アーセナルDFパブロ・マリをもっと良く知ろう【家族のこと】

アーセナルDFパブロ・マリをもっと良く知ろう【家族のこと】

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

今回は先日PLデビューを果たした、パブロ・マリについて。(【徳を積むアーセナル】PL28節 アーセナル v ウエストハム 試合結果

フットボールキャリアよりも家族にフォーカスを当てたインタビューだが、なかなか興味深かった。

パブロ・マリ『僕の家族について』

家族について

父、母、僕、妹の4人家族。

幼い頃から、フットボールに集中できるようたくさん助けてもらってきた。

家族総出で試合を見にきてもらったこともあった。

今は海外でプレイしているので、試合をチェックできるようネット登録とかしてチェックしてくれてるよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Comida en familia!🍣🍣🔝🔝 VALENCIA 😍😍

Pablo Marí(@pablomv5)がシェアした投稿 –

育った故郷について

バレンシアのアルムサフェスという小さな町で育った。

そこからバレンシアとレバンテのユースを経て、マヨルカでプロキャリアを始めたんだ。

家庭環境について

父も母も厳格な、一般的な家庭だった。

今も両親は、バレンシアで暮らしている。

謙虚で働きもので、幸せいっぱいな家族だ。

普段から一緒に夕食を摂って、クリスマスや誕生日は集まって祝っていたよ。

家からビーチまで15分くらいの距離だったから、夏は毎日のように出かけていたし、当たり前のことだった。

ペットについて

犬が1匹。

若い頃、路上で捨てられていた犬を保護してこともあった。トールという名前だった。

その次は、ナラという名前で小さなメス犬を飼ったよ。

7歳のときには自分で犬を購入して、またトールと名付けたんだ。

初代のトールは迷子になってしまったからね。

記憶に残っている映画

両親が気に入っていたのは、ラスト・オブ・モヒカン。

日曜日の午後は、決まって観ていたよ。

父は本気でハマっていたから、もう20回は観ていたと思う!

 

 

フットボール以外で関心のあったスポーツ

ない。

幼いときから家族全員が、本当にフットボールに熱中していた環境だった。

今ではフットボールを実際にプレイしているのは、2人の従兄弟くらいだけど。

家族全員で行うイベントについて

イベントというのはこれといってないけど、単に一緒の時間を過ごすことが多かったかな。

僕と父は釣りが大好きだから、そこには特別な絆がある。

今でも釣りは大好きだけど、記憶の限りでは最近は父は釣りに行っていないと思う。

父とはよく、バレンシア近くの海と川に行っていたね。

10歳の僕は、朝の5時に父に起こされていたよ。

でも、釣れた魚を食べるのが楽しみで仕方なかった。

主にスズキを釣っていたけど、船のときはマグロやイカ、タコとか色々釣れた。

食事について

海の幸に恵まれていたから、パエリアもよく食卓にあがった。

バレンシアでは、パエリアは家族が集まる日曜日に食べる風習がある。

レシピはついては、家族だけの秘密さ。

家族にまつわるゲームについて

カードゲームやドミノ、パルチスをよく家族で遊んでいた。

パエリアを食べてから数時間は、家族全員でパルチスをしていた。

 

家族が直面した最も困難な経験について

10歳か12歳のときの怪我かな。

ある夏、10cm~12cmほど身長が伸びたんだ。

腰の骨が急成長し、まだ硬質化しない軟骨のような状態になっていた。

だからプレイの度に怪我をした。

そんなことが1年半の間に3、4回も起こったんだ。

さすがに疲れたから、父に「また怪我をしたら、フットボールをやめる。」と言った。

怪我で一年はプレイできなかったけど、ありがたいことにそこからは怪我はしなかった!

その後も何の問題もなく、身体の成長も安定して、骨も強くなっていった。

家族とフットボールの思い出

若い頃の最高の出来事のひとつは、地元のチームから半年でバレンシアのユースに呼ばれたこと。

家族は小さな町から、大都会へ挑戦する僕を誇りに思ってくれた。

家族の好きなチーム

バレンシアのサポーターだ。

多くの試合を見ているけど、バレンシアが主だ。

僕はフットボール全般が好きだから、そういったクラブはまだないね。

プロフットボーラーとして家族にできること

常に家族のありがたみを感じながらプレイしていたし、その感謝を形にしたいと挑んできた。

家族のおかげで今の自分がいる、本当に多くのことを僕のために費やしてくれた。

妻や息子にもその想いを伝えていきたい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sempre ao meu lado 👩🏻👶🏼 Muito feliz em compartilhar esse momento com vocês! ❤️

Pablo Marí(@pablomv5)がシェアした投稿 –

 

とてもほっこりする、パブロ・マリの公式インタビューであった

 

マンチェスターシティで一時期過ごしていたマリ。

結局シティではローンの連続でチャンスはなかったみたいだが、是非ともアーセナルで飛躍してほしいものだ。

 

 

ひとまず、以上!