アルテタが1月の移籍市場で求めるもの

アルテタが1月の移籍市場で求めるもの

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

ご査収のほど、よろしくお願いいたします。

💬 コミットメント、責任、アグレッシブ。

そしてこのスポーツをプレイし、このフットボールクラブの代表としての情熱。

これが私が、選手たちに求める基本だ。

アルテタはCBとCAMを欲している

ESPN曰く、ミケル・アルテタが1月に強化したいポイントは、センターバックとアタッキングミッドフィルダー。

メリフ・デミラル(CB / 21歳 / ユヴェントス)

Merih Demiral

以前からアーセナルのレーダーに載っていて注目している。

デヤン・クルゼフスキ(MF / 19歳 / パルマ)

Dejan Kulusevski

アーセナルのスカウトも感銘を受ける逸材。

トマ・レマル(MF / 24歳 /アトレティコ・マドリード)

Thomas Lemar

別の攻撃オプションの有力な選手として浮上。

アントニオ・ザルザナ(MF /17歳 / セビージャ・アトレティコ)

Antonio Zarzana

17歳のセビージャ下部組織に所属している神童。若く才能あるMFで多くのクラブが関心を持っている。

ミケル・アルテタが考える今のアーセナルに、必要なパーツはどこなのか。

そして、アルテタのファーストサインは誰になるのか。

ちなみに、アントニオ・ザルザナは前回も候補に浮上していた。(アルテタ監督の最初の選手契約の話が出回る

 

正直、次のボーンマス戦で真新しく、輝くアーセナルが復活するとは思っていない。

イアン・ライトの言う、やる気のない選手をどうするのか、スクアッドの整理も必要なことだろう。

だからこそ、この1月の移籍市場でどう展開するのかが非常に気になる。

【基礎から出発】PL19節 ボーンマス v アーセナル プレビュー

 

ミケル・アルテタのトレーニング指導

実践的なプレイを求める

アーセナルの情報屋、デイヴィッド・オーンステインがミケル・アルテタの指導を明かしている。

ロンド(鳥かご)を行なったとき。

何人かの選手がフリックやお洒落なプレイでディフェンダーをかわしたところ、アルテタからのストップが入った。

『今のプレイを試合では使わないだろう。どうして使わないプレイを練習でやるんだ?』

 

きっとマンチェスター・シティでも、こういった指導方法なのだろうか。

いやもしかしたら、バルセロナのときからかもしれない。

 

とにかく、アーセナルは自らの不用意なパスミスから失点を招くパターンが非常に多い。

まずは基礎から植え付けなければならないようだ。

がんばれアルテタ!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

🚧 W O R K I N P R O G R E S S 🚧

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

 

ひとまず、以上!