【一発勝負】FAカップ 決勝 アーセナル v チェルシー プレビュー

【一発勝負】FAカップ 決勝 アーセナル v チェルシー プレビュー

いよいよ、アーセナルの今季最終戦が始まる。

今季から指揮を執って、チェルシーを4位に持っていったフランク・ランパードとアーセナルに輝きを取り戻すために尽力しているミケル・アルテタ。

さらには、ビッグロンドンダービーでもあり、色々と話題性には事欠かないこの一戦。

14回目の優勝 + EL出場権 + オバメヤン残留のために絶対に勝ってもらわなければならない。

 

出典:arsenal.com/

アーセナルは、オリヴィエ・ジルーを警戒する必要がある。

彼はタミー・アブラハムから、ランパードのファーストイレブンの座を奪ってきた。

彼は依然として、空中戦のターゲットであり、ニアポストフィニッシュのエキスパートだ。

抉ってくる中盤のプレイヤーとの連携も抜群だ。

目次

チェルシー戦 怪我人情報

出典:arsenal.com/

ヘクター・ベレリン

【テストマッチ】PL38節 アーセナル v ワトフォード 試合結果

  • 右ふくらはぎの張りのため、大事を取ってワトフォード戦は欠場していた。
  • ヘクターは、トレーニングに復帰している。

ベルント・レノ

【嘲笑】PL30節 ブライトン v アーセナル 試合結果

  • ブライトン戦で、中等度の右膝靭帯捻挫の怪我を負う。
  • 現在は、屋外でのランニングとボールを使用したトレーニングを行っている。
  • 今週中のフルトレーニング復帰を目指す。

シュコドラン・ムスタフィ

【夢のよう】FAカップ 準決勝 アーセナル v マンチェスターシティ 試合結果

  • FAカップ準決勝で、右ハムストリングを負傷。
  • 追加の検査で、右ハムストリングに重大な損傷があることが判明し、手術を実施。
  • 10月のフルトレーニング復帰を目指す。

2度目のEmirates FA Cupファイナルも欠場することになってしまった。

良いニュースは、手術がうまくいったことと、私が物事を簡単に諦めるタイプではないということ。👊🏻

がっかりしたけど、状況を受け入れて、今はピッチに戻ることだけを考える。🙌🏻

#SM20

カラム・チェンバース

【London is Blue】PL20節 アーセナル v チェルシー 試合結果

  • 2019年12月29日のチェルシー戦で、左膝の前十字靭帯を断裂。
  • 軽めのボールトレーニングと屋外でのランニングを行っている。
  • 年内でのフルトレーニング復帰を目指す。
Photo by Stuart MacFarlane/Arsenal FC via Getty Images

ガブリエル・マルティネリ

  • 6月21日のトレーニング中に、左膝軟骨を損傷する怪我を負う。
  • 年内のフルトレーニング復帰を目指す。

パブロ・マリ

【いつものGunners】PL29節 マンチェスターシティ v アーセナル 試合結果

  • マンチェスターシティ戦で、重度の右足首捻挫の怪我を負う。
  • 母国スペインに短期帰国中。
  • 9月のフルトレーニング復帰を目指す。

Team news update: latest ahead of FA Cup final

チェルシー戦 プレスカンファレンス

ファイナル目前の今の心境は?

  • 国内においても、この大会にとっても特別な日だ。とても興奮している。
  • 私たちは、これまでに何度も優勝しているクラブだから、再び優勝したい。
  • 初年度でファイナルを指揮できるなんて恵まれているし、明日の試合を楽しみにしている。

 

2014年の優勝と比較すると?

  • 複雑な感情が入り混じっている。
  • 今回同様、クラブはトロフィーから長らく遠ざかっていたから、プレッシャーがあった。
  • 試合は、少しクレイジーだったが、終わり方は素晴らしかった。
  • あの優勝は、クラブがこの大会で躍進するきっかけにもなった。
出典:arsenal.com/

 

今でも2014年の優勝を思い起こすことはあるか?

  • もちろん。写真も思い出も、あの日を本当に素敵なものにしてくれた瞬間がたくさんある。
  • 前提として、9年間タイトルから遠ざかっていたことを理解しなければならない。
  • 私たちは、みんなのために、クラブ、ファン、そしてアーセンのためになんとしてでも優勝したかった。
  • 次の日のパレードもまた素晴らしかった。素晴らしい思い出だ。

 

チェルシーの方が優位という見立てもあるが?

  • ファイナルだから、わからない。
  • チェルシーは今シーズン、本当に良いレベルでプレイしているが、唯一の目的、目指すものはトロフィーを獲得すること。

 

ダヴィド・ルイスとオリヴィエ・ジルーにとっては古巣との対戦

  • オリーの最近のパフォーマンス、ゴールは確認している。彼のことを知っているし、ファイナルの舞台での経験もある選手だ。
  • ダヴィドにとっても、特別な日になるだろう。準決勝のシティ戦のようなパフォーマンスを期待したい。

 

アーセナルのときのジルーは、過小評価されていた?

  • わからないが、ストライカーへの要求は非常に高いものだ。
  • ファンは、オリヴィエに感謝していたと思うし、クラブでもドレッシングルームでもそうだった。
出典:arsenal.com/

 

ELが懸かった大事な一戦?

  • その通りだ。あまり結びつけて話したくはないが、財政面では本当に助かる。
  • 競技面でも、このクラブはヨーロッパでプレイすべきであり、明日はその両方が掴めるチャンスだ。

 

グアルディオラが相手ではないから、勝利は容易?

  • そんなことはない。ファイナルなのだから。
  • プレッシャーもあるし、楽になることはない。

 

フランク・ランパードについて

  • 選手としてのフランクは、絶対的なトップだった。
  • ビッグクラブで何年もプレイし、多くのことを成し遂げてきた。
  • 監督としては、ダービー・カウンティのときから、彼の人間性と野心、そしてチームスタイルを浸透させてきた。今シーズンも彼は本当に良い仕事をしている。
  • 私たちはまだ若く、学びを得ている最中だ。クロップやグアルディオラとは比較するものではない。

 

ヘッズアップFAカップと、メンタリティの重要性

メンタルヘルス意識を高めるためのキャンペーンとして知られるHeads Up (ヘッズアップ)と提携し、the Heads Up FA Cup finalと名付けられている。

  • 人はあまりそこに触れたがらないが、メンタリティはとても重要で、時にはフィジカルよりもはるかに重要なこともある。
  • この試みで、オープンに話題に出せれるようになれば良い。

 

ジョルジーニョに腕を掴まれないように、選手はベビーオイルを塗るべき?

  • No.  彼は賢い選手だし、自分が何をしているか分かっている。
  • そういったプレイも競技の一部だ。

 

監督として迎えるファイナル、気持ちに変化はあるか?

  • 緊張からなのかどうかは分からないが、その日が来ること、試合をすること、ピッチに立つことにソワソワしている。
  • ウェンブリーの隣にあるホテルで、その雰囲気に浸ったり、家族と過ごしていると、早くトロフィーを手にしたいと思う。
  • もう明日になってほしいし、一刻も早くトロフィーを掲げたい。

 

今後のためにも、初年度のトロフィー獲得は重要?

  • そうだね。タイトルを獲得することで、信頼が生まれる。
  • どのクラブにとっても、トロフィーを獲得することはとてもポジティブなこと。プロセスの中にいるときは、より重要になってくる。

 

自身のキャリアのためにも、優勝は重要?

  • このクラブをタイトル獲得に導くため、懸命に働いてきた。それができれば幸せだ。
  • しかし、自分のためではなく、選手やクラブのために頑張りたい。
  • ここ数シーズン、選手たちは非常に困難な時期を経験してきたし、ファンも同じだ。彼らはそれにふさわしい。

 

オバメヤンの最後のアーセナルゲームになるという不安は?

  • No, そういった不安はない。

 

FAカップ優勝は、オバメヤン残留に効果的か?

  • No.  あのレベルの選手を説得するには、多くの材料が必要になる。
  • 彼とは、まだ契約が残っていることを忘れてはならない。彼には、長きにわたってここに居てもらいたい。
  • 優勝はすべてとリンクしているから『もっとこの瞬間を味わいたい』と思ってくれたら幸い。

 

マンチェスターシティ戦のような内容で臨むのか?

  • これは、ファイナルだ。
  • 異なる特徴を持った相手だから、同じようなアプローチでは臨まない。

 

アーセン・ヴェンゲルと連絡を取ったか?

  • ここ数ヶ月は、何度か連絡を取っているが、ファイナルの前は取っていない。
  • 内容は、プライベートな会話だ。素晴らしいアドバイスをくれる。
  • 彼がクラブや私をサポートしてくれると思うだけで、気持ちが落ち着く。
  • なんでも話せるし、ノートを出してメモを残すこともある。
出典:arsenal.com/

 

スタッフを追加するという噂があるが?

  • シーズンが終わったら、それについて話し合うことになるだろう。

Arteta on the FA Cup final: full transcript

 

ラカゼット『ELでの敗北を忘れない』

18/19 ELファイナルでは、チェルシーに敗北

ファイナルの舞台、バクーからロンドンへ

誰も話していなかったし、本当に静かだった。

今までで、最悪のフライトだったかもしれない。

ファイナルに敗れたとき、誰かと話をしたり、笑おうとするのは本当に難しい。

明らかに、誰もが失望していた。

プレイした全員が、昨シーズンのファイナルを忘れていないことを願っている。

この試合に向けて、誰もが自分なりのモチベーションを見つけなければならないからだ。

それが過去や未来のことを考えることなのか、それともこの試合に勝ちたいからなのか、理由はどうでもいい。

でも、誰もが勝ちたいと思って挑んでくる。

Lacazette – Baku disappointment can drive us

ファイナルを控えて

コロナによる長期中断、マネジャーの交代、プレイする選手の変更など、様々なことがあった。

変な感じだったけど、最後の試合、ファイナルが控えている。

僕らはただ、あのトロフィーを掲げたい。

今季は、キャリアの中でも最も難しいシーズンだったかもしれない。

でも、メンタリティの面で多くのことを学んだし、ゴールよりもチームのことを考えることの大切さを学んだ。

だから、今シーズンのスタッツは、ベストではないことは知っている。

でも来シーズンは、また全く違うものになると思っているよ。

僕はポジティブだし、前を向いているし、もっと良くなると思っている。

‘It’s maybe the toughest season of my career’

 

メスト・エジルの欠場が決まる

メスト・エジルは、FAカップファイナルに出ないようだ。

エジルはクラブの許可を得て、トルコに滞在している。 🇹🇷

#HeadsUpFACupFinal

 

おわりに

エジルが試合に出ないことは、特に驚きはないが、別行動を取っているとは。

このまま契約満了まで、アーセナルに居座ることになるのだろうか。

 

さて、来季に希望を繋ぐためなんとしてもほしい、FAカップタイトル。

ジルーは好きだが、大事な場面で彼にやられたくはない。

 

 

ひとまず、以上。