【中位対決】PL25節 バーンリー v アーセナル プレビュー

【中位対決】PL25節 バーンリー v アーセナル プレビュー

今回の移籍市場では、CBパブロ・マリとRBセドリック・ソアレスをローンで獲得したアーセナル。

MFダニ・セバージョスも残留し、ひとまずこのスクアッドで19/20シーズンを戦うことになった。

今回のバーンリー戦が終われば、2週間ほどのウインターブレイクに入り、続々と負傷者が復帰する予定である。

勝って良い形で、ウインターブレイクに入りたいところ。

 

アーセナル、RBセドリック・ソアレス獲得の噂/締切迫る移籍市場

 

アルテタ『マーケットでは、良い立ち回りができた』

移籍市場の総括

  • ここ数週間で起こった問題を解決するため、マーケットでは積極的に動いてきた。
  • 財政面を考慮すると、補強が困難であったがうまく立ち回れた。
  • 4週間ほど前には、選手売却の話もあったが、なんとかマネジメントすることができている。
  • 有益な2名のプレイヤーを獲得でき、スクアッドをより良いものにしてくれると信じている。
  • マーケットの出来には、総じて満足している。

オバメヤンとダヴィド・ルイスの復帰

【一発レッド】PL22節 クリスタル・パレス v アーセナル 試合結果

  • トッププレイヤーがスクアッドに戻ってくることは良いニュース。
  • トレーニングも懸命にこなしており、コンディションは問題ない。

シュコドラン・ムスタフィの負傷について

シュコドラン・ムスタフィは捻挫?

  • 幸いなことに想定よりも、悪くはなかった。
  • 深刻なものではなかったため、ポジティブに捉えている。

セドリック・ソアレスがクラブにもたらすもの

【Welcome to Arsenal】セドリック・ソアレス獲得のお知らせ

  • 経験豊富なプレイヤーで、プレミアリーグのことを理解している。
  • 野心溢れるプレイヤーであり、今回の挑戦を喜んでくれた。
  • アーセナルとしても、数年前からセドリックをチェックしていた。
  • 彼のキャラクターに良い印象を持っているし、スクアッドのレベルを引き上げてくれるだろう。

セドリックの起用について

  • 昨日チェックを受けており、今日詳しい結果が明らかになる。
  • まだ万全でないと思われるので、日曜日の起用はないだろう。

パブロ・マリについて

【Welcome to Arsenal】待望のCB パブロ・マリ獲得のお知らせ

  • 非常に重要な補強になった。
  • バランスをもたらし、オプションが増え、ピッチをオープンにしてくれるだろう。
  • セドリック同様、彼もここ数ヶ月フォローしていたプレイヤーだったため、来てくれて非常に嬉しい。

バーンリー戦について

  • バーンリーは、イングリッシュブランドの1つ。
  • 自分たちの特性を理解し、組織されたプロフェッショナルなチーム。
  • バーンリーのペースに合わせると、試合は難しくなってしまう。
  • しっかりと準備し、プランを立てて挑むことが重要になってくる。

バーンリー後のブレイクについて

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでキャンプ予定のアーセナル

  • 2つのプランを考えている。
  • 1つは、11月以降、過密日程であったためリラックスに充てること。
  • 2つ目は、イングランドから離れ、環境を変えて、トレーニングを行うこと。
  • ここ最近は、日程面で準備やトレーニングに時間を充てることが難しかった。

ここからシーズン終了までの意気込み

  • ここ最近取り組んできたことの成果は、徐々に見え始めている。
  • 求めるレベルまでは、時間と結果が必要になるが、全体として正しい道へ進んでいる。
  • ドバイでのキャンプも役に立つことだろう。
  • なによりも、怪我でプレイヤーを失うことだけは避けたい。

 

バーンリー戦の怪我人情報

ピエール・エメリク・オバメヤン

  • 出場停止のペナルティが終わった。
  • 起用が可能な状態。

ダヴィド・ルイス

  • 出場停止のペナルティが終わった。
  • 起用が可能な状態。

カラム・チェンバース

  • 前十字靭帯断裂でアウト。
  • 復帰まで、6ヶ月~9ヶ月かかる見込み。

セアド・コラシナツ

  • 太腿の負傷。
  • 試合前にコンディションをチェックする。

シュコドラン・ムスタフィ

  • 足首の捻挫。
  • 試合前にコンディションをチェックする。

キーラン・ティアニー

  • 肩の脱臼でリハビリを行なっている。
  • 3月のフルトレーニング復帰を目指している。

リース・ネルソン

  • ハムストリングの負傷。
  • バーンリー戦後のウインターブレイク中での復帰を目指している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The scan turned out to be very positiv – to speed things up, I found a solution 😜 Thanks, @m10_official 👊🏻 #Teamwork #SM20

Shkodran Mustafi(@shkodranmustafi)がシェアした投稿 –

スキャンの結果、問題なしとのこと!

スピードアップのために、解決策を見つけましたよ 😜

ありがとう、メスト・エジル 👊🏻 #Teamwork #SM20

 

アーセナル10位 バーンリー13位

見事なまでの中位対決。

勝ち点も『30』と並んでいる。

 

出典:bbc.com/

 

アーセナルは、アルテタ体制になったボーンマス戦以降、プレミアリーグ1勝4分1敗の7ポイントしか取れていない。

Top4までは「10ポイント」と差が広がっている状況のため、そろそろ3ポイント奪取してほしいところだ。

 

おわりに

顔が似ている、アーセナルスクワッド

パブロ・マリ、セドリック・ソアレスに加え、ダニ・セバージョスの3人の顔が似ているようで。

ここらへんの感性は、ヨーロッパ圏でも変わらないみたいだ。

トランスファーウィンドウが終了した。

移籍市場の最終週に2人とサインしたアーセナル。

ダニ・セバージョスと新加入のパブロ・マリとセドリック・ソアレスを描いてみた。

 

ご機嫌なジョゼ・モウリーニョ

自分自身で話すところも面白いが、その後の最初のプレスの質問が『最終日に誰か獲得しますか?』というところも和やかで好きだ。

聞かれそうなことを予め話す、ジョゼ・モウリーニョ

Q1、マーケット最終日の選手獲得について

A1、No.

 Q2、マーケットに満足しているか

A2、Yes.

Q3、ストライカーは欲しくないか(笑)

 

ウインターブレイク直前のバーンリー戦は、2/2(土) 23:00から。

 

 

ひとまず、以上!