【最下位同士】PL4節 アーセナル v ノリッジ プレビュー

【最下位同士】PL4節 アーセナル v ノリッジ プレビュー

マンチェスターシティにボコボコにされて、この晴れない心のモヤモヤと過ごした2週間。長かった。

ようやく、この鬱屈とした感情を晴らす時が訪れるかもしれない。相手は同じく勝ち点ゼロの昇格組Norwich。

私生活の面で慌ただしくなったこともあり、ちょっとアーセナルから距離を置いたほうが精神衛生上いいかもしれないといった瞬間もあった、このインターナショナルブレイク。

それでも耐えて耐えて、ここまできた。

まだPL38節中4節目だが、既に3敗を喫しており、いい加減に勝ってもらいたい。たのむわ。

Arsenal v Norwich City (H)
2021年 9月11日 23:00~

ノリッジ戦 怪我人情報

Team news: Gabriel, Partey, White, Elneny

Mohamed Elneny

  • 調整試合で左ハムストリングを負傷。
  • 2~3週間でのフルトレーニング復帰を目指す。
調整試合を快勝で終えて、ミケルのインタビュー

Granit Xhaka

  • 出場停止処分。
  • Man City戦の一発退場で3試合BAN。1/3
【メッキ剥がれる】PL3節 マンチェスターシティ v アーセナル 試合結果

Ben White

  • PLチェルシー戦直前のCovid-19テストで陽性反応。
  • フルトレーニングに復帰済み、起用可能。

Gabriel Magalhaes

  • ブラジルオリンピック代表チームで右膝を負傷。
  • フルトレーニングに復帰済み、起用可能。

Eddie Nketiah

Thomas Partey

【ジャカ残留明言】アーセナル v チェルシー 試合結果

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thomas Teye Partey(@thomaspartey5)がシェアした投稿

チームに復帰できてHappy!!

ハードワークこそが成功の鍵と信じて!💪🏽🔥

 

Mo Elneny, Granit Xhakaの中盤両名がアウト。あとの全員は見事に復帰を果たしている。こりゃめでたい!

ほかには、Sead Kolašinacが代表で負傷したとの知らせが入ってきていたが、Team Newsには入っていないので問題なしなのかどうなのか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sead Kolašinac(@seadk6)がシェアした投稿

 

あとは、試合直前のCovid-19テストをクリアできるかどうか・・・。

無事にスクワッドが公表されるまで、私たちは安心できない。

試合内容であたふた、スターティング発表であたふた。しんどい。

 

 

ノリッジ戦 プレスカンファレンス

ここまでプレミアリーグ3戦全敗。ミケル、ホームでPL初勝利をなにとぞ。

Arteta on Tomiyasu, Norwich, momentum

チームニュース…on the latest team news…

  • まだトレーニングしておらず、3選手の復帰を待っている段階だが、ほぼ全員が起用できると思う。

セアド・コラシナツのフィットネス…on Sead Kolasinac’s fitness…

  • 今日の午後、彼がフィットしているかどうか評価する。

グラニト・ジャカのCovid感染…on Granit Xhaka contracting Covid-19…

  • 容態は問題ない。
  • 彼はまだ自国にいて、土曜日までは滞在する必要がありそう。

準備万端のスクワッドで臨める…on the effect a full-fit squad will have…

  • 全員が揃うことをとても楽しみにしている。
  • シーズン開始時は、負傷者や多くの問題、そして非常に厳しい試合があり、困難を極めた。
  • 今はリセットして調子を取り戻して、試合に勝たなければならない。それこそが私たちのすべきこと。

必勝が期待されるノリッジ戦…on whether Norwich is a must-win game…

  • 常勝はアーセナルにとって、求められて当然のこと。
  • ホーム初戦は、残念なスタートになってしまっただけにパフォーマンスを示したい。

ノリッジの印象…on what he makes of Norwich…

  • 一貫性があり、見ていて楽しいチーム。
  • 私たちに対して何をしてくるかはわからないが、良いものを持っている。
プレミアリーグで未だに勝ち点ゼロは3チームだけ。(Wolves, Norwich, Arsenal)今節で抜け出したい・・・。

パフォーマンスの重要性…on how important it is to deliver a good performance…

  • パフォーマンスが結果に繋がる。そこに集中したい。
  • ここ数試合は基本的なことが疎かになっており、思うように試合に臨むことができなかった。
  • 正しいパフォーマンスを示せれば、勝利が近づき、勢いづくことで変化となって現れるはず。

代表戦を挟んだことで層に厚みが出た…on the international break allowing time to get players back…

  • Yes, 長期離脱組を復帰させるためには、休息が必要。
  • 土曜日には違うチームになっていることを願っている。

新戦力が今の状況に役立つか…on whether the young players we’ve bought can help right now…

  • Yes, エドゥが述べたように、ここ数ヶ月のプロジェクト成果を移籍市場で見せることができた。
  • この決断には全員が関わっている。全員が責任を持ち、実現に尽力しなければならない。
エドゥに辛口質問『ファンはいつまで我慢すべきか』

メイトランド・ナイルズとの話し合い…on his talks with Ainsley Maitland-Niles…

  • 個人的な話し合いを公にする必要はない。
  • 彼が残ってくれたことを嬉しく思う。
  • 数ヶ月前のWBAへのローンとは状況が異なったこと、そして彼の持つ多才さを極めてほしいと思っている。
Maitland-Niles on IG『自分を必要とし、プレイできる場所に行きたいだけなのに😭😭😭』

冨安はノリッジ戦でデビューか…on if Tomiyasu is ready to make his debut v Norwich…

  • 労働許可証(work permit)が出るか否かで変わってくる。
  • コンディションに関しては、代表戦もあってフィットしているはず。
  • トミはバック4、バック3でも輝ける存在、RB領域にクオリティをもたらしてくれる。

ワクチン未接種報道のジャカ…on Granit Xhaka and vaccinations…

  • 私たちはワクチンがクラブやチームメイト、そして彼らがいる環境をどれだけ守ってくれるかを説いている。
  • しかしながら、結局のところそれは個人判断であり、義務ではない。私たちはそれを尊重しなければならない。

起用が噂のアーロン・ラムズデール…on Aaron Ramsdale…

  • 彼は本当に良くやっているし、切磋琢磨して競い合っている。
  • 私たちは全く異なる2人のGKを抱えていて、年齢も資質も異なるが、どちらも本当に良い選手。これこそが目指していた形。
【試合後】アーロン・ラムズデール『最高のデビューを飾れた!』

現在の「最下位」という順位…on our current position in the table…

  • 望んでいる場所には程遠い。それは確か。
  • 私たちはできるだけ早くこの状況を変えたいと思っているし、そのために努力している。

リース・ネルソンの海外挑戦…on young players like Reiss Nelson getting experience abroad…

  • 彼にぴったりのクラブが手を挙げてくれた。
  • 非常に高いクオリティを持っているから、それを示す必要がある。
  • そのポテンシャルを証明するのに適した年齢であり、私たちは彼の成功を願っている。
最終日に出ていった選手たち【Nelson, Bellerin, Rúnarsson…】

この悪夢は過ぎ去ったのか…on if Arsenal are over the bad patch now…

  • そう願う、100%。
  • 今は前向きな気持ちで未来を見ている。

ヘクター・ベレリンのローン…on how hard it was to let Hector Bellerin go on loan…

  • 彼はこの10年間にクラブで起こったすべてのことに対して、重要な役割を担ってきた。
  • 類まれなる選手であると同時に人間性も素晴らしかっただけに、寂しくなる。
  • ヘクターのような人材を見つけるのは簡単ではないが、彼は新しいチャレンジを欲していた。話し合った結果、彼を手放すことに至った。

スミス・ロウの状態…on Smith Rowe and how he is…

  • 体調不良のため代表チームから戻ってきた。
  • 様子を見る必要がある。

無所属続く、ジャック・ウィルシャー…on Jack Wilshere – and if there’d ever be a chance of him training with Arsenal…

  • 彼とは共にプレイし、よく知っている選手。
  • 今でも、クラブのみんなに愛されている。
  • (トレーニング参加について)ドアはいつでも開いている。
ジャック・ウィルシャー『エメリとの会話、ノリッジ戦のゴール』

 

わたしはアーセナルの試合しかフォローしていないから、代表での出来事には疎いのだけれど、Smith Roweにもアクシデントがあったようで・・・。でもいい加減に勝ってもらわな。

 

プレスカンファレンスの最後は、Jack Wilshereの件。

伊セリエBのカルチョ・コモとは、トレーニングだけの関係だったようで依然として無所属の状態。

不思議だ。素行不良でチームを追われるならまだしも、怪我がちってだけでこういう運命になるというのは。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jack Wilshere(@jackwilshere)がシェアした投稿

まあ体が資本である以上、不思議でもないか。

現在29歳。いろいろと分岐点の年齢。

ひとによってはこのまま指導者の道に行ったりするのかもしれないが、ジャックにはまだプレイヤーとしてピッチで戦っていてほしい。

 

 

試合結果予想

BBC/予想 [2-0 Arsenal]

Arsenalはこのところ酷い目にあってきたが、この最下位決定戦ではきっと何かを掴むことだろう。

Norwichが降格争いに直面する厳しいシーズンになることは周知の事実で、彼らは心の準備ができている。しかしアーセナルファンはそうではない。

もしGunnersがこの試合に勝てなければ、ホーム戦は阿鼻叫喚地獄。Mikel Artetaへのプレッシャーはさらに大きくなるだろう。

 

勝って当然。おまけに内容が良くなければ叩かれることは必然。

ポジティブな面を探せば、ジャカがOUTということでおそらくパーティ&サンビのコンビが出場する点。

わたしはジャカのファンだが、アーセナルの中盤強度は物足りないことは否めない・・・。

このペアがばっちり嵌ることを期待している。

 

おわりに

今回の移籍市場でだいぶおなじみの選手がリリースされたわけだが、ほかにも「お!」と思った移籍があった。

元ガナーのMFブラド・ドラゴミル(Vlad Dragomir)がキプロスへ移籍したこと。

2018年にアーセナルの契約更新を拒否して、契約満了でセリエBのペルージャに移っていた彼。

個人的に彼が大成するであろうと、アーセナルが後悔する案件になると思っていたのだが・・・。

 

この投稿をInstagramで見る

 

VD(@vlad.dragomir)がシェアした投稿

2021年にセリエBペルージャからセリエCエンテッラへ。そして今回フリーでキプロス1部となっている。

なかなかセルジュ・ニャブリ(Serge Gnabry)級の選手が出てこない。

 

 

 

ひとまず、以上。

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!