【明るいドロー】PL19節 ボーンマス v アーセナル 試合結果

【明るいドロー】PL19節 ボーンマス v アーセナル 試合結果

結果だけ見ればドローでおしまいなのだが、多くの改善が見られた試合だった。

トランジションも向上され、アルテタが就任してなにか難しいことを始めたというよりは、しっかり走る、ポジショニングの修正、パスを正確に出す。といったフットボールの基本を忠実にやろうという感じに見えた。

 

選手も役割が明確になったためか、守備で慌てる場面も少なかったように見える。

選手だけではなく、アルテタにとっても、非常に重要な試合になったことだろう。

決して悲観するような試合ではなかった。

進むべき方向は、間違ってはいないはずだ。

Match summary

試合の結果と、記録について少々。

試合結果

Bournemouth 1-1 Arsenal

ボーンマス D Gosling (35)

アーセナル P Aubameyang (63)

アーセナルのスターティング

出典:nbcnews.com/

Arsenal substitute

75′ Mesut Özil ⇔ Joe Willock
77′ Sokratis Papastathopoulos ⇔ Shkodran Mustafi
82′ Reiss Nelson ⇔ Nicolas Pepe

注目のトピックス

アルテタの初陣に注目が集まる

『新しい時代の幕開け』という表現もあり、周囲の期待が高い試合となった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Arteta era begins today 👊 ⁠ ⁠ COME ON YOU GUNNERS!⁠ ⁠ #Arsenal #Arteta #MikelArteta #PremierLeague #COYG #Gunners #BOUARS

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

 

選手のプレッシャーが垣間見えた瞬間

出典:nbcnews.com/

オバメヤンの同点ゴールのパフォーマンスが、まさかの観客とわちゃわちゃ。

選手も観客も一体となってわちゃわちゃ。

選手もホッとしたのだろう。

見ていた皆が、明るい希望を見出した瞬間だったように思う。

 

アウェイでゴールを決めるオバメヤンに感謝

ピエール・エメリク・オバメヤンはアウェイに強い。

アーセナルのアウェイゴール数の直近『16』のうち、『11』をオバメヤンがマークしている。

 

メディアの寸評

オバメヤン、ミケル・アルテタを救う

  • アルテタの最初の試合は、ボーンマスとの引き分けに終わった。
  • この結果、アーセナルは11位を維持し、4位のチェルシーとは8ポイント差。
  • アルテタの望んでいた結果ではなかったものの、良い兆候が見られた試合だった。
  • トレイラとジャカのコンビが良かったほか、エジルも良いパフォーマンスを披露した。
  • 前半に失点し、追いかける展開となったが、沈むことなく力強いキャラクターを示した。

Man of the match – メスト・エジル

By Sky

 

試合後、アルテタは『予想よりは良かった』と一定の評価

  • オバメヤンのゴールで引き分けに持っていったアーセナル。
  • Gunnersは、依然として中位に位置しているが、後半のパフォーマンスは楽観して見れるほど、ポジティブなものだった。
  • ボーンマス、アーセナルともに最初の枠内シュートが得点に結びついた試合となった。

Man of the match – ルーカス・トレイラ

By BCC

 

トレイラも本当に良くやってくれた。

彼はグラニト・ジャカと並び、1月に移籍する可能性が高い選手の1人だ。

理由のひとつは、前マネジャーのウナイ・エメリの起用法のため、心変わりしてほしいものだ。

アルテタ『満足している、期待以上のものだった』

結果について
  • 態度、熱意、戦う気持ち、チームスピリットが示せて非常に満足している。
  • 90分間通して期待以上の出来だった。
  • 試合中に起こったことは、準備していたものだったため、選手も慌てずに対応して事態を理解しようとしていた。
  • 得点にだけ、恵まれなかった。
得点不足について
  • チームのエナジーと自信をつける面では良かったが、パフォーマンスについては分析していく必要がある。
  • 積極的に改善していきたい。
  • 明らかに改善の余地はある。
選手のモチベーションについて
  • 失点したときに、どうなるかを心配していた。
  • 実際に失点したものの、彼らが示したキャラクターはとても良かった。
  • ハーフタイムでの表情や彼らのリアクションも良かった。
  • 組立てたプロセスを実行する際に失点してしまうと、自信を失って過去のトラウマを想起してしまうのもだが、そうはならなかった。
ヘッドコーチに就いた実感

 

この投稿をInstagramで見る

 

HaytersTV(@hayterstv)がシェアした投稿

  • 良い気持ちだ。
  • 交代や戦術変更は、今までもマン・シティで提案してきたから慣れたものだ。
  • 優秀な人材に囲まれ、事態へのアドバイスをもらっている。
  • 快適に感じているし、良い感じに濡れたよ。
メスト・エジルのパフォーマンス
  • 彼のトレーニングに対する姿勢は、驚くほど良い。
  • 選手全員に対して、起用するかどうかはイチからのスタートであると伝えており、彼にチャンスを与えたのはフェアな判断だった。
  • 相手の穴を突くならば、彼はキーとなれる選手であり、そのための準備もしてきた。
  • しっかりとやるべきことを全うしてくれた。
  • うまくいけば、彼のおかげで2、3点は取れていた。

 

サポートに感謝するアルテタ

オバメヤン『メンタリティは良くなっている』

パフォーマンスについて
  • 後半、多くのチャンスを不意にしてしまった。
  • 良い感じだったが、チャンスを掴むには改善していかないといけない。
  • メンタリティの面では良かったと思う、次に向けて良い材料になると思う。
  • 若手のパフォーマンスも良かった。
ミケル・アルテタがハーフタイムに言ったこと
  • 準備してきたプラン通りに、試合前と同じ気持ちでプレイするように言われた。
ミケル・アルテタについて
  • 基本を重んじ、戦術プランが豊富な人物だ。
  • 懸命にワークすることで、彼に応えていきたい。
  • 選手が戦意喪失しているようなら、彼がタッチラインからアドバイスをくれる。
ゲームプランについて
  • プラン通りに出来ていたと思う。
  • 皆、懸命にワークしていた。
  • 改善に向け、順調に進んでいる。
  • 次のチェルシー戦は、より難しい試合になることはわかっているが、自信はある。
試合を振り返って
  • 今日、若い選手たちは本当に良くやってくれたと思う。
  • プラン通りに動けており、今後の試合も継続して取り組んでいきたい。

 

試合を見た人も感じているが、プレイした選手たちも自信を掴んでいるようだ。

今後の成長が楽しみなアルテタ・アーセナルである。

 

アーセナル裏ハイライト

こんなこともあったよー、と共有。

功労者のひとりである、リース・ネルソン

ネルソンに腕を回して、励ましの言葉をかけたアルテタのジェスチャーは素晴らしいものだった。

Goonerの皆、今は耐えるときだ。

楽しみな未来が待っている。

 

試合後、ネルソンに熱心にアドバイスを送る、ミケル・アルテタ。

この試合、ネルソンの動きは良かったと思う。

最近は自信を失っているようだったので、これがきっかけとなって爆発してほしいものだ。

 

そのほかの功労者として挙がるのは、ダヴィド・ルイスだろう。

積極的にロングパスを供給しており、良い働きだった。

 

全体的に言えることだが、この試合の選手たちは非常に快適にプレイしているように見えた。

アルテタの指示や選手に課した役割が明確なのだろう。

ポジショニングの修正もスムーズに出来ており、ボーンマスのカウンターを早い段階で潰すシーンがよく見られた。

 

おわりに

サポーターの笑顔に安堵

エジル『ポジティブな試合だった』

試合に出れるようになって、SNSも頻繁に更新しているエジル。

勝てなかったのは、残念だけど、たくさんのポジティブな面も見えた試合だった。

プロセスを信じよう🙏🏼⚽

 

ただのドローではない、明るい未来が垣間見える試合だった。

今後に期待だ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

👊 A new week brings new challenges. Come on you Gunners!⁠ ⁠ #Arsenal #Gunners #MikelArteta #Arteta #COYG

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

👊 新たなる、挑戦が始まる!

Come on you Gunners!

 

 

ひとまず、以上。