PL6節 アーセナル v トットナム プレビュー 【言い訳できない】

PL6節 アーセナル v トットナム プレビュー 【言い訳できない】

ひさびさの週2回のアーセナルのある日々を送っている。

なんやかんや言いつつも、週1アーセナルに体が馴染んでいたからちょっぴりしんどかった。まあブログに書くという作業がしんどいのだけれど。

ということで、マッチデイ!

🔥 North London derby!!! 🔥

Arsenal v Tottenham Hotspur (H)
9月 27日 (月曜日)⋅00:30~

Tottenham (H) 怪我人情報

Team news: The latest ahead of the derby

ひさしぶりの全員起用可!オールグリーン!

前回のチームニュースでリスト入りしていた、エルネニジャカが無事に復帰を果たし、残された懸念点は試合直前のCovidテストのみとなっている。

 

ちなみに、怪我人ゼロは2019.11エメリ期のELヴィトーリア戦以来のはず。2年ぶり。

【エメリの集大成】EL-GS 4節 ヴィトーリアSC v アーセナル 試合結果

 

まあこれで、言い訳無用のノースロンドンダービーの舞台が整ったことになる。

ミケルのことだ、仮に序盤で苦しんだとしても、最終結果は我々が勝利して歓喜しているに違いない。

 

トットナム戦 プレスカンファレンス

Arteta on the derby, Tomiyasu, Kane and more

最新のチームニュース…on the latest team news…

  • Good news, うまくいけば全員起用可能。
  • 試合前にもう1回セッションを設けるが、全体的にみんな調子が良い。
  • (怪我人無し…)素晴らしい!継続したい。

この試合への精神的準備…on how the team has prepared mentally for the game…

  • ホームでのノースロンドンダービーはスペシャルな舞台。
  • 感情も普段とは違うものになるし、サポーターにとっても大きな意味を持つゲーム。

ファンを入れての初ノースロンドンダービー…on managing a north London derby in front of fans for the first time…

  • 待ち遠しい。サポートの力が絶大なことは、ここ数週間の結果に表れている。
  • 彼らはクラブのベストを引き出してくれる存在。ただのファンとは一線を画す。
  • 唯一無二であり、クラブの歴史を体現している。彼らの存在を誇りに思う。

直近のフォームを反映できるか…on whether form comes into a derby…

  • 連勝中ということもあって、ある種の自信めいたものはある。この試合でもポジティブに働く。
  • これまでとは試合状況は変わるだろうが、サポートを背中に感じられるホームの利を最大限に活かして流れに乗りたい。

[Arsenal 3-0 Wimbledon] 試合後のインタビュー

ラカゼット起用の可能性…on whether Lacazette will be involved…

  • 誰にでもチャンスはある。
  • ラインナップは明かせないが、要検討ポジションがあるため適切な判断を下したい。
  • (去就について)内部でも本人とも話している。何が起こってもおかしくないし、すべてがオープンな状況。彼の献身的な姿勢は今後も変わらない。

誰がゴールマウスに入るか…on who will start in goal…

  • ラインナップは日曜日に明らかになる。ここでは明かせない。
  • (この試合でNo.1が決まる?)とても重要な試合だが、リーグの中の1試合に過ぎない。リーグはまだ8ヶ月ある。

選手にとってどのような意味を持つか…

  • 意味は理解している。私もその意味を理解させる。
  • この2つのクラブの歴史、ライバル意識とその出処。そしてサポーターになにをもたらすのか。
  • 普段の試合とは懸けているものが違う。それを理解して試合に入る必要がある。

ジャカ&パーティの先発出場…on if Granit Xhaka and Thomas Partey are 100 per cent ready to start…

  • 彼らは可能な限りベストコンディションにいる。
  • ここ数週間、2人とも問題を抱えていたのは事実。トーマスは怪我、グラニトは出場停止。
  • 理想を言えば、プレイタイムを稼いで安定させたいが、2人とも出場可能ではある。

グラニト・ジャカについて…on Granit Xhaka…

  • (Covidに罹患…)彼は復帰し、万全の状態。
  • いつものように、勝つために最大限の努力をしている。

冨安健洋について…on Takehiro Tomiyasu…

  • 関心している。パフォーマンスだけでなく、試合への向き合い方が素晴らしい。
  • ノリッジ戦では準備期間がなく、間を空けずバーンリー戦に臨んだが、見事だった。
  • 彼はいつも全力で、集中してコミットしている。

ハリー・ケインについてon Harry Kane – and if he’ll speak to his defenders about how to play against him…

  • 彼らのゲームプランを妨害する。
  • ケインの脅威は認識済み。アタック面での彼の貢献によって多くのことがもたらされることはわかっている。

3連勝で状況は一変…on three wins in a row – and things changing quickly in football…

  • このスポーツの素晴らしいところは、変化が非常に早いこと。
  • 物事を前向きに捉え、集中を切らすことなく適応し、力を最大限に発揮しなければならない。
  • 日曜日のスパーズ戦に向けて、私たちは良い状態にある。重要なのはピッチで自分たちの力を発揮すること。

この試合はトップ4に影響を与えないという現実…on Sunday’s game not affecting the top four at present – and what that means…

  • リーグの進歩を示している。
  • 4、5年前と比べると今は別次元。チーム、組織、コーチのクオリティが段違い。
  • プレミアリーグで戦っている選手を見ても、これほど強いリーグはない。
  • (自身はこのPLでプレイできる?)あまりにも強すぎて、このレベルではプレイできないと思う。

立ち見、アルコールが飲めるように緩和された…on his views on safe standing and fans being allowed alcohol in the stands…

  • 私たちよりも、はるかに優れた判断を下す当局やプロセスがある。
  • 安全にスタジアムの雰囲気を作り出せるのであればOK。

オバメヤン、まだ1ゴール…on if Auba scoring one goal so far is a problem…

  • これから決めてくれる。
  • 私たちは、彼にもっとチャンスを作る必要がある。
  • コンディションはまったく問題ない。
【MY HOME】PL4節 アーセナル v ノリッジ 試合結果

 

英国ではマスクを外して外出している市民も多いようで、「ウィズ コロナ」どころか脱却している雰囲気だ。こういう大規模なテストを英国は先んじて、やってくれている感じだね。Euroでの観客動員とか。

さてさて、ジャカやパーティが100%でないにしても、一応は使える状況ということでどうデザインしてくるか、それともイジらないのか。

あとは、ラカゼット。素晴らしい選手ではあるが、契約延長はないでしょう。

 

 

試合結果予想

Skysports/予想 [2-1 Arsenal]

Mikel Artetaは現在、Arsenalで落ち着いた生活を送っている。Best starting XIを適切にチョイスできれば目指す場所にたどり着けるだろう。

すべてのコンペティションでクリーンシートの3連勝は評価に値する。

一方、Tottenhamはチャンスを作る能力に明らかな欠陥がある。ゆえにホーム側の勝利を推す。

注目は21歳のSmith Rowe。

BBC/予想 [1-1 Draw]

Tottenhamはシーズン最初のリーグ戦3試合に勝利し、アーセナルは全敗したが、ここ数週間で成績が逆転している。

彼らの一貫性のなさに驚きはいない。最初からTottenhamのディフェンスはあまり好きではなかったし、Harry Kaneもまだ調子が出ていない。

Arsenalはシーズン当初に比べれば良くなってきたが、このまま無敗維持とまではいかないだろう。

ここでは、引き分けを予想する。このような状況下では、両監督ともに納得のいく結果だ。

Friction (Musician)/ Gooner [1-0 Arsenal]

試合が待ち遠しい。どちらのチームも現時点では素晴らしいものではないが、私たちのほうが少しだけ上だと思う。ただ、この予想はKaneが本調子でないことが大きい。

 

このプレビューでは、(更新が間に合えば)毎度のようにSkysportsとBBCの結果予想を載せているのだが、アーセナル側で注目選手が挙げられるのは珍しい。

 

というか、トットナムってリーグ無敗とかキャッキャ言っていたのに、開幕からズッコケのアーセナルとは3差しかないのか。

ホームということもあるし、ほんとうに勝ってもらわないかんね。(フラグではない)

 

おわりに

おそらく、この試合でもGKはアーロン・ラムズデールが出てくるはず。そうであってほしい。

そして、彼がどのくらいこの手の相手に勇気あるプレイを見せられるか。

復調の兆しを見せたブカヨ・サカとイケイケのスミス・ロウマルティン・ウーデゴールの働きにも期待したい。

懸念点はなんだろうか。オバメヤンやペペといったむしろシニア組かもしれない。

 

あとはミケルがへんな奇襲を仕掛けなければ。Skysportsのいうとおり適切なチョイスをお願いしたい。

 

 

21/22 Arsenal season

Round Opponent Result
PL 1 Brentford (A) 2-0 ●
PL 2 Chelsea (H) 0-2 ●
EFL Second R (64 team) West Brom (A) 0-6 ○
PL 3 Man City (A) 5-0 ●
PL 4 Norwich (H) 1-0 ○
PL 5 Burnley (A) 0-1 ○
EFL Third R (32) AFC Wimbledon (H) 3-0 ○
PL 6 Tottenham (H)
PL 7 Brighton (A)
PL 8 Crystal Palace (H)

 

 

 

ひとまず、以上。


【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!