【ベタ褒め】アルテタ・アーセナルが見せつけた変化

【ベタ褒め】アルテタ・アーセナルが見せつけた変化

ウナイ・エメリからミケル・アルテタにヘッドコーチが変わり、まだたったの『2試合』。

それでも以前とは打って変わって、人とボールがよく動くようになったアーセナル。

 

見ている側でさえ変化を感じており、実際に指示をもらっている選手たちもミケル・アルテタがきてから、良い方向に向かっていると実感が湧いているようだ。

 

アルテタが指揮を取り、変わったアーセナル

前回のロンドンダービー、ジャーナリストはどう評価したのだろうか。(【London is Blue】PL20節 アーセナル v チェルシー 試合結果

オバメヤンとエジルのプレイの変化

アルテタが選手たちに対し、明らかに望んでいることは、あらゆる瞬間・アクションにおけるインテンシティ(強度)とエナジーである。

前半の30分間、走力でチェルシーを乱し、ピエール・エメリク・オバメヤンは果敢にプレスを行なった。

そしてオバメヤンのゴールで先制し、アーセナルはアルテタの要求通りに動いていることが垣間見えた。

そしてユングベリから、厳しい言葉をもらっていたメスト・エジル。

アルテタから『過去のことは気にしない』と言われていたエジルは、疲れも見せずに走った。

76分に交代するときには、フラストレーションを露わにすることなく、見違えるようだった。

彼の努力は暖かい拍手で称賛された。

試合後にアルテタはエジルを褒めていたものの、難しいのは彼の継続性。

それでもオバメヤンとエジルといったアーセナルでも有名な2人が汚れ仕事を行なった事実は、アルテタの信用度の高さが窺える。

不運もあったアーセナル v チェルシー

チェンバースの負傷とミスによる失点

カラム・チェンバースを怪我で早々に失い、シュコドラン・ムスタフィが投入された。

戦術の調整は容易でも、選手の交代はそうではなかった。

チェルシーの決勝点の場面でムスタフィは、あまりにも簡単に振り切られてしまった。

また、ベルント・レノの不用意なプレイでジョルジーニョに簡単に決められるという不運もあった。

ジョルジーニョのプレイについて

ジョルジーニョは同点弾のプレイの前に退場疑惑のプレイもあり、ピッチに残れたことは幸運であった。

チェルシーの指揮官、フランク・ランパードもジョルジーニョが幸運だったことを認めている。

あの瞬間をアルテタもターニングポイントだったと認識している。

ダヴィド・ルイスの懸命のプレイがあったものの、同点になるとアーセナルは明らかに意気消沈してしまった。

そして、タミー・アブラハムにとどめを刺された。

アルテタがしなければならないこと

この試合で、アルテタはムスタフィの脆弱さを理解したことだろう。

まだアルテタには、猶予がある。

12位のチーム状況を改善するための財政支援を得られる可能性もある。

このイライラくる不運な90分で再確認したのは、彼やアーセナルもよくわかっているように、これは簡単に修正できる問題ではないということだった。

‘Mikel Arteta’s Arsenal homecoming transformed into wake’

 

負けてしまって悔しいが、正しい方向に進んでいる試合を見せてくれたアルテタ・アーセナル。

次に選手のアルテタ評をみてみよう。

エメリが不憫に思えるほど、わかりやすいアルテタ

こぞって指示が明確だ、と言っているミケル・アルテタのコーチング。

ウナイ・エメリが可哀相に思えてくる。

ダヴィド・ルイス『世界最高のマネジャーになる』

彼は世界でもベストコーチの一人になるだろうね。

彼の説明は明確で、選手についての理解もある。

自分のキャリアで多くのいいコーチがいたが、彼はインテリジェントで賢い。

ベストの一人だと思う。それでも、僕らプレイヤーも彼を助けていかなければならない。

多くの人はまだ疑問を持っているかもしれないが、僕は、彼の哲学とフットボールの見方を信じているよ。

 

ジョー・ウィロック『皆、彼の指示に耳を傾け、実践している』

goal.comのインタビューから。

指揮官が変わっても、信頼は厚いウィロック。

私たちは彼を信じ、選手全員、彼の指示に耳を傾けている。

彼がトレーニングで行なった戦術をピッチに落とし込もうとした。

前半は見事にそれが出来ていたが、継続できなかった。

彼とは、まだ一週間しか過ごしていない。

これからが楽しみ。

 

ブカヨ・サカ『彼のやり方を再現するとうまくいく』

彼は、選手とクラブの両側面を理解しており、多くのアイデアを授けてくれる。

彼は僕たちに、どういったプレイをしてほしいか明確な戦略を持っている。

彼とともに働けて、本当にエキサイティングだ。

彼は、僕らが知らなかったほんのちょっとしたことでさえも教えてくれる。

彼のやり方をピッチに持ち込むことで、うまくいっていることがよくわかるんだ。

これからが楽しみだね。

 

進むべき道は、選手もスタッフもビジョンは一致しているようだ。

あとはこのパフォーマンスを如何に継続できるかどうか。

アルテタ・アーセナルに期待しよう。

 

 

ひとまず、以上!