【未達】PL21節 アーセナル v マンチェスターユナイテッド 試合結果

【未達】PL21節 アーセナル v マンチェスターユナイテッド 試合結果

夢のシーズンダブルは、来季に持ち越しとなってしまった。

アウェイにめっぽう強く、ビッグ6にはいまいちなユナイテッド。

ほこたてのような矛盾があるが、結果はスコアレスドローと見事に等分している。

勝ちたかった….!

Match summary

試合の結果と、記録について少々。

試合結果

Arsenal 0-0 Manchester United

アーセナル:-

マンチェスターユナイテッド:-

レフェリー:Michael Oliver

アーセナル スクワッド

ブカヨ・サカが股関節痛sourceのため、急遽スクワッドを外れたこと以外は、現状のベストメンバーで臨んでいる。

加入したばかりのマルティン・ウーデゴールは、早速ベンチIN。

前日のプレスカンファレンスでは『(適応に)時間が必要』と評していたため、まだ早いと思いきや、しっかりと入ってきた。

それにしても、最近は『急遽のアクシデント』でメンバーが変わることが多い…。

マンユナイテッド スクワッド

アウェイマッチ17戦無敗(W13/D4)という記録を継続中のマンチェスターユナイテッド。

守護神ダビド・デ・ヘアは、全コンペティションで149(150に更新)のクリーンシートを記録しているようだ。

ピーター・シュマイケル(178)、アレックス・ステップニー(174)、ゲイリー・ベイリー(161)に次ぐ、クラブ歴代4番目とのこと。

Arsenal substitute

45′ G Martinelli ⇔ Willian
83′ E Smith-Rowe ⇔ M Ødegaard
90+4′ A Lacazette ⇔ E Nketiah

注目のトピックス

ヒヤヒヤ感満載の試合

前半のスタッツを見てみよう。

両チームとも7本(枠2本)のショットを放っており、脅かした数で言えば同等に思える。

しかし、ヒヤッとさせた回数はユナイテッドのほうが多かった気がする。

そうであったとしても、レノを始め、アーセナルDFはよく集中して守っていた。

 

マルティネリ、ハーフタイムで退く!?

ハーフタイム中にガブリエル・マルティネリがウィリアンと交代でピッチを退いている。

一応、フォローしておくと怪我ではなく、戦術上の問題とのことだ。

正直、ウィリアンが入ってくると聞いてワクワクはしなかったが、この試合では投入早々から見せ場を作っていた。

兎にも角にも、ガビが怪我ではないということで、本当に良かった。

 

後半、得点の匂い満載

65分には、ラカゼットのポスト直撃FKなど、得点の可能性を感じさせる場面が多く見られた。

ただ、ユナイテッドのサイドアタックが相変わらず脅威でルーク・ショー(Luke Shaw)のグラウンダークロスにはただただ恐怖を覚えた。

しかし、肝心の受け子、エディンソン・カバーニ(Edinson Cavani)が精彩を欠いてくれたおかげで、Goonerは項垂れずに済んだ。

 

マルティン・ウーデゴール、デビュー!

両チームにいつ得点が生まれてもおかしくないゲーム展開が続く中で、新戦力がデビュー。

この日、守備タスクを頑張ったエミル・スミス・ロウと交代で、マルティン・ウーデゴール(Martin Ødegaard)がアーセナルでの1試合目を記録している。

アーセナルにとっては、1993年5月のポール・リーデシェン(Pal Lydersen)ぶりに起用されたノルウェジアンとのこと。source

 

ラカゼットにアクシデント…

オバメヤンが不調な中、チームスコアラーとして君臨してきた男が脳震盪ダウトでOUT。

後半のアディショナルタイムにエディ・エンケティアと交代している。

表情も優れなかったため、不安だったが、その後の検査でAll GoodだったとInstagramで報告した。

 

【0-0】試合終了、ユナイテッドは無敗18に伸ばす

結局、スコアレスのまま試合は終了を迎えた。

この結果、ユナイテッドはPL史上最長のアウェイ無敗記録をまた更新(18)。

アーセナルは、PL直近6試合で5完封を記録(マンシティに次ぐ好成績)した。

おそらく、両チームとも『3ポイントを掴み損ねた』と思っていることだろう。

xG的には、ユナイテッド優勢だとは思うが、アーセナルにも惜しい場面はあったのは事実。個人的にあの指標(xG)はデータの取り出し方が統一されていないため、信用していない。

 

とにかく、ビッグ6との試合で結果が出ていない今のユナイテッドに勝てなかったのは、悔しい限り。

  • 1-6 (H) v Tottenham
  • 0-0 (H) v Chelsea
  • 0-1 (H) v Arsenal
  • 0-0 (H) v Man City
  • 0-0 (A) v Liverpool
  • 0-0 (A) v Arsenal

 

選手採点 by Skysports

Arsenal 0-0 Man Utd: Ole Gunnar Solskjaer’s side lose ground to Man City after Gunners stalemate

Arsenal

Leno (8), Bellerin (7), Holding (8), Luiz (8), Soares (7), Partey (6), Xhaka (7), Pepe (7), Smith Rowe (7), Martinelli (6), Lacazette (7).

Subs: Willian (7), Odegaard (n/a), Nketiah (n/a).

Man Utd

De Gea (7), Wan-Bissaka (6), Lindelof (7), Maguire (7), Shaw (8), McTominay (6), Fred (6), Pogba (7), Fernandes (7), Rashford (7), Cavani (6).

Subs: Martial (6), Greenwood (n/a).

Man of the match

David Luiz

 

HIGHLIGHTS | Arsenal vs Manchester United

 

アルテタ『ガチンコのビッグゲーム』

Arteta on… the draw, Auba, Smith Rowe and more

1ポイント死守と見るか、2ポイント落としたと見るか

  • 妥当な結果、両チームとも『勝てた試合』と認識しているはず。
  • 真正面からやり合った、ビッグゲームだった。
  • ベストプレイヤー3人を欠いたことが影響したが、選手たちには満足している。
  • 後半、優位に立っていたし、チャンスは十分に作れていた。

オバメヤンは隔離期間中?

  • ルールとプロトコルに則って、対応している。
  • プロトコルによると、今はプレイ不可期間にあたる。

後半、パフォーマンス向上した理由は?

  • いくつかの変更を加え、効率化と攻撃の構造修正を図った。
  • より脅威的になり、ボールの回収やスペースの生かし方が良くなった。
  • 後半は良くとも、前半は十分ではなかった。

ムスタフィ、ネルソン、ナイルズの去就は?

メイトランド・ナイルズ、チームに別れの挨拶?

  • 話し合いが続いている。
  • 状況改善に向けて、解決策を探っているが、それが実現するかは不明。

この勢いでどこまで行ける?

  • わからない、真剣に取り組むしかない。
  • チームの方向性は良く、選手も貢献したいと思っている。
  • 力強い印象でシーズンを締められると信じて、プッシュする。

 

ダヴィド・ルイス『可能性がある限りトップ目指す』

‘We’re creating a real team, a real atmosphere’

結果について

  • 悔しいが、ベストを尽くした素晴らしい試合。
  • 両チームとも勝利を狙い、チャンスを作った。
  • 集中してハードワークに徹しなければ、状況は容易に一変するため、これからも励む。

FKブロックで喜び爆発?

  • ブルーノ・フェルナンデスは、FKの名手。
  • あの位置は、彼にとってペナルティと変わらない。
  • ブルーノの惑わしにも邪魔されず、ゴールを守れたのは嬉しかった。

今季の達成目標は?

  • 『1位』と程遠い位置にいることは、謙虚な姿勢で受け止める。
  • とはいえ、トップを目指して戦っているのだから、野心は捨てない。
  • 数学的に不可能になるまでは、チャレンジし続ける。

 

おわりに

着々とシーズンの終わりが近づいている。

ユナイテッド相手に『負けなかった』といえば聞こえは良いが、アーセナルは試合消化数によるアドバンテージはゼロの『9位』。

アストンヴィラなどのチームは、Covidで試合延期が複数回生じているが、Gunnersより上位にいるという残酷な現実がある。

さすがにエメリ期を彷彿させる『6戦未勝利』のダメージは大きいか。

ELを含め、Gunnersがどこまで巻き返せるのか、期待したい。

Round Opponent Result Position
1 FUL(A) Win 1
2 WHU(H) Win 3
3 LIV(A) Loss 5
4 SHU(H) Win 4
5 MCI(A) Loss 5
6 LEI(H) Loss 11
7 MUN(A) Win 9
8 AVL(H) Loss 11
9 LEE(A) Draw 12
10 WOL(H) Loss 14
11 TOT(A) Loss 15
12 BUR(H) Loss 15
13 SOU(H) Draw 15
14 EVE(A) Loss 15
15 CHE(H) Win 15
16 BHA(A) Win 13
17 WBA(A) Win 11
18 CRY(H) Draw 11
19 NEW(H) Win 10
20 SOU(A) Win 9
21 MUN(H) Draw 9(暫定)
22 WOL(A)
23 AVL(A)

 

 

ひとまず、以上。

 

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!