キャンプの目的を明かすアルテタ/自信満々なペペとゲンドゥージ

キャンプの目的を明かすアルテタ/自信満々なペペとゲンドゥージ

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

アーセナルのドバイキャンプは1日目が終わり、2日目に突入している。

アーセナルのドバイキャンプ

1日目 – ✅

🇦🇪 ではまた朝に会いましょう 😅

アルテタ『一丸となれる絶好の機会』

トレーニングセッション1日目を終えた、ミケル・アルテタ。

ドバイでキャンプをする理由

  • 気象条件とトレーニング施設が驚異的に優れている。
  • トレーニングセッションの1日目は、非常に有意義なものとなった。

グループ全体を連れてきた狙い

  • 就任してから、20人もしくは22人といった人数で一斉にトレーニングする機会がなかった。
  • 改善に向け、プレイヤーだけでなく、バックルームスタッフなど含め一丸となって取り組む必要があった。

プレイヤーのマネジメントについて

  • 選手の心をリフレッシュさせるためにも3、4日の休暇が必要だった。
  • 選手は、ここ数ヶ月で多くのことを経験していた。
  • ニューカッスル戦に改めて集中するためにも、あと5、6回のセッションを設けるつもり。

リハビリの選手もキャンプに帯同

  • グループダイナミックの観点から重要な機会になると思う。
  • 新加入選手にとっても他のメンバーを知るための絶好の機会となる。
  • 選手の連携だけでなく、スタッフ間でもそれは重要なものになるだろう。

新加入選手のキャンプでの取り組み

  • セドリックはリハビリのため、パブロのほうが起用に近いところにいる。
  • ふたりともこのキャンプで全てを見せつけたいという気概を感じる。

ドバイで休暇を設けた重要性

  • シーズンを戦う10ヶ月の間、常に同じ緊張感を維持することは不可能なこと。
  • そのためにスイッチをオフにする休息期間が必要になってくる。
  • スポンサーの関係で、ドバイとは繋がりがあったし、選手もここが好きだ。
  • 選手も家族とドバイで休暇を過ごし、トレーニングに入ることは知っていた。

今回のキャンプとそのゴールについて

  • 何時間もの間、共に過ごし、コーヒーを飲んだり、話をしたり、集団MTGや個別MTGなどを行う予定。
  • このキャンプの最大の目的は、行ってきたことを確認するということ。
  • ここ5、6週間のうちに行ってきたこと、改善できること、改善したこと、維持しなければならないことなどをレビューをする。
  • このキャンプを通して、チームとしてさらに一歩前進できることを願っている。

ウインターブレイクが羨ましいアルテタ

  • プレイヤーだったときに、こうしたブレイクはなく、常に多忙を極めフラストレーションが溜まっていた。
  • 満足なリカバリを行うことができなかったので、きっと役に立ってくれるだろう。
  • このブレイクはリーグにとっても、プラスになることだろう。
  • 単にフィジカルの面だけでなく、メンタリティの面での恩恵も大きなものだ。
  • 10ヶ月間も一定のレベルを維持して、戦い続けるのは非常に困難なのだから。

 

今回のウインターブレイクが、プレミアリーグのスタンダードになるかどうかはわからない。

浮上のきっかけが欲しいアーセナルにとっては、トレーニングセッションをこなせる時間は本当に欲しかったことだろう。

そして、新加入選手が馴染むきっかけにもなりそうだ。

 

アーセナルの新加入選手

ドバイキャンプに参加している1月に獲得した、パブロ・マリとセドリック・ソアレス。

パブロ・マリ

ドバイでのファーストトレーニング ✅🇦🇪💪⚽️

セドリック・ソアレス

ドバイの強い日差しを浴びながら、リカバリに努めているよ 🇦🇪💪🏻

復帰する日が待ちきれない。

Let’s go Gunners! 🔴⚪

 

セドリックは、リハビリの真っ只中にいるが、PLでのプレイ経験は十分。

焦ることなく、リハビリに取り組んで欲しい。

 

ニコラ・ペペとマテオ・ゲンドゥージの一問一答

 

ふたりとも流石、プロフェッショナル。

自信満々な即答を披露している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arsenal 🔴(@afc___daily)がシェアした投稿

ニコラ・ペペ『 アーセナルのベストプレイヤーは? 』

マテオ・ゲンドゥージ『 俺 。』

 

この投稿をInstagramで見る

 

Somebody come pull Van Dijk out from the grave Pepé just lowered him into 😂😂 My Winger 😂♥️

ArsenalEditor(@arsenal_editor)がシェアした投稿 –

マテオ・ゲンドゥージ『 今までで、最も苦労したDFは? 』

ニコラ・ペペ『 正直にいうと…いないね。 』

 

おわりに

背は低いが、マッチョなトレイラ

パブロ・マリに補助してもらっているルーカス・トレイラ。

友人に助けてもらって、なんとかやってます 😉

ルーカス・トレイラ 🤝 パブロ・マリ

 

アーセナルのスターティングに名を連ね、試合ではバチバチにやりあっているトレイラ。

この光景は微笑ましいが、やるときはやる男である。

 

マヌエル・アルムニアとベレリンの交流

心臓に疾患が見つかり、2014年に選手としてのキャリアを終えたアルムニア。

無冠のアーセナルを支えたGKがヘクター・ベレリンとドバイで交流したようだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ArsenalEditor(@arsenal_editor)がシェアした投稿

 

 

ひとまず、以上!