【不穏な雰囲気】PL26節 アーセナル v ニューカッスル 試合結果

【不穏な雰囲気】PL26節 アーセナル v ニューカッスル 試合結果

プレミアリーグで、ひさびさの勝利のアーセナル。

2020年元日のマンチェスター・ユナイテッド戦以来の勝ち星だ。(【2020年の初勝利】PL21節 アーセナル v マンチェスター・ユナイテッド 試合結果

 

なんと4戦ぶりの勝利とのことで、ミケル・アルテタ体制となって戦績は、2勝5分1敗となった。

良いチームになっている中で、勝ちを積み上げれなかったアルテタ・アーセナル。

ひとまず、ドバイキャンプの成果を出すことに成功したようだ。

出典:skysports.com/

Match summary

試合の結果と、記録について少々。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Now THAT is what we love to see! 😍

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

試合結果

Arsenal 4-0 Newcastle

アーセナル

P Aubameyang (54′)/ N Pepe (57′)/ M Özil (90′)/ A Lacazette (90+5′)

ニューカッスル

None

アーセナルスクワッド

リーズで5Gを記録した、エディ・エンケティアがプレミアリーグで初先発起用。

ダニ・セバージョスとシュコドラン・ムスタフィもスタートから使われた。

少々意外なスターティングで挑んだ、アーセナル。

ニューカッスルスクワッド

元アーセナルのアイザック・ヘイデン(Isaac Hayden)は、スターティングには入らなかった。

 

Arsenal substitute

82′ D Ceballos ⇔ L Torreira
85′ E Nketiah ⇔ A Lacazette
90′ M Özil ⇔ J Willock

 

注目のトピックス

前半は悲惨なアーセナル

前半:0 – 0

アーセナルは、前半の半分ほど過ぎて多少良くなったが、かなり悲惨な出来であった。

アルテタは、後半にもっと良くなることを望むだろう。

後半は、アーセナルのターン

エンケティアのバー直撃ショットがあった直後、先制点をマークしたアーセナル。

クロスバー直撃! 😲

エディ・エンケティアがニコラ・ペペのクロスに合わせたボレーは、惜しくも外れた。

#ARSNEW 🔴⚪️ 0-0 ⚫️⚪️ (52)

オバメヤンのゴール

 

この投稿をInstagramで見る

 

CastleOfArsenal™️(@castleofarsenalfc)がシェアした投稿

ブカヨ・サカの股抜き & ペペのゴール

 

この投稿をInstagramで見る

 

😂 “Whoops!” 🥜

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

ラカゼット、久々の得点

 

この投稿をInstagramで見る

 

✨AUBAZETTE FANPAGE✨(@auba_zette)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

African Gooner. 🇰🇪(@we_bleed_arsenal)がシェアした投稿

終わって見れば、完勝のアーセナル

 

この投稿をInstagramで見る

 

🔥 Goals, goals, goals! Watch the best of the action from our resounding Premier League win at Emirates Stadium! #arsenal #afc #coyg #premierleague #gunners

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

アルテタ『コンディション重視のスターティング』

結果について

  • 満足のいく勝利であった。
  • ドバイキャンプの成果を得るためにも、今回のゲームはとても重要なものだった。

セバージョスとエジルの共演

  • セバージョスは、このゲームでは理想的な働きをしてくれた。
  • トレーニングの出来から、チャンスを与えるに値すると判断した。
  • 今日のパフォーマンスに関しては、素晴らしいと思うともに素直に嬉しい。
  • 今後のエジルとの併用に関しては、彼らのトレーニングとパフォーマンス次第。

ニコラ・ぺぺのクオリティ

  • 一貫性が重要になってくる。
  • 懸念のディフェンスも欠かさなかったことは評価したい。
  • 献身的なプレイによって、ゴールというご褒美がもらえたのだろう。
  • 今日の彼は、違いをつくることができていた。

エディ・エンケティアの先発起用

  • 熱心なトレーニングと能力、クオリティとやる気があれば出場のチャンスは誰にでもあるというメッセージ。
  • エディの姿勢は立派だったし、彼をローンに出さないと決めたのだからサポートするのは当然のこと。
  • 先発落ちのラカゼットは、得点に恵まれず不調だった。
  • ラカゼットに先発落ちの理由を伝え、意味を理解してくれた。
  • サブから出て、得点することを前もって伝えていた。
  • ラカゼットは、どれほど皆から愛されているのかを示すパフォーマンスを我々に見せてくれた。

マンチェスター・シティの騒動

【恩恵を受けるアーセナル】マンチェスター・シティが粉飾決算・改竄報告

  • CL・EL出場権を巡る問題は、今は考えないで取り組んいく。
  • 前節はドローであったため、遠い目標に思えたが、今日の勝利で少しだけ近くなった気がする。
  • 結局、CLに出れるかどうかは、自分たち次第としか私は言えない。
  • ペップとは、連絡をとっている。
  • シティの幸運を祈っているし、ペップやスタッフ、選手への愛と敬意はここに居ても変わらない。
  • どんなに彼らが努力してきたかをわかっている。
  • 彼らにとってポジティブな方向へ動いていってほしい。

 

ニコラ・ぺぺが攻撃を牽引

ぺぺを起用するとディフェンスの強度が落ちるとみられているようだが、今日のぺぺは大当たりであった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

P I N T C H E U R ☝🏾

Nicolas Pepe(@nicolas.pepe19)がシェアした投稿 –

54分、ニコラ・ペペのアシスト

57分、ニコラ・ペペがゴール

156秒で「2-0」になった。

 

ブカヨ・サカの『8アシスト』

今シーズンのアーセナルプレイヤーの中で、もっとも多くのアシストをマークしているサカ。

プレミアリーグのMOTMにも選ばれている。

自身の股抜き(ナツメグ)に「おぉ」というサカ。😂👌🏾

 

ラカゼットとエジルのゴール

アルテタ・アーセナルが勝てない要因とさえいわれてきたラカゼットとエジル。

このゲームでその2人がゴールを挙げたことは、アーセナルにとって大変ポジティブなことだろう。

エジルがニューカッスル戦で「10.7km」をカバーしている。

これは、アーセナルの選手の中では、グラニト・ジャカに次ぐ2位の記録だ。

彼らを嫌うヘイトたちにとっては、嬉しくない事実だろう。

#arsenal #ARTETABALL

 

選手たちも喜びを爆発させたゲーム

ダヴィド・ルイス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Step by step!!! Well done lads !!! 💪🏻 @arsenal

David Luiz(@davidluiz_4)がシェアした投稿 –

ダニ・セバージョス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Worldofarsenal(@worldofarsenal_)がシェアした投稿

アーセナルスクワッド

マテオ・ゲンドゥージとアルテタが不仲…?

点を取ってほしい選手が点を取り、最高のゲームだったはずなのだが…。

それと同時に、仲間割れのニュースも飛び込んできている。

ドバイキャンプにて。

ゲンドゥージがアルテタを含む、コーチングスタッフたちと衝突した模様。

かなり激しいぶつかり合いだったようで、この件が発端となってニューカッスル戦は外されたと思われる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ArsenalEditor(@arsenal_editor)がシェアした投稿

なにやら不穏なニュースだ…。

暫し、静観しておこう。

 

 

ひとまず、以上。