【全文】オバメヤン、アーセナルと3年契約締結!

【全文】オバメヤン、アーセナルと3年契約締結!

さて、今日のアーセナルトピックスをみなさまと共有したく存じます。

Youtube LIVEやInstagram LIVEなどのSNSを駆使して、オバメヤンとの契約延長をアナウンスしたアーセナル。

ようやく…。

出典:arsenal.com/

それにしても、ガブリエル獲得もYoutubeでサプライズ発表だったが、こうした形が今後のスタンダードになっていくのだろうか。

【Welcome to Arsenal】ガブリエル・マガリャンイスの獲得を発表

オバメヤンの契約更新、遂にアナウンス!

オバメヤン『アーセナルが自分の居場所』

もちろん、アーセナルのことは前々から知っていた。

このクラブがどれだけスペシャルなものかは、もはや誰もが知っている。

信じられないような選手、情熱的な選手を見てきた。

私は、そうした彼らの中でも最高の一人になって、ファンの心に永遠に残ることを夢見ているんだ。

ティエリ・アンリ、イアン・ライト、トニー・アダムス、デニス・ベルカンプのように、アーセナルのレジェンドになりたい。

父は、最大のインスピレーションの源であり、選手としてもクラブと代表チームのキャプテンを務めた。

だから、このスペシャルクラブのキャプテンを務めることは、私にとって大きな意味がある。 

 

レガシーを残したい。

ここが私の居場所であり、私のファミリーなんだ。

 

オバメヤン『黄金期が訪れようとしている』

このスペシャルなクラブとのサインを疑うことは決してなかった。

ファン、チームメイト、家族、そしてこのクラブのみんなのおかげで、自分がここに居るのだと改めて感じている。

私は、アーセナルを信じている。

共に大きなことを成し遂げることができるはずだ。

ここにはエキサイティングなものがあるし、アーセナルにとって最高の波が来ると信じている。

 

ミケル・アルテタ『なによりも大事なこと』

ピエール・エメリクが私たちと共に居ることがなによりも重要だった。

彼は、信じられないほどのメンタリティを持った素晴らしい選手だ。

このクラブで、最速50ゴールを達成したこともあり、彼の働きの大きさは説明不要だろう。

 

彼はチームの重要なリーダーであり、私たちが築き上げているものの大きな部分を担っている。

彼は世界最高の選手たちと一緒になって、自分の軌跡を残したいと思ってくれているし、ここアーセナルで、それを達成することができるはずだ。

 

エドゥ『アーセナルを愛してくれている』

オバがこのクラブを愛しているのは明らか。

ピッチ内外において、私たちが掲げる全てのものを愛してくれているんだ。

彼は、チームにとって非常に重要な存在のため、将来を託してくれたことを嬉しく思う。

ファン、チームメイト、スタッフの皆が、この決断を喜んでいる。

Auba signs a new long-term contract!

 

ピエール・エメリク・オバメヤン、3年契約更新

Guardianの記事を見ていこう。

😍 待ち望んでいた瞬間! 

 

8月のFAカップ優勝以降、アルテタは『かなり楽観視している』と発言したこともあり、アナウンスは時間の問題となっていたが、ようやく終止符が打たれた。

今回の契約更新を受け、以前の週給£200kからクラブトップの高給取りになる可能性がある。

 

オバメヤンは、6月に31歳になったが、スピードとダイナミズムといった特長は未だ衰え知らずで、間違いなくプレミアリーグ最高のストライカーだ。

オバメヤンは、2018年1月にボルシア・ドルトムントからアーセナルに加入して以降、111試合に出場して72得点を記録している。

アーセナルの歴代得点ランキング(72得点するのに要した試合数)

 

CL挑戦でアーセナル移籍の噂

【オバメヤン移籍を希望】アーセナルの冬の移籍市場

グラニト・ジャカのキャプテン剥奪(グラニト・ジャカの乱)後の11月にアーセナルのキャプテン座に着いたオバメヤン。

しかし、チャンピオンズリーグ挑戦のため、移籍するのではないかといった噂が絶えなかった。

それでもアルテタが就任後は、明らかに噂は下火になっていった。

 

アーセナル強化 今後のプラン

アルテタは、これをバネにして更なるスクワッド強化を目指すが、アトレティコのトーマス・パーティやリヨンのフセム・アワールのような大物を獲得するには、資金が必要だ。

ちなみに、GKエミリアーノ・マルティネスをアストン・ヴィラに£20mで売却する話は、今週中には成立すると見られている。

マルティネス移籍、代役GK確保に動くアーセナル

また、ルーカス・トレイラがトリノかフィオレンティーナにローンで加入する噂も浮上。

セアド・コラシナツは、移籍に前向きではないものの、適切なオファーが来れば退団することになるかもしれない。

コラシナツは先日、アルテタと面談を行っており、そこで自分の居場所を求めてアーセナルで戦うつもりと述べたようだ。

‘I belong here’: Aubameyang signs new three-year Arsenal contract

 

おわりに

アルテタの落ち着き様から、オバメヤンの契約延長は既定路線となっていたわけだが、いざアナウンスされると本当に嬉しいものである。

今回のアナウンスに使われたLIVE配信は、アーカイブには残さなかったようで、生モノのようだ。

とにかく決まってくれて良かった。

 

Optaによると、2018年2月にデビューしたオバメヤンの得点数は、同期間のプレミアリーグ内では最多であり、アーセナル全253ゴールのうち、28%をオバメヤンが占めているとのことだ。

 

そんな化け物ストライカーが今のアーセナルに居るというのは、凄いことだし、非常に大事な時期をアーセナルに捧げてくれたオバメヤンには感謝しかない。

 

なお、この歓喜の影で、エミ・マルティネスのフェアウェルメッセージが出ている。Instagram_emi_martinez26

これで正式にエミ・マルティネスとはお別れのようだ。

 

 

ひとまず、以上!