【妥当な結果】PL25節 バーンリー v アーセナル 試合結果

【妥当な結果】PL25節 バーンリー v アーセナル 試合結果

『アーセナルの試合』としてみると非常に面白みのない試合だった。

だが、『中位の試合』としてみると納得のいく試合内容だったかもしれない。(【中位対決】PL25節 バーンリー v アーセナル プレビュー

ここ最近、ぱっとしないアーセナル。

負けるよりは当然マシではあるが、目指しているポジションは『トップ4』である。

 

試合結果

Burnley 0 – 0 Arsenal

バーンリー:None

アーセナル:None

 

この投稿をInstagramで見る

 

The points are shared in Burnley⠀ ⠀ #BURARS #arsenal #gunners #coyg #premierleague #epl #bpl #afc

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

アーセナルスクワッド

バーンリースクワッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

TEAM NEWS | Here’s how the Clarets line up to face @arsenal

Burnley Football Club(@burnleyofficial)がシェアした投稿 –

Arsenal substitute

ブカヨ・サカが試合を続行できないため、ハーフタイムに変更があるようだ…。

45′ Bukayo Saka ⇔ Lucas Torreira

63′ Mesut Özil ⇔ Joe Willock

89′ Alexandre Lacazette ⇔ Edward Nketiah

 

注目のトピックス

メスト・エジルの『250試合目』

Gunnersとして、250試合目となったメスト・エジル。

このゲームを勝利することはできなかったが、いつの間にかアーセナルで250試合も出ているエジル。

喜ばしい記録である。

 

この投稿をInstagramで見る

 

250 appearances for The Arsenal! 〽️⠀ ⠀ Congratulations, Mesut! ⠀ ⠀ #Ozil #Arsenal #afc #burars #coyg #gunners

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

変化が見られたスターティングメンバー

  1. オバメヤンの復帰により、マルティネリがベンチに落ちると思われていたが、先発起用。
  2. ゲンドゥージが久々となる、プレミアリーグ先発起用。
  3. ムスタフィがソクラティスを差し置いて、スターティングに入る。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Auba’s back! ⚡️ What do you make of our #BURARS XI? #Arsenal #Aubameyang #Gunners #COYG #afc

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

ブカヨ・サカが開始直後に負傷

開始5分でタックルを受け、痛んでいたブカヨ・サカ。

その後の25分には座り込み、レフェリーに促され一旦はピッチを退いていた。

そしてハーフタイム時には、歩くのもままならないほどの状況であった。

いつぞやのニクラス・ベントナーを思い出したシーンだった。

サカの負傷について、ミケル・アルテタ

25分にダウンした、18歳のブカヨ・サカ

ミケル・アルテタの試合後のプレスコンファレンス

怪我の状態について
  • サカは、膝と腰を打っている。
  • 怪我により、調子が良くなかったので交代することにした。
  • 詳細については、後日明らかになるだろう。

 

見どころがない試合内容

今日は収穫なし。

🔵 0-0 🟡 (FT) #BURARS

両チーム通じて、観客が湧いたのはこのシーンくらいだろうか。

 

ムスタフィがベストパフォーマンスを披露

ムスタフィ起用のジンクスを望んでいたわけではないが、今日のムスタフィはどうだったか。

  • 7/7のクリアランス(チーム1位)
  • 4/4のヘディングクリアランス
  • 6/8の空中戦勝利(チーム1位)

これは、アーセナルプレイヤーの中でもベストの1人だろう。

今日は望んでいた結果ではないけども、皆のサポートには感謝しています。

素敵なムスタフィ👏

 

アーセナル シーズンの引き分け数を更新中

今回の試合で『13』のドローを記録したアーセナル。

ほかのプレミアリーグのチームよりも多い数を積み上げている。

 

アルテタ『杜撰なプレイでチャンスを作られた』

結果について

  • 試合の入り方は、とても良かった。
  • 20~25分あたりで、不必要なFKやCKを献上し、プラン通りに進めることが出来なかった。
  • 後半の入り方にもがっかりしている。
  • 後半の15~20分には、コントロールを失っていた。
  • そこから試合終了までの20分間は、巻き返しのチャンスだったが、得点まで結びつけることはできなかった。

90分間パフォーマンス維持するには?

  • 今回のゲームを含め、2試合は10人で戦っているため、直近の試合と比較するつもりはない。
  • とにかく一貫性が必要になってくる。
  • ファンタスティックな瞬間もあったが、杜撰なプレイで相手にチャンスを与えることもあった。

ピッチコンディションについて

  • 芝が伸びていたこともあり、難しかった。
  • 水も撒かないのでフットボールには、適していなかった。
  • 昨日はそれを想定して水を撒かずにトレーニングを実施したが、すぐに効果が出るものでもない。
  • 相手は非常にうまくやっていたし、適応しなければならなかった。

シュコドラン・ムスタフィについて

【勝てなくとも歓喜】PL24節 チェルシー v アーセナル 試合結果

  • ムスタフィには、『ミスは起きるもので仕方がない。チェルシー戦ではミスを引きずらずに良くやった』と話した。
  • トレーニングの出来も良かったし、いかに優れているか試合で示せたと思う。

 

おわりに

沈黙のエジルとラカゼット

エジルは、アウェイで1年半もの間、ゴールとアシストを記録できていない。

ラカゼットは、アウェイで1年間ゴールなし。

擁護のしようがない。

 

25試合を消化したアーセナル

リーグ戦、アウェイ5試合連続のドローのアーセナル。

Top4に辿り着けるのだろうか…。

📊 アーセナルの記録

📌 リーグのアウェイ戦、5戦連続のドロー。

これは、1948年以来の最長記録となっている。

📌 今季13回目のドロー。

これは、25節終了時点でPL史上最多となる記録。

📌 過去17回のPLでの試合で2勝しかできていない。(W2/D10/L5)

 

 

ひとまず、以上。