【来季はCL】アーセナル、給与削減の合意のお知らせ

【来季はCL】アーセナル、給与削減の合意のお知らせ

さて、今日のアーセナルの情報をみなさまと共有したく存じます。

クラブから正式に給与削減の件が、アナウンスされている。

アーセナル 年俸12.5%のカットに合意

給与の削減合意のお知らせ

この度、ファーストチーム、ヘッドコーチ、コアコーチングスタッフとクラブをサポートするための自主的な合意に達したことをお知らせします。

Covid-19の脅威によって引き起こされた事態の深刻さを認識し、選手・スタッフがアーセナルファミリーを支援することとなりました。

近日中に手続きを行い、今月中には年俸12.5%の削減が実施されます。

シーズン目標達成で返金される

今後のシーズンにおいて、主に試合に関しての目標を達成できれば、今回削減した金額は払い戻されます。

選手が直接関与できる目標を達成することで、クラブの財務状況が明るくなり、払い戻すことが可能になります。

今回の給与削減の合意は、19/20シーズンが完了し、放映権料の全額を受け取ることを前提としており、今シーズンのマッチデイ収入、CM収入等の財務リスクのある部門の補填に充てられます。

最後に

我々の歴史の中でも最も困難なこの時期に、クラブのために尽力してくれた選手・スタッフの皆様には、多大なるご厚情に感謝しております。

Victoria Concordia Crescit

 

来シーズンの目標はCL or EL

Goonerであり、Goal.comのライターでもある、Charles Watts(チャーリー・ワッツ)のTwitterから。

選手、アルテタ、主要なコーチングスタッフは、年俸の12.5%の賃金引き下げに同意した。

チームが目標を達成した場合(CL / EL出場権)、これらの賃金は全額(もしくは一部)で返金される見込み。

アーセナルの今回の決定は2週間の協議の末、合意にこぎついた。

ちなみに、スクワッドの全員が合意しているわけではない。

大多数とは合意に達しているが、何人かとは依然として交渉中である。

 

返金のために一丸となって、CL出場権のトップ4を目指す!

かっこいい。

 

最大でも残り3人と交渉中のアーセナル

さて、依然として給与カットに関しては複数人と交渉中とのことだが、その中にメスト・エジルがいるとのこと。

交渉中の3人のうちの1人がメスト・エジルで、アーセナルの減給に抵抗しているようだ。

エジルを含む3人の意見としては、12.5%分の給与繰越を望んでおり、カットに関しては正確な財務状況が出てからにしてほしいとのこと。

 

どうやら、年俸の12.5%の返還に関してはだれも異を唱えていないようである。

カットするのか、繰越にするのか。

来季に向けてチームがひとつになるためにも、しっかりと協議を重ねてほしいところ。

 

ともかく、雇用の安定が守られたようで安心した。

来シーズンのアーセナルが楽しみだが、コロナウイルスは終息してくれるだろうか。

【Arsenal Q&A】現地ライターが答えるアーセナルのあれこれ

 

 

ひとまず、以上!