オバメヤン『キャプテンになって変わったこと』

オバメヤン『キャプテンになって変わったこと』

さて、今日のアーセナルトピックスをみなさまと共有したく存じます。

ピエール・エメリク・オバメヤンがキャプテンマークを引き継いでから、もうすぐ1年。

オバメヤンがキャプテンに就いて以降、FAカップコミュニティシールドを制したアーセナル。

オバメヤン自身は、変化があっただろうか。

オバメヤン、心境の変化を語る

キャプテンになってから、自分は変わったと思う。

責任の重さを実感しているし、全試合ですべてを出し切ろうとしているんだ。

 

少し前は、相手によって気分の波もあった。

でも、今はすべての試合に集中して、ベストを尽くすことを考えている。

ベンチだとしても、チームメイトを鼓舞して助けるようにしているよ。

 

この変化はとても重要だと思う。

調子の悪い日や機嫌の良くない日であっても、ポジティブに物事を変換しないといけないからだ。

そこで、自分の出番。

なんと言えばいいのか、私は人を幸せにするのが好きだし、皆の気持ちを上げるのが性に合っていると思う。

それがキャプテンとしての自分に与えられた仕事だろうけど、自然体でやっている。

 

私は、皆の手本となるべき存在にならなければならない。

ジムに行く時、一番乗りに行けば、自然と皆もついてきてくれる。

ジムの人たちも『キミが来れば皆、来るんだな! 」って言うんだ。

だから『OK、OK』って、自分が一番乗りにジムに入ることにしているよ。

Auba – How being captain has changed me

 

 

ひとまず、以上!

 

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!