシティのときから、アーセナルの弱点は認識済み?

  • もう別のチームになったようなもの。
  • 私だってシティの強みやシティのやりたいことも分かっているが、止めるのは別問題。
  • とにかく、自分たちのことに集中する。相手のことを気にしては、選手へのメッセージにはならない。

シティは過去7戦全勝、どう見る?

  • リヴァプールと対戦する前のデータも明るいものではなかった。
  • 今、必要なのは、選手たちに向けてエナジー、信念、そしてFAカップの重みを授けること。

ダヴィド・シルバは、過小評価されていると思うか?

  • 彼がプレミアリーグにチャレンジした時の記事に目を通すと、小さい、フィジカルがない、適応できないと書かれている。
  • ダヴィドがこのリーグで成し遂げたことは素晴らしく、何度もゴール、アシスト、チャンスを創ってきた。
  • ペップも賛辞を送ったようだが、私も同意見だ。彼は素晴らしい選手。

アレックス・ラカゼットについて

  • 私はアレックスが本当に好きだ。ここに来る前から、本当に好きなタイプのストライカーだと言ってきた。
  • 不運な時期もあったが、今は準備が整っているし、ハードワークを怠らない、とても知的な選手だ。

ラカゼットを失いたくない?

  • 彼のような選手を失いたいわけがないだろう。
  • 彼には、本当に満足している。

メイトランド・ナイルズは退団希望を出したのか?

アルテタ、選手獲得の必要性訴える/メイトランド・ナイルズ&セバージョスに移籍の噂

  • 知らない。報道は私が発信したものではない。
  • 選手がどう感じているのか、どうすれば彼らを助けられるのかについて、選手とは話し合っている。
  • 彼は様々なポジションでプレイできる選手で、信じられないほどのクオリティーを持っている。
  • もう少し一貫性を身に着ける必要はあるが、どのようなポジションにも適応することができる選手だ。

メイトランド・ナイルズの将来はアーセナルにある?

  • Yes, 私が望んでいたようなプレイをできていなかったこともあったが、様々なポジションで起用し、重要な試合でも使ってきた。

リヴァプール戦後の意見は、オーナーへのメッセージ?

  • それは誤解。私の意図したものではない。
  • 私たちは、誰もが同じ野心を持って協力している。
  • 財政面、ヨーロッパ大会のこと、選手の去就など、今後のオプションについては、現状多くの問題がある。

オーナーやラウル・サンレヒとの関係は?

  • 彼らと密に話せているし、本当に良い、オープンな関係を築いている。
  • 私がクラブに入った初日から、熱心にサポートしてくれていて、協力的だ。
  • ラウルだけでなく、ヴィナイ・ベンカテシャム、エドゥも同じ。ギャップも摩擦も何もない。

就任してからここまでの所感は?

  •  Covid-19も含め、本当に苦しい時期だった。ときには、『なんてことだ、13試合で1勝…。』と言っていたこともあった。
  • 私はとても野心的で、私が持っているすべてのものを使ってクラブをプッシュするつもりだ。
  • 今いる選手を改善することを第一として、ここまでのところはそれができていると思う。
  • 次のレベルに行くことは可能だが、より早くそのポジションに持っていくためには、具体性が必要になる。

 

おわりに

準々決勝、残っているのは以下の4チーム。

仮に今回、敗戦したら…マンチェスターユナイテッドの4位入りを願わなければならなくなるのかもしれない。

 

そんなことはしたくはないので、シンプルに勝利してFAカップを制して欲しい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🔜 An @emiratesfacup semi-final against @mancity?⁠ ⁠ That takes us back… 😉⁠ ⁠ #EmiratesFACup #Arsenal #afc #coyg #gunners #england #FACup

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

 

 

ひとまず、以上。