【キャンプの成果】PL26節 アーセナル v ニューカッスル プレビュー

【キャンプの成果】PL26節 アーセナル v ニューカッスル プレビュー

アーセナルがドバイキャンプから帰ってきた。

プレミアリーグ第26節の相手は、第1節で対戦したニューカッスル。

ホーム戦ということで、キャンプの成果を披露する絶好の機会となっている。

ウインターブレイクが明け、待ちに待ったプレミアリーグの試合は、順次開幕しているようだ。

出典:stadiumastro.com/

アーセナルの試合は、日本時間2月17日 1:30開始である。

 

アルテタ『サカの契約が更新されることを願う』

ドバイキャンプについて

ドバイキャンプを終えたアーセナル/ブカヨ・サカが強奪される可能性

  • ミニプレシーズンのような形で過ごすことができた。
  • 異なったフォーメーションでのビルドアップやボールとの連動性といったチーム原則の理解に時間を充てた。
  • プレイヤーだけでなく、スタッフも巻き込んだキャンプだったので非常に有意義なものとなった。

オフェンスとディフェンスどちらが大事?

  • 勝つことが、なによりも重要。
  • 観客にとっては、ニューカッスル戦で「7-3」を記録したゲームのほうがウケるだろうが、マネジャー目線でいうと良くはない。
  • 自陣のボックスでゲームをコントロールできているのなら、攻撃的なフットボールは大好きだ。

ディフェンスを固めるために攻撃が犠牲になっているという見方

【お散歩エジル】かつてはアシストキングだったメスト・エジル

  • そうは思わない。
  • ディフェンスは当然、安定されるべき項目。
  • ただ、自陣深くで守るのは純粋に好きではない。
  • 高い位置で、相手を押すようなディフェンスが理想。
  • それを叶えるには、チームが一丸となって連動して動く必要が出てくる。

ブカヨ・サカの契約延長について

  • 若手の成長には、感銘を受けている。
  • 働きによって契約内容を改善し、選手とクラブを繋ぎ止めることができる。
  • これらのことは、所定の手続きに従う必要がある。
  • 我々でいうとそれは、エドゥ、ラウル、ヴィナイ、ファーミーが担うもの。(アーセナルの連絡系統:【BBC到達】アルテタ・アーセナル誕生か?
  • 選手の働きにふさわしい契約内容で、締結されるはずだと思っている。

パブロ・マリについて

  • パブロは、12月末以降はブラジルリーグが中断のため、積極的なトレーニングに入っていなかった。
  • 先週から少しずつ一緒に練習しているが、調子は良さそうだった。
  • ニューカッスル戦での起用は、まだ早いと感じている。
  • 来週以降から、スクアッドに入ってくると思う。

セドリック・ソアレスについて

  • 膝に問題を抱えていて、まだその負傷箇所が完全には治っていない。
  • しばらくは、別メニューで調整する。
  • スクアッド入りに関して、明確な時期は言うことはできない。

キーラン・ティアニーについて

  • 非常に良い具合に回復してきている。
  • 手術を行ったのでしっかりと治すまで慎重に経過を見守っている。
  • トレーニングに臨む姿勢も素晴らしく、良い印象を持っている。
  • 彼の復帰が待ち遠しいが、暫しの辛抱だ。

夏の移籍市場の計画について

  • 当然、考えている。
  • チームの方向性や予期せぬシナリオも考慮した上で、今後についてクラブと話し合いを持つ必要がある。
  • 意見をまとめることができたら、そこからのプロセスは短期的に遂行したい。

コロナウイルスに関して

  • 我々には、素晴らしいドクターがいる。
  • うまく現場と連携を取れているが、気を緩めずに引き続き、警戒を強めていく。

アーセナルは、ユヴェントスのラムジーを獲るのか

ラムジーのことについても聞いてくれー!

先日、イタリアメディアが報じた件について、世界のGoonerも気になっている様子だ。(【出戻り?】ユヴェントスにアーロン・ラムジー売却の噂

 

しかし、問題は山積みである。

新加入選手の状態やサカの強奪阻止など、優先すべき課題は多い。(ブカヨ・サカが強奪される可能性

とはいえ、充実のカンファレンスだったのではないだろうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HaytersTV(@hayterstv)がシェアした投稿

デキるクラブは、もう夏の移籍市場のことを考えてプランニングに動かなければならないようだ。

大変な仕事である。

 

例の『アーセナル 7-3 ニューカッスル(12/13シーズン)』

カンファレンスで出てきた、『7-3』のゲームはおそらくコレだろう。

 

ニューカッスル戦の怪我人情報

セアド・コラシナツ

  • 起用可能。

リース・ネルソン

  • 起用可能。

ブカヨ・サカ

  • 起用可能。

パブロ・マリ

  • ブラジルリーグがプレシーズンだったため、しばらく調整中。
  • ELオリンピアコス戦での復帰を目指している。

セドリック・ソアレス

  • 膝を負傷中。
  • 2月末のフルトレーニング復帰を目指している。

キーラン・ティアニー

  • グループトレーニングで調整中。
  • 2月末にフルトレーニング復帰を目指している。

カラム・チェンバース

  • 12/29に左膝前十字靭帯を断裂。
  • 復帰には、6~9ヶ月かかる見込み。

LBのセアド・コラシナツが復帰するということで、サカのLB起用はプレミアリーグでは一旦お休みになるかもしれない。

それにしても、今回のウインターブレイクは非常に有意義なものだ。

怪我人が続々と復帰している。

 

PL第1節で対戦した、ニューカッスル

プレミアリーグ初戦のアウェイを勝利したアーセナル。

リーグ3位なのに「つまらん」と叩かれていたアーセナルだ。(アーセナル、3位なのにどうして喜ばないのか

 

おわりに

ウインターブレイクも終わり、フレッシュなアーセナルが見られそうだ。

それもホーム戦ということで、俄然テンションが上がる。

元アーセナルのアイザック・ヘイデンのプレイも楽しみだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🙅‍♀️ W A K A N D A F O R E V E R 🙅‍♂️ Great to see you @letitiawright 😀#ARSNEW #Arsenal #BlackPanther #Wakanda

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

頑張れアーセナル!

 

 

ひとまず、以上。