【夢のトップ4】PL24節 チェルシー v アーセナル プレビュー

【夢のトップ4】PL24節 チェルシー v アーセナル プレビュー

プレミアリーグ24節。

10位のアーセナルがアウェイで4位チェルシーと対戦する。

前回の対戦が12/29ということで、一月も経たずに再戦だ。

試合は、日本時間1月22日 5:15開始である。

ちなみに、前回対戦ではロンドンを赤くは染めることは出来なかった。(【London is Blue】PL20節 アーセナル v チェルシー 試合結果

【London is Blue】PL20節 アーセナル v チェルシー 試合結果

 

アルテタ『移籍市場、動きなし』

直近5試合でリード保てず、2勝だけ

  • 失点の仕方が好ましくなかった。
  • PLは最後まで、どうなるかわからないリーグ。
  • 2点目、3点目を取りに行く野心が必要になってくる。

エディ・エンケティアへの期待

  • 状況次第。
  • 彼は若いが、他の選手と同様に扱う。
  • 彼が前回の試合で起用された理由は、日々のトレーニングの姿勢が出場に値していたから。
  • 今後の起用も、エンケティア次第。

Top4に向けて勝利は必至

  • 当然のこと。
  • 前回のホーム戦も惜しいところまで行っていた。
  • 今回は、勝利がマストだ。

移籍市場の動きについて

  • 全く動きはない状況。
  • レイヴァン・クルザワについても同様。
  • 1月に誰も来ない可能性もあり得る。

誰も獲得できなかった場合

  • 別に不幸なことではない。
  • 獲得する選手は本当にチームのためになり、違いをもたらす選手でなければいけない。
  • 獲得すること自体が第一の目的ではない。

試合へのアプローチ

  • 私の望みはどこであろうと我々のやり方で勝つこと。
  • いつも同じ方向を向いて、同じ意図を持って突き進むだけ。

 

『パニックバイなんてしない。スクアッドに違いをもたらす選手を必要としている。』

なんとも力強いお言葉である。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HaytersTV(@hayterstv)がシェアした投稿

 

チェルシー戦怪我人情報

ピエール・エメリク・オバメヤン

  • クリスタル・パレス戦のペナルティで出場停止処分中。

カラム・チェンバース

  • 前十字靭帯断裂で今シーズン絶望。
  • 6~9ヶ月の離脱予定。

セアド・コラシナツ

  • 太腿の負傷。
  • 2月のバーンリー戦以降の復帰を目指す。

リース・ネルソン

  • ハムストリングの負傷。
  • コラシナツ同様、バーンリー戦後の復帰を目指す。

パパ・ソクラティス

  • 病気(風邪?)のため療養中。
  • チェルシー戦前にコンディションチェックを行う予定。

キーラン・ティアニー

  • 脱臼により、手術を実施。
  • 3月のフルトレーニング復帰を目指す。

 

4位チェルシーとは10ポイント差

なかなか浮上のきっかけを掴めないでいるアーセナル。

まだ4位との勝ち点差は、10ポイント。

直接対決でチェルシーを叩くことができたのなら、その差は『7』に。夢の4位フィニッシュも見えてくる。

なんとしてもこの試合は、勝ちが必至。マストである。

 

ガブリエル・マルティネリ、代表チームが視察?

ブラジル代表のコーチスタッフがプレミアリーグの試合を視察

チェルシー v アーセナルを含め、ブラジル代表のスタッフがPLの試合を視察に訪れるようだ。

視察対象の試合は、以下の通り。

チェルシー v アーセナル

マンチェスター・シティ v クリスタル・パレス

リヴァプール v マンチェスター・ユナイテッド

 

ガブリエル・マルティネリをチェックする意味もあるだろう。

マルティネリ本人としては、アピールのチャンス。

怪我なくプレイしてほしいものだ。

 

おわりに

ヘンリク・ミキタリアンの誕生日

アーセナルの『7番』のミキタリアン。失念していた。

1989年1月21日生まれの30歳….。まだ30歳だったのか。

ファーストチームでローンに行っているのは、ミキタリアンとモハメド・エルネニ。

今後、どういったアーセナルキャリアを歩むことになるのだろうか。

 

 

ひとまず、以上。